写真共有はやっぱりプリントで。

Instagram や Facebook などでどんなに盛り上がった写真もアッという間に忘れ去られてしまうのが悲しい現実。やっぱりプリントされた本物の写真は何か違いますよね。では、ちょっとしたビデオクリップや Apple Live Photos のような"動く写真"はどうしましょう? そんなことできるかって? 大丈夫です! ARワイヤレス超小型プリンター LifePrint があれば。

プリンター+アプリ = LifePrint

2858e16a058d13e2d37d6e10c7b070a7_original

LifePrint は専用アプリとワイヤレス超小型プリンターで構成。スマートフォンの中の画像や動画はすべて LifePrint アプリで共有したりプリントしたりできます。

c18a7a00c557d5db091d2167f8951d1b_original

スマートフォンの中の写真を専用アプリで開いて、持ち運べる LifePrint プリンターですぐにプリントしましょう。画像データのかわりに"本物"の写真で思い出を共有!

プリントした写真が動く

90598de969c59a7564963588076d339c_original

iPhone 6s/6s Plus のカメラでシャッターを切る前後の合計3秒間の動画を含む写真が撮れる Live Photos での撮影。この"動く写真"はさまざまな楽しみ方があり、クセになります。

4038337ceaf0c443807ae5aa3d68e9a5_original

この"動く写真"もプリントできるのです! 専用アプリで開いて LifePrint プリンターでプリント。そしてアプリのビューアを開いたスマートフォンでその写真を見ると、動き出します!

プリントした写真が動くのは、AR(拡張現実)という現実世界に何かを追加して現実以上に見せるテクノロジーを使っているから。画像をスマートフォンで写すと動画が追加されるというわけです。

cadee92a180ba76ac9a2596adedd4d61_original

もちろん通常の撮影した動画も専用アプリで開いて LifePrint プリンター でプリントしてスマートフォンで見ると、最長15秒間の動画となって写真が動き出します。スゴいですね!

ユーザー同士なら世界中で"動く写真プリント"を瞬時に共有できる LifePrint は Kickstarter で129ドルから。デジタルとアナログの融合感が本当に素晴らしいです!