VR技術紹介イベントなどでよく目にするのが、「自分の足で歩く事で」仮想現実内で移動できる体験型のVR。その場でしか体感できない技術だけに注目を集めていますが、コンシューマー向けに販売されるのはまだ先…いいえ! 既にあります。
起き上がりこぼし型の「VRGO」がKickstarterで出資を募っている最中です。

5a089d482726d39403824a0fbdceabc5_original
およそ4kgほどの椅子になっているVRGOは、Oculusなどのヘッドマウントディスプレイと組み合わせる事でその真価を発揮。振り向き・ティルト・リーンなど、VR技術を導入したFPSゲームには欠かせない動作を実際に自分の体を傾ける事で入力できるのです。

倒す方向に応じて前進・後退、右折・左折、体を捻ると振り向くなど、とても直感的。BLuetoothでワイヤレス接続するので、コードに足が絡まる心配は無用。5時間の長時間連続使用ができるのも嬉しいですね。
vrgo-gif

非常に夢があるVRGOは£200以上の出資で入手可能。Kickstarterのページで話題のゲームAlien:Isolationを実際にプレイしている様子の動画が公開されているのも要チェックです。