ボール拾い一筋がんばります!

ネットなしのゴルフ練習場では自分の球筋を確認できて気持ちがいいですが、ふと無限に広がるボールの海を見て「これ拾うの大変だろうな…」と思ったことはありませんか? 安心してください!? 今はスゴいのがあるのです。とても静かに、しかも確実にボールを自動で集めてくれるロボットが24時間働いてくれます。どんなロボットなのか見てみましょう!

とても静かでクリーン!

ballpicker2

大規模練習場では営業時間外に、トラクターなどに機械を付けて回収作業を行うことがありますが、騒音や排気ガスの問題もあるようです。
ballpicker_forward

この自動ボール回収ロボットはバッテリー駆動で、営業時間中も黙々と動き回り、しかもプレーヤーや近所に迷惑をかけることのなくクリーンで静かな、働き者なのです!

仕事ができるヤツ

ballpicker-2

従来の回収機はボールを地面に埋め込んでしまうことがありましたが、このロボットにはその心配がありません。コンピューター制御で、5セットの4枚組ディスクを巧みに操りながら確実に拾い集めていきます。

ballrelease_tankfull

落下集中ゾーンの高密度のボールも簡単にクリアし、タンクがいっぱいになると自動で"ベース"に戻り、中身を空けてバッテリー充電に入ります。賢いですね!

recharge

しかも、1台につき1日あたり18,000個を回収でき、規模に合わせて複数台を同時に動かすことができるというから、まさにゴルフ練習場の救世主です。
ballpicker-1

この自動ボール回収ロボットには、自動芝刈り機という"相棒"がいます。この無敵のコンビが働いているのを見かけたら、ボール回収のことは心配せずに練習に励んでくださいね!