フワッと浮いてみたい!

操縦に合わせてフワッと地面から浮き上がるドローン。初めてその様子を見たときは興奮しませんでしたか? 自分がフワッと浮き上がったらもっと楽しいでしょうね! このたび、シンガポール国立大学のチームはパーソナルマルチコプター Snowstorm を開発し、有人での"屋内飛行"に成功しました。ではその全貌を見てみましょう!

乗れるマルチコプター

snowstorm-singapore-single-pilot-multicopter-1

このパーソナルマルチコプターは乗って操縦するタイプ。巨大ドローンに乗ってコントロールしている感覚なのでしょうか。乗ったら誰でも興奮間違いなし!ですね。

でも気になるのは安全面ですね。安全性にはどのように配慮しているのでしょうか?
Snowstormは、万が一パイロットが操縦不能に陥った事態に備えて、地上からもコントロールできるよう設計されています。こういった安全措置がきちんと講じられているからこそ、安心して遊ぶことができます。

24基のプロペラ!

snapshot-Snowstorm-1

Snowstorm の機体はアルミフレームやカーボンファイバーのプレート、ケブラーで構成されています。

しかし中でも圧巻なのがプロペラの数。76センチのプロペラが24基同時に回ります!一斉にプロペラが回り出す様子は圧巻そのもの。

3つのバッテリーは万が一に備えて別個に機能するように設計されていて、ここでも安全面が配慮されています。

簡単コントロール?

snowstorm-singapore-single-pilot-multicopter-3

動画では浮いている様子しか確認できませんが、パイロットにより前後左右上下の姿勢制御が可能とされ、当然のことながら"浮く"だけではなさそうです。

ドローンではおなじみのオートパイロットモードで、ホバリングなども行うこともできるので、ホビーフライトにはぴったりなマシンのようです。

snowstorm-singapore-single-pilot-multicopter-4

70kgまでのパイロットを搭乗させ、5分間の飛行が可能な Snowstorm。まだプロトタイプ段階ですが、将来は商業展開も視野に入れているとのことなので、とても楽しみです。