キーボードのケーブルが邪魔でパソコンデスクが使いづらい。そんな悩みを解消するのが、今回特集するワイヤレスキーボード。最近のワイヤレスキーボードは、価格が下がり3000円以下でも機能が十分に備わっています。さらにコンパクトで持ち運びが便利なものやマウスがセットになっているものまであり、どのワイヤレスキーボードも優れものばかりです。

ロジクール(Logicool) ワイヤレスキーボード UK270

36-1

同じワイヤレスキーボードをずっと使い続けたいならこちら。このワイヤレスキーボードは、耐久性に優れているので、故障の心配が少ないのが特徴です。さらに水を溢しても壊れない耐水設計や最大2年の電池寿命、3年間の無償保障まで付いているので、長期間安心して使えますね。

バッファロー(BUFFALO) キーボード&マウスセット BSKBW10SBK

36-2

マウスがセットされているお得なこちらのワイヤレスキーボード。本来はキーボードとマウスは別々に購入するものですが、こちらは2つがセットになっているとてもお得なワイヤレスキーボードです。もちろんキーボードだけじゃなくマウスもワイヤレスなので、とても便利です。そして、ワイヤレスキーボードの場合、使用するまでにセットアップするのに時間がかかるものですが、こちらは、USBを差し込むだけで終了するため、とても簡単に使い始めることができます。

ロジクール(Logicool) ワイヤレスキーボード K230

36-3

ロジクールのワイヤレスキーボードはコンパクトでスタイリッシュです。標準キーボードよりも約36%も小型にしたので、とてもコンパクトになりました。そして、静音キーになっているため、タイプ音が気になる人も、気にせず、集中して作業に取り組むことができます。また、デザインもカスタマイズが可能なため、自分の好きなようにデザインしたい人にもおすすめな商品になっています。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスキーボード TK-FDM063BK

36-4

タイピングをメインに使用している人にはこのワイヤレスキーボード。タイピングに適している19mmのキーピッチを採用しているので、文字の打ち込みをメインに使っている人におすすめです。そして、1000万回キーを押しても、耐えられる丈夫なキーになっているため、耐久性も備えているキーボードになっています。さらにワイヤレスマウスもセットになっているので、これ1台買えばすぐにパソコンで使えます。

エレコム(ELECOM) キーボード TK-FDP021BK

36-5

このワイヤレスキーボードはマウスがなくても使えます。それはキーボードにトラックボールが付いているので、マウス不要でパソコン操作ができてしまいます。また、タイプミスを軽減してくれるアイソレーション設計を採用しているので、タイピングが快適にできるため、タイピングをストレスフリーにしたい方におすすめです。

アンカー(ANKER) ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード ホワイト

36-6

いろいろなデバイスで使用したい人には、こちらのワイヤレスキーボード。iOS、Android、Mac、Windowsといろいろなパソコンやタブレットに使用できるのでとても互換性に優れています。電池の交換は省電力モードを使うと、最大で3ヶ月以上も使い続けられるので、電池代を抑えたい人にもおすすめできます。また、人間工学に基づいた設計になっているため、手首にかかる負担も解消してくれます。タブレットでもキーボードを使用したい人におすすめです。

ベステック(BESTEK) Bluetooth keyboard BTBK84

36-7

カバンの中に入れられて、持ち運びに便利なベステックのワイヤレスキーボード。シリコン製で作られているので、丸めて持ち運びができるのが便利です。しかも防水・防塵設計なので、水や埃や砂が入ることなく使えます。こちらはハードユーザーの人におすすめします。