アウトドアブランドとして人気のマムート(MAMMUT)。リュックの認知度が高いですが、登山時やタウンユースで活躍するアウトドアウェアも展開しています。今回は、これからの季節に活躍するマムートのダウンジャケットをご紹介します。

マムート(MAMMUT) アトラス ヘリンボーンダウンジャケット

41Jc9Gq3huL

上品な質感を生むヘリンボーンを使い、ファッション性を強くしたダウンジャケットです。肉厚なボディと首元を守るフードデザインは、冬のデイリーユースや登山シーンでも切れる万能アウター。サイズを少し小さめに着てスマートなきこなしに。

マムート(MAMMUT) フリーフライト ウルトラライトダウンジャケット

71Z7ObMpX6L._SL1200_

こちらのダウンジャケットは、マムートの日本法人会社によるライセンス製品で日本人の体型に合うよう作られています。自分のサイズが見つからないメンズは、こちらのモデルならサイズが合うかもしれません。保温性と撥水性に優れた素材、フロントのダブルジッパーがおしゃれ。

マムート(MAMMUT) アトラス フーデッドダウンジャケット

81PYnni9nOL._UL1500_

15DのPertexQuantumという防風と撥水に強い素材で作られた、フーデッドダウンジャケット。キレイに横に縫われた形ではなく、斜めに入ったボディの縫い合わせがファッションアイテムとしても使える雰囲気になっていますね。

マムート(MAMMUT) グラビティ ウルトラライトダウンジャケット

81q9WD8wUcL._UL1500_

細かい縫い合わせによる軽量化されたダウンジャケット。こちらもPertexQuantumを使うことで防風と撥水に強くなっています。軽量化による持ち運びもしやすいので、デイリーユースだけじゃなく旅行にもおすすめの一着。

マムート(MAMMUT) ソフテック ダウンジャケット

51zwuw18rXL

マザーグースダウンを使い防寒性と軽量化を、サイドにストレッチをいれることで動きやすさも実現したダウンジャケット。夏を除いた3シーズンに渡って着用できます。夜になると、寒さが強いキャンプや登山で予備として持っておきたいですね。

マムート(MAMMUT) ハイブリッドインサレーションジャケット

imgrc0070302824

袖と肩の部分にはソフテックを使い、身頃にはダウンを封入した、中綿とダウンのハイブリッドミックスジャケット。フードは雨風をしのげるヘルメット仕様、肩をラグランにすることで、腕周りが動かしやすいデザインになっています。

マムート(MAMMUT) ドライテック プライム ダウンコート

mammut-1530

750FillPowerのグースダウンを中身にし、表地はファッションテイストが強いヘリンボーンでおしゃれなダウンコートデザインに。無駄のない位置にポケットを多く使い、見た目と機能性をもたせています。ショート丈なのでボトムとバランスもとりやすいですね。