キャンプに行きたい! でも一緒に行ってくれる友達がいないからやめとくか…じゃぁなくて、1人で行こう"ぼっち旅"! わがまま気まま、誰にも遠慮はいらない、全てが自由の単独(ぼっち)キャンプ。そんな時、こだわりたいのが夜を明かすテントです。ただの寝場所というだけではなく、テントの中で過ごす時間も大切にしたい。そんな居心地の良さと携帯性を兼ね備えた人気の一人用テントをセレクトしました。

ロゴス(LOGOS) neos 71806000

81jF3B4NedL._SL1500_[1]

高品質で定評のあるアウトドア用品ブランド ロゴスの一人用テント。本格ドームテントをそのままサイズダウンした感覚で、大型のラゲッジスペースがあり、荷物や靴などが置けるので居室を広く使えます。総重量は約4700gと多少重くなりますが、その分、居心地のいい広さと安定感があり、車やバイクでのソロキャンプにはうってつけです。

モンベル(mont-bell) クロノスドーム 1122490

61ksUMZ5l-L._SL1500_[1]

こちらは本格登山用品も扱うモンベルの一人用テント。ぼっちキャンプでも荷物が多い場合などは余裕のあるこの広さが超便利! 通気性もよく居心地は抜群です。総重量2190gとツーリングやトレッキングにも使え、幅広く活躍してくれそうです。次は友人と、あるいは恋人と…可能性が広がるテントです。

コールマン(Coleman) カペラ 2000022052

81KroqIC4+L._SL1500_[1]

人気のキャンプ用品ブランド コールマンの"余裕はあるけど、ムダはない"トレッキング・ソロテント。本体の重さが約1600gと軽くてコンパクト。初心者でも簡単に設営できます。室内は枕元に荷物を置いても足元は余裕のある縦長サイズで快適! ツーリングは勿論、音楽フェスなどでも使いたくなるテントです。

スノーピーク(snowpeak) タープ ペンタイーズ SDI-001

41Q8DVMA83L[1]

スノーピークの人気タープ「ライトタープ ペンタ」のポールに吊り下げて設営する一人用テント。タープと組み合わせれば、タープにすっぽりと包まれるようにテントができて安定感、安心感が増します。前面がメッシュで風通しもよく、心地よい時間が過ごせます。重さは1400g。室内にはポケットなどの収納機能もあり空間を有効に使えます。

ヨーレイカ(Eureka) ソリティア

418KJ3XK66L[1]

100年を超える歴史があるアメリカのテントブランド ヨーレイカのソロテントはバックパッカーを意識した軽量・コンパクトサイズ。重さは約1200gと持ち運びは楽々。室内は横になって過ごすには十分の空間があり、ほぼ全面がメッシュになるので温度調節も簡単です。バイクや自転車の旅にも強い味方になってくれそう。

アクアクエスト(Aqua Quest) Hooped Bivy

71ci7uD62VL._SL1500_[1]

トップクラスの防水加工技術をもつアクアクエストの一人用テントです。重さはわずか1100g。設営は2分もかからないという簡単さ。防水性、通気性もよく快適に過ごせます。晴れた日にはフロントジッパーをおろして、満天の星空を眺めながら眠りにつくこともできるアウトドアの醍醐味を味わえるテントです。

ノルディスク(NORDISK) スゥワルバード1 112027

61fKnxObisL._SL1500_[1]

ティピー型テントなどスタイリッシュなイメージで人気のノルディスクのソロテントは、安定感抜群で居心地最高! 世界トップクラスの強風安定性とテント生地の強度を誇っています。それでいて総重量が約1700gと持ち運びにも便利。さらに、荷物が置ける前室もあり空間を広く使えます。その品質は一生モノ。値段分の価値はあります。