一眼カメラを始めるに当たって、安いものを購入すると、勉強していくうちにもっと良いカメラが欲しくなり、最初に購入したものをすぐに使わなくなってしまうこと、じつはよくある話です。かといって高いものは最初から手が出ませんよね。長く使用することを考えると、10万円程度で探すのが最も良いのではないかと思います。今回は「ひとつのカメラをずっと愛用したい」そんな方におすすめする、10万円以下のミラーレス一眼カメラを紹介します。

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS M3 ダブルレンズキット

81vghv4XbfL._SL1500_
キヤノンのミラーレス一眼カメラのダブルレンズキットです。標準ズームレンズEF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMと明るい単焦点レンズEF-M22mm F2 STMのセットとなっています。

明るい単焦点レンズはコンパクト設計となっているので、持ち歩きに便利で街歩きなどでの撮影に向いています。流線形状のグリップでカメラをホールドしやすく、ダイヤル操作でモードの切り替えや露出補正ができるなどの快適な操作性を実現させているため、撮影に集中しやすくなっています。エントリーレベルとしても良いですが、コンパクトサイズなので、2台目のカメラとしても長く使える機種です。

ニコン(Nikon) ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルレンズキット

81eVQRNSH+L._SL1500_
ニコンのミラーレス一眼カメラのダブルレンズキットです。標準ズームレンズ1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOMと明るい単焦点レンズ1 NIKKOR 18.5mm f/1.8が付属しています。

明るい単焦点レンズが一眼カメラらしい背景のボケた写真を撮ることができ、簡単にプロのカメラマンの撮ったような写真に仕上げることができます。180度回転する背面液晶モニターとカメラ内で肌をきれいに加工できるメイクアップ効果が自撮りを快適にしてくれます。他の人とは一段違う自撮りをしたい方におすすめ。

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α6000 ダブルズームレンズキット

81bEZsr0+eL._SL1500_
ソニーのミラーレス一眼カメラのダブルレンズキットです。標準ズームレンズE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSと望遠ズームレンズE 55-210mm F4.5-6.3 OSSの2本のレンズが付属しています。

オートフォーカスのスピードが早く、動いている被写体にもフォーカスが追従し、連写中でもフォーカスが合ったままになるので、スポーツなどの撮影に向いています。連写も最大11コマ/秒と一眼レフカメラに迫る高速連写の性能も兼ね備えています。電子ビューファインダーがついているので、液晶モニターの見づらい明るい日中などの撮影にも向いています。

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット

81zXXLav2pL._SL1500_
オリンパスのミラーレス一眼カメラの明るい単焦点レンズキットです。大人気PENシリーズが10万円以下まで値段が下がってきています。レンズは明るい単焦点レンズのみになりますが、カメラを始めるに当たり、単焦点レンズは撮影のフットワークを覚えるにはいいので、このカメラは最初の1台に適しています。

通常別売りの電子ビューファインダーも付属しているので、被写体と向き合い、集中して撮影に望むことができます。

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII 14-42mm EZレンズキット

91exNRnTqHL._SL1500_
オリンパスのミラーレス一眼カメラの標準ズームレンズキットです。5軸のボディ内手ぶれ補正機構を搭載、防塵防滴性能などの本格的なミラーレス一眼カメラが標準ズームレンズとセットで10万円以下で買うことができます。別売りで防水ハウジングもメーカー純正で用意されていて、本格的な水中撮影も行うことができます。本格的なカメラを購入した後も、アウトドアではこのカメラを持っていくというのも良い使い方かもしれません。