100年以上前にアメリカでランタンメーカーから始まったコールマンは、今ではビギナーキャンパーからベテランキャンパーまで、さまざまなアウトドアシーンで活動する人々のファーストチョイスになっています。

今回はキャンプシーンにおいて、ランタンから小物にいたるまで、そのロゴを見ないことがないほどの地位を確立したコールマンから、おすすめなテントを紹介します。

20,000円以下のコールマンのおすすめドームテント

コールマン(Coleman) ツーリングドーム/LX 2〜3人用

71Q3bimllkL._SL1500_

商品価格 ¥ 19,434

一人でも設営しやすい設営方式を採用したコンパクトシリーズで、特徴は前室を高く設定して開放感を高めているところです。広すぎない前室がちょうどいい空間を演出して、限られたテントサイトを有効活用することができます。

コールマン(Coleman) サンドーム グリーン 3人用

41kYlN87fOL[1]

商品価格 ¥ 12,410

設営が1人でも簡単で迅速にできるサンドーム。コールマン独自の防水システム、ウェザーテック仕様なので雨の日も安心です。換気性能もよく結露が付きにくく快適に過ごせます。電気コードの引き込み口が付いているので、電源のあるサイトなら燃料切れを気にすることなくランプなどが使えます。

コールマン(Coleman) インスタントドームテント 5人用

31da5gu1qTL[1]

商品価格 ¥ 12,800

設営時間なんと60秒! 超簡単で手間いらずというのがウリのインスタントドームテント。アッという間に最大5人で利用可能な広い空間が出現します。ウェザーテックシステムで防水性能も万全! インナーテントの上部がメッシュで通気性も抜群です。テントの設営が苦手でわずらわしいという人にはこちらがおすすめ。

コールマン(Coleman) ポップアップシェード アーガイル/ライムグリーン 1~2人用

41EXY6aabnL[1]

商品価格 ¥ 7,980

広げるだけで設営できてしまうポップアップシェード。フルクローズにもできるので着替えなども可能です。両サイドにメッシュの窓が付いているので換気も出来て快適。海山のレジャーにうってつけ! 子ども用のサブテントに使うと大喜びします。お値段も手頃で持っているとなにかと重宝するテントです。

コールマン(Coleman) キッズドーム/180

417r2-6aO+L[1]

商品価格 ¥ 5,667

こちらは子どもが自分でたてて泊まれるキッズ用テント。ドーム型なので設営は簡単です。基本スペックは大人仕様と変わりません。身長にもよりますが子供2人でも寝られます。子供の冒険心を刺激する秘密基地として最適。

通常のテントの隣りにこの小さなテントがあるだけで「かわいい!」とキャンプ場で評判になりそうですね。子どもの自立心を育ててくれることでしょう。

コールマン(Coleman) エッグドーム フェスウェーブ/グリーン 2人用

41YeoF0rHmL[1]

商品価格 ¥ 17,800

広い前室が付いたテント、エッグドーム。設営は簡単で初心者でも安心です。広い前室にはロースタイルのテーブルと椅子を置いてリビングにもできます。寝室とリビングが一体となっているのでタープは不要。テントとタープを両方持っていき設営するより、時間も労力もかかりません。お値段もお手頃でコスパに優れたテントです。

30,000円以下のコールマンのおすすめドームテント

コールマン(Coleman) BCクロスドーム/270 4〜5人用

51b3CLFLp4L._SL1000_

商品価格 ¥ 22,925

シンプルなフレームワークで設営しやすく、ベーシックなシルエットは長年コールマンユーザーに愛されてきたロングランの定番モデルです。アウトドアシーンで一度は目にするコールマンを代表するカラーリングに、さりげないコールマンロゴがキャンパーの仲間入りを実感させてくれる、コールマンのベーシックテントです。

コールマン(Coleman) ウィンズライトティピー/325 3〜4人用

61ftxTNk4fL._SL1000_

商品価格 ¥ 20,543

さまざまなシルエットを演出するおしゃれなモデル。広い前室と楽しいシルエットでグループキャンプでもファミリーキャンプでも、フィールドに遊び心を持ち込んで華やかにアレンジします。1本のポールで立ち上げるだけの簡単な構造で、キャンプシーンにもおしゃれを追求するガールズキャンパーにも人気です。

コールマン(Coleman) タトラ3 2〜3人用

61ftxTNk4fL._SL1000_

商品価格 ¥ 25,035

シンプルなフレーム構造を採用して、コンパクトながら前室をゆったり設定した、コンパクトドームタイプのテント。独特なシルエットはコールマンヨーロッパで開発されたモデルで、どこかヨーロピアンな雰囲気が漂います。

コールマン(Coleman) BCライトドーム270III

41T+hHGqFmL[1]

商品価格 ¥ 23,800

コールマンのドーム型テントのエントリーモデルとして最適なのがBCライトドーム。設営と撤収が簡単でコンパクトに収納できます。風に強いドーム型テントの高機能を持ちながら、価格はお手頃とコスパに優れたモデルです。270×270cmと4~5人で利用可能。家族でキャンプデビューという人におすすめのテントです。

コールマン(Coleman) レッドキャニオン ドームテント 8人用

41s31VcMcZL[1]

商品価格 ¥ 24,600

最大8人で使える大型ドームテントがレッドキャニオン。縫い目にはすべてシーム加工が施され、フロアは接着仕上げで縫い目をなくすなどコールマン独自のウェザーテックシステムを採用して、高い防水性を実現しています。室内は着脱式のパーテーションで3つに分けて使うことも可能。換気性にも優れており快適です。

50,000円以下のコールマンのおすすめドームテント

コールマン(Coleman) タフワイドドーム4/300 4〜6人用

51IVB-E0EKL._SL1000_

商品価格 ¥ 32,800

ファミリーキャンプに最適な家族サイズのタフワイドドームテント。シルエット通りの広い居住空間が、野外のアウトドアシーンでの快適な居住性能を実現しています。より簡単になった設営方法や軽量&高耐久性を追求したアルミ素材のポールを使用しており、年々進化し続けるコールマン一押しのテントです。

コールマン(Coleman) ウインズライトドーム/270 4〜5人用

8159Jp8h9vL._SL1500_ƒ

商品価格 ¥ 35,342

スタイリッシュなカラーで登場したファミリーテント。別売りのウインズライトヘキサと連結することで、キャンプサイトに鮮やかなブルーが広がり目立つこと間違いなし。コールマン定番のカラーリングもいいですが、こちらもおすすめです。

コールマン(Coleman) ウエザーマスター 6人用

61Pz4BgewlL._SL1500_

商品価格 ¥ 46,390

6人収容可能な寝室の他にスクリーンタイプの広々とした前室を備えていて、連泊キャンプでも快適な居住空間を演出してくれる、まさにファミリーキャンプ用の最強テントです。広い前室は食事やくつろぎの空間に早変わりし、高い天井で効率的な換気、雨の日でも快適な空間を実現してくれます。

コールマン(Coleman) スクリーンキャノピードーム/300 2000010461

41kJLtvwtvL[1]

商品価格 ¥ 36,799

こちらは4面すべてから出入りが可能なので楽なうえ、設営のレイアウトの幅が広がるとっても便利なドームテントです。すべての面にメッシュドアが採用されているので通気性は抜群! 開放感が段違いです。居住空間も広くて居心地は満点! 真夏のキャンプでもこれなら快適と評判です。

コールマン(Coleman) ラウンドスクリーン2ルームハウス 4~5人用

41EaPXohR0L[1]

商品価格 ¥ 44,950

ラウンドスクリーンタープの後ろにインナーテントをドッキングさせたツールームテントです。寝室とリビングが合体して余裕の広さ! タープ部分は3面がオープン可能で夏は涼しく、冬はフルクローズにすれば暖かく、オールシーズン快適に過ごせます。トップにあるベンチレーションにより結露を軽減。快適に過ごせます。

コールマン(Coleman) コネクティングドームシステム

31i5rGZ0UFL[1]

商品価格 ¥ 46,000

コールマンのコネクティングシステムを採用したドーム270とスクリーンタープ340のセットです。テントとタープがしっかりと連結し雨や風に負けない安定感を発揮します。リビングスペースはフルクローズにできるので雨や冬の寒さから守ってくれます。コネクティングシステムは一体感が格段に違うので居心地最高! ファミリーに最適です。

コールマン(Coleman) トレックドーム カペラ/120 2人用

41JGzG2gmGL[1]

商品価格 ¥ 34,360

コールマンの2人用ドームテント。設営は初心者でも簡単です。重さ2kgと軽くて収納もコンパクト。しかも、高い剛性をあわせ持っています。2人が余裕で寝られる広さで、前室があるので靴や荷物を置けて、空間を有効に利用できます。ソロトレッキングやツーリングなどにうってつけのテントです。

コールマン(Coleman) インスタントツールームドームテント 8人用

41AEywxouPL[1]

商品価格 ¥ 41,799

こちらも設営の手間を省き、誰でも簡単にセットアップできるインスタントシリーズのツールームドームテント。8人用という大型なのにペグダウンまで含めて10分かからないというから驚きです。雨対策に別売りのレインフライシートをセットして使います。室内をパーテーションで仕切って2部屋に出来るのでカップル2組での使用も可能です。

50,000円以上のコールマンのおすすめドームテント

コールマン(Coleman) ウェザーマスターブリーズドームIII/300

31hlRbXkCmL

商品価格 ¥ 98,000

コールマンの上級モデルのウェザーマスターシリーズからもうひとつ、こちらは広さと換気にこだわったブリーズ。たまった空気を逃がす多彩なベンチレーション(換気口)とコットン混紡素材のインナーテントで結露しにくく快適に過ごすことができます。

4~6人で使えるゆとりある300×300cmのフロアサイズ。高さもゆとりの200cmで広い空間でくつろげます。ファミリーキャンプに最適のテントです。

コールマン(Coleman) マックスワイドドーム/420 10人用

41adNUEcMDL[1]

商品価格 ¥ 78,000

最大10人で使える大型ドームテントです。室内は中央部分をパーテーションで仕切ることで2部屋に分けることも可能。全面の合計6カ所にドアが付いているので出入りは自由自在! 広い空間でゆっくりとくつろぐもよし、大人数でワイワイ盛り上がるもまたよし! 横幅300cmなのでスクリーンタープとの連結もできます。

コールマン(Coleman) オアシステント ターコイズ 4~5人用

41PbGdrg3WL[1]

商品価格 ¥ 108,000

コールマンの70年代の名品とされるロッジ型テント「オアシス」がリバイバルされました。かつてスチール製だった骨組には、軽くて丈夫な極太アルミポールを採用。テントには真夏でも涼しい100%コットンが使われています。また光を取り込めるメッシュ窓を装備。広い部屋でゆっくりとくつろげます。ちょっとゴージャスなキャンプにぴったりです。

コールマン(Coleman) クラシックテント/300 ターコイズ 4~5人用

31ZHeMohvhL[1]

商品価格 ¥ 93,263

こちらもクラシカルなデザインがおしゃれなロッジ型テント。アルミポールを使ったシンプルなフレームで設営は簡単。コットンを混紡したポリエステル生地を使っているので、撥水性があり雨に強いのが特徴。

メッシュドアとメッシュウィンドウをそれぞれ2つ備えており、風通しもよく快適です。アウトドアに自分の部屋を作りだす感覚で室内をアレンジすれば居心地は満点です。

コールマンとは

WC-Coleman-Lantern[1]

By: campinglife.com

コールマンの原点は1900年、アメリカ合衆国・オクラホマ州で創業者のW・C・コールマン氏がガソリン式ランプのリース業を始めたことでした。まだ灯油ランプが一般的だった当時、ガソリン式ランプの圧倒的な明るさは画期的! コールマン氏はこのランブの将来性を見抜いていたのです。

その後、ランプとストーブをメインに発展したコールマンは1950年代以降、キャンプ用品全般で商品開発を進め、アウトドアレクリエーションブームを牽引しました。そして1976年、コールマンジャパンを設立。日本でもその人気を不動のものにしていくのです。

テントの種類

170T16250J_7[1]

By: ec.coleman.co.jp

コールマンのテントと言えばドーム型を思い浮かべる人が多いと思いますが、それ以外にも様々なタイプを開発しています。ドーム型も進化を続け、テントとタープを複数つなげるコネクティングドームシステムによって、さまざまなレイアウトができるようになりました。まずは、コールマンのテントの種類からご紹介しましょう。

ドーム型テント

2000026514[1]

By: ec.coleman.co.jp

今もっともポプュラーなテントがこのドーム型。柱となるポールを反らせることでテントを広げ、ゆとりある居住空間を作り出します。設営が簡単で初心者でも安心。ドーム型の丸みを帯びたフォルムが風を受け流し、本格山岳キャンプにも耐える基本性能を持っています。キャンプ入門者からベテランまで愛用者の多いテントです。

ツールームテント

img-index-2[1]

By: coleman.co.jp

テントとタープがひとつになっているツールームテント。「オールインワンテント」と呼ばれることもあります。寝室とリビングが一体となり広い空間が生まれるので、アウトドアに居ながら我が家にいるかのようにくつろげます。タープ部分をフルクローズにすれば、突然の雨や寒い季節でも快適に過ごせます。

ロッジ型テント

pink_01_main[1]

By: coleman.co.jp

三角柱を横にしたA型テントと並び、かつて広く使われていたのがロッジ型テント。スチールポールを使うことから「てっこつ」の愛称で親しまれてきました。壁が垂直に近く、無駄なスペースがないので広くて快適に過ごすことができます。

軽くて設営が簡単なドーム型の出現であまり見かけなくなっていましたが、その居住性の良さから、最近のちょっとゴージャスにキャンプを楽しみたい人などに人気が復活! コールマンからも復刻版が販売されるなど注目されています。

ティピー型テント

2000025689_6[1]

By: ec.coleman.co.jp

1本のポールを中心に立てて設営するので「ワンポールテント」とも呼ばれています。その原点はインディアンの移動式住居。シンプルな円錐形の構造で、初心者でも簡単でスピーディーに設営できます。そのフォルムがかわいいとここ数年、人気が上昇中! 冒険心を刺激するようなワクワクを感じさせてくれるテントです。