暖かさがあってなおかつデザイン性も優れているボアジャケット。アメカジの代表アウターであり、秋冬ファッションでは多くの人が着用しています。今回はそんなボアジャケットの人気ブランドを紹介。ボアジャケットを用いたコーディネートも厳選しました。

男らしい雰囲気とアメリカンな要素がミックスされたボアジャケット。カジュアルファッションにぜひ取り入れてみてください。

ボアジャケットのおすすめ人気メンズブランド
エドウイン

日本では知らない人はいないと言っても過言ではないエドウイン。デニム素材を中心としたアイテムが多く、全国各地のショップで取り扱われています。

ブランドが設立された1960年代当初は本格的なデニムを製造していましたが、現在はストレッチが効いたものや保温性があるものなど、ライフスタイルに直結したものを展開。

それに加えてシャツやアウターなど、デニム以外のアイテムのクオリティーも高いです。近年は速水もこみちや瑛太など芸能人とのコラボも積極的。

エドウイン(EDWIN) WILDFIRE BOA Gジャン

%e3%83%9c%e3%82%a2%ef%bc%91

商品価格 ¥ 8,150

伝統的なデニムジャケットにボアを取り付けたジャケット。オーソドックスなアメカジアウターと言えます。デニムの色も合わせやすいインディゴカラーをチョイス。エドウインのアイコンでブランドの雰囲気も残しています。

ポイントは、デニム生地の中に存在する黄色のステッチ(縫い糸)。デニムのインディゴとボアの白色の中に混ざり、デザインアクセントとして生きています。

ベーシックなカジュアルコーデに合わせるのが無難ですが、少し違うスタイルにするなら同系色のデニムと組み合わせてデニムオンデニムにするのがおすすめ。

ボアジャケットのおすすめ人気メンズブランド
ベンデイビス

ベンデイビスはストリートファッションなどで見かけるカジュアルブランド。ワークブランドとしてスタートしたため、デニムやヒッコリーストライプのオーバーオールなどが人気です。

また、創業者のヤコブデイビスは誰もが知るジーンズブランド、リーバイスの創業者リーバイ・ストラウスにアドバイスしたことでも有名。その他にも多くのブランドがベンデイビスの影響を受けています。

まさに、アメリカストリートの歴史を築いたブランドです。

ベンデイビス(BEN DAVIS) ボア襟付きコーデュロイジャケット

%e3%83%9c%e3%82%a2%ef%bc%92

商品価格 ¥ 9,612

使いやすいネイビーのボアジャケットで、素材はコーデュロイ。うねりのある表面が立体的なアウターに見せてくれます。さらに、コーデュロイ素材は使い込むほどユーズド感が醸し出されるもの。ビンテージのような風合いがさらに魅力的なアイテムへとしてくれます。

ボタンはスナップボタン。その下にファスナーもついているので防寒製抜群。また、袖のボーダー柄のリブと左胸のブランドネームの刺繍もおしゃれですね。

ボアジャケットのおすすめ人気メンズブランド
ラングラー

アメリカでは圧倒的な人気を誇っているジーンズブランドであるラングラーは、ウエスタンファッションを初めて提案したブランド。ブランドを立ち上げた1929年頃、デニムはワークウェアとして認識されていたため、デザインと作りを変えてファッションアイテムとして落とし込みました。

そして、1947年ラングラーは世界初のデザイナージーンズとして進化。現在では当たり前に穿かれているジーンズも、ラングラーがなければなかったかもしれません。アメカジファッションを語る上では欠かせないブランドです。

ラングラー(Wrangler) 裏ボア コーデュロイ ジャケット

%e3%83%9c%e3%82%a2%ef%bc%93

商品価格 ¥ 17,280

こちらも先ほどと同じコーデュロイ素材のボアジャケット。ややリラックス感あるシルエットで作られており、コートのように着こなせるアウターと言えます。随所に見えるギザギザの縫い糸はラングラーのイニシャルであるWをイメージ。

コーデュロイの上からしていることもあって目立って見えます。カラーはベージュで渋さのあるものをチョイス。デニムやチノパン・パーカーなどアメカジファッションの定番アイテムと相性抜群です。

新しいものを生み出すラングラーだからこそできる革新的なデザイン・ディテールで作られた、おすすめのボアジャケット。

ボアジャケットのおすすめ人気メンズブランド
リー

リーもラングラー同様アメリカで圧倒的な人気を誇っているジーンズブランド。リーバイス・ラングラー・リーは、アメリカジーンズ界の3大ブランドと言われています。リーのアイテムを愛用している有名人と言えば、アメリカ映画界の名俳優ジェームズディーン。

彼の代表作「理由なき反抗」でリーのジーンズが穿かれたことで、瞬く間に人気ブランドへと駆け上がりました。そして、それによって当時のロックンローラーやバイクライダー達が愛用。日本でも浸透しました。

リー(Lee) ストームライダー

%e3%83%9c%e3%82%a2%ef%bc%94

商品価格 ¥ 19,440

男らしいボアジャケットと違って、きれいなデニム素材を用いて都会的でスタイリッシュな雰囲気を持った一品。着丈が短くタイトに仕上げられています。また、縫い糸もボアと統一するかのように白を選択。

スタイリッシュな雰囲気を演出するために、極力使う色を抑えてまとめているのでしょう。アメカジの匂いMAXなボアジャケットもいいですが、現代ファッションにマッチしたものもおすすめ。

特にボアジャケットを着てみたいけど上手く着こなせるか不安という方は、このようなものの方が使いやすいはずです。

ボアジャケットのおすすめ人気メンズブランド
ステューシー

ストリートファッションの定番ステューシー。サーフボードを手がけるショーン・ステューシーがボード仲間のためにTシャツをデザインしたのですが、それがサーファー仲間の間で人気となり1980年にブランドを設立しました。

特徴的なグラフィックが描かれたアイテムの数々はステューシーにしか表現できない世界観。それゆえ、モードブランドからカジュアルブランドまで幅広いコラボレーションを実施しています。また、男性だけでなく女性から人気があるのも特徴。

ステューシー(STUSSY) コーチジャケット SMOOTH STOCK 115313

15080302_8_d_500

By: zozo.jp

商品価格 ¥ 17,496

スケーター達の間でよく着られるコーチジャケットにボアをつけたデザインが特徴。表地のナイロンと裏地のボアによるミックスされた感じがファッショナブルです。象徴であるグラフィックについては、胸元とバックにブランドネームがプリントされただけのシンプルなデザイン。

コーチジャケットを羽織る時インナーに厚手のものを着ないと寒いものですが、ボアがついているこれなら問題なし。秋冬用のアウターとして活躍してくれること間違いなしです。

ボアジャケットのおすすめ人気メンズブランド
ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ

人気セレクトショップ、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズのオリジナルブランド。トラディショナルなファッションをベースに遊び心をミックスさせたアイテムをメインに展開しています。さらに、どんなファッションにも対応できる柔軟性も追求しているというのも特徴。

本家ユナイテッドアローズのようにトレンド感あるブランドではなく、永続的なファッションを提案するブランドです。

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS) カルゼ ファー MA-1

%e3%83%9c%e3%82%a2%ef%bc%96

商品価格 ¥ 27,216

ここ数年男女問わず着用されているMA-1にボアをつけたアウター。ミリタリーアウターであるMA-1にモコモコとしたボアをつけるだけで、高級感あるエレガントなものに変わっています。袖と裾はリブ仕様。風が入る隙間を完全シャットダウン。ボアもついているので、防寒性に関しては十分です。

MA-1を着たいけど、人とはかぶるのは嫌、という方におすすめしたい一品。

ボアジャケットのおすすめ人気メンズブランド
チャンピオン

多くのアスリートから全幅の信頼を寄せられているチャンピオンは、ファッション業界でも人気のブランド。特に代表アイテムであるスウェットはプレミアがついており、コレクター達がこぞって集めています。素材やパターンによって実現された高い運動機能とブランドロゴがポイントで、この二つは全アイテムに共通。

スポーツミックスが流行っている現在ではチャンピオンのアイテムが重宝されています。

チャンピオン(Champion) ボアフリース SNAP ジャケット

%e3%83%9c%e3%82%a2%ef%bc%97

商品価格 ¥ 11,664

首元・袖・裾にラインが入っているスポーティーなボアジャケット。表面には防水加工が施され、雨の日に着ても大丈夫。洗濯することだってできます。全体的にボリューミーなシルエットをしているため、普段通りのサイズでもいいですし、1サイズ下げてタイトに着こなすのもおすすめ。

合わせるボトムはスリムなものにするとスッキリしたコーディネートが作れます。

ボアジャケットのおすすめ人気メンズブランド
アビレックス

最後はアビレックス。米軍用のミリタリーウェアの製造からスタートし、現在はアメカジアイテムも展開するカジュアルブランドです。フライトジャケットを始めとするアウター類は常に高評価を獲得。ミリタリーやアメカジなど伝統的な要素は残しつつ、現代ファッションに上手く落とし込まれています。

都会的で男らしいカジュアルブランドです。

アビレックス(AVIREX) ベーシックN-1ジャケット

%e3%83%9c%e3%82%a2%ef%bc%98

商品価格 ¥ 25,920

MA-1に次ぐ人気ミリタリーアウターN-1。定番のカーキカラーや胸元のプリントなどミリタリーな雰囲気が存分に醸し出されています。そこにブラウンカラーのボアをプラス。カーキと見事にマッチし、さらに魅力的なアウターに仕上がっています。

防寒性・デザイン性共に優れているボアジャケットは、コーディネートの主役となること間違いなし。サラッと羽織るだけでカッコイイですよ。

ボアジャケットのメンズコーデ

ハリウッドセレブを彷彿とさせるモダンスタイル

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%ef%bc%91

By: wear.jp

ベージュのボアジャケットをメインにタートルネックを重ねた上品なコーディネート。グレーのスキニーパンツ・サイドゴアブーツを合わせることで、モダンな雰囲気も演出。ラウンド型のサングラス&腰につけたウォレットチェーンがアクセント。

アメリカ西海岸に住むハリウッドセレブを彷彿とさせる着こなしですね。

ワントーンコーデでボアジャケットのカジュアルさを払拭

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%ef%bc%92

By: wear.jp

カジュアルなイメージが強いボアジャケット。そんな印象を払拭したいなら、全身1色でまとめたワントーンコーデがおすすめです。トップから足元まで黒でまとめたこちらのスタイルはクールな雰囲気を演出。その中でも素材でメリハリをつけることで、コーディネートに変化を生み出しています。

シックなカラーでまとめたボアジャケットコーデなら、若い男性だけでなく大人な男性でも着用可能。ボアジャケットコーデ初挑戦という方にもおすすめのテクニックです。

ベーシックアイテムでキメた王道ワークコーデ

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%ef%bc%93

By: wear.jp

最後は王道のワークスタイル。デニム・チェックシャツを組み合わせてカジュアルに仕上げています。また、ゆるいサイズ感でまとめるのもワークスタイルをする上でのポイント。足元もワークブーツで雰囲気を崩していません。

使用しているアイテムはオーソドックスなものばかりですが、サイズ感や着こなしでおしゃれに見せています。明日からでも真似できるコーディネートです。