ダッチオーブンでピザを焼いたり、ホットサンドメーカーでお手軽簡単にホットサンドを作れたり、野外でもいろいろな調理がおいしく簡単にできちゃうようになりました。でもやっぱり、登山でもキャンプでも、日本人なら『米』でしょ! 今回は、野外調理で大活躍間違いなしのさまざまなライスクッカーを比較してみました。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 林間兵式ハンゴー

01r

定番中の定番であり、昔から日本のフィールドライスクッカーとして愛されている飯盒(はんごう)。その独特の形状とカラーがなんとも懐かしく、底にできるお焦げは高性能化した家庭の炊飯器では食べられない時代になり、不変的でミリタリー感満載です。ビギナーキャンパーからヘビーキャンパーまで、幅広い層が簡単に使える商品と言ったら、この商品です。

ユニフレーム(UNIFKAME) fanライスクッカーDX

02r

ご飯がおいしく炊けるように設計されたライスクッカー。内側にはこびりつかない加工が施され、2mm厚のアルミ製なのでお手入れ簡単でおいしいご飯が炊けます。野外では火加減が難しく、ついつい焦がしてしまったり、蒸らしが足りなかったりとなってしまいがちですが、蓋に細工された仕組みがカタカタと音で炊きあがりを教えてくれて失敗しない優れものです。ビギナーキャンパーの方にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 3層鋼 段付ライスクッカー

03r

錆や腐食に強いステンレスで熱伝導率に優れる『軟鉄』を挟み込んだ特殊な構造の素材を使用していて、内側にはお米と水の分量を量る目盛り付の気配りの行き届いた細工もされています。キャプテンスタッグはコスト面にも長けているブランドのため、特殊素材を使用している中でも安価さを実現しています。

トランギア(trangia) ラージメスティン

04r

ドイツの高い安全基準をクリアしているため、高品質を保っているトランギア。このライスクッカーはアルミ製で熱伝導率が高く、ご飯が非常においしく炊けるのが魅力です。また、その形状から持ち運びの際の小物収納にも便利な製品となっています。

コールマン(Coleman) アルミライスクッカー

05r

火加減の調整は必要なく、それなのに吹きこぼれもないという優れた構造です。米と水を入れて火にかけ、しばらくして湯気が出なくなったら火から下ろすだけ。たったそれだけで、驚くほど上手に炊けてしまいます。本体はアルミ製でおこげもきれいに剥がれる表面加工がされているので、火を止めるタイミング少しずらしておこげを楽しむこともできます。

スノーピーク(snow peak) トレック1400

06r

全てを一人で持ち歩き、単独で行動する人向けのソロ仕様ライスクッカー。蓋がフライパンにもなる2WAY仕様となっています。アルミ素材はご飯を炊くのに適しており、40分程度でおいしいご飯を炊くことができます。ひとりでトレッキングなどにチャレンジされる方におすすめです。

ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE) スタンダードライスクッカー

07r

ライスクッカー定番のベーシックな形・アルミ素材・カラーはそのままに、印字されたTHE NORTH FACEのロゴとSTANDARDの文字が際立つ特別仕様。飯盒として実用性を求めるのはもちろんのこと、そのビジュアルから家庭のキッチンでの収納やインテリアとしての使い道も幅広く、アウトドアや自宅などさまざまな場所で使用ができる商品です。