iPhoneで音楽を聴いている方へ。音質に満足していますか。高価なイヤホン、ヘッドホンを買い足せば万事解決ですか? 実は、それ以外にも音質向上法があるんです。それはポータブルヘッドホンアンプの導入。イヤホン、ヘッドホンを高音質で鳴らすために特化したオーディオ機器です。

これを使えばiPhoneだけでなく、携帯型音楽プレーヤーの音質だってよくなります。そんなポータブルヘッドホンアンプについての概要とおすすめ機種をご紹介!

iPhoneにおすすめのポータブルヘッドホンアンプ8選

オンキヨー(ONKYO) ポータブルヘッドホンアンプ ハイレゾ音源対応 DAC-HA200

41xSDsL24TL

商品価格 ¥ 18,956

iPhoneでハイレゾを聴くのに定番のポータブルヘッドホンアンプ。ONKYO自らが発売するiOS向けハイレゾ再生アプリ「HF Player」を使用して、24bit/96kHzまでのハイレゾ音源をLightning直結により再生できます。しかも、本来有料のアプリ機能も無料で使える特典付き。

ヘッドホンアンプとしてもプッシュ・プル構成のディスクリート回路を採用した高音質です。600Ωまでのインピーダンスに対応するので、高級なヘッドホンにも十分対応します。豊富な入力も装備し、iPhone用以外にも幅広く活用できますよ。大きさと価格が気にならないなら真っ先におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホンアンプ AT-PHA10

31XjLwahGDL

商品価格 ¥ 2,880

手軽なアナログ接続タイプ。ポータブルヘッドホンアンプの入門機の定番です。音質重視のカップリングコンデンサーレス回路を搭載しています。デジタル接続機や高級機のような音質は得られませんが、iPhone本体だけのときよりも確実な音質向上と音量が得られますよ。単4電池駆動による50時間のロングバッテリーも魅力。

小型ボディで19gの軽量も携帯に楽ちんです。クオリティも高く、本機の音質で十分だという人も多いでしょう。

ラディウス(radius) Lightning対応DAC搭載ヘッドホンアンプ AL-LCH21K

31FppVqBYOL

商品価格 ¥ 12,889

Lightning接続に対応したiPhone向けポータブルヘッドホンアンプ。非常にコンパクトで重量も約12gと、DACを内蔵したポータブルヘッドホンアンプとして最小クラスなのも魅力です。それでいて、ラディウスによる専用アプリ「Ne Player」使用でのハイレゾ再生にも対応(24bit/96kHzまで)するのも立派。

本体側面に操作ボタンを備え、iPhoneの音楽再生をコントロールできるのも便利です。iPad/iPod touchでも使えるのもいいですね。iOS機器専用に割り切ることで、軽快さと利便性を高めているのがおすすめポイントです。

ティアック(TEAC) ポータブルヘッドホンアンプ HA-P5

212Fx+j-ZRL

商品価格 ¥ 49,355

Lightning接続でのハイレゾ再生にも対応したiPhone向けポータブルヘッドホンアンプ。一層の高音質再生が狙えるバランス・ヘッドホン端子も搭載していることが大きな特徴です。この端子を搭載するDAPは増加していますが、iPhoneにも対応したポータブルヘッドホンアンプでは異例の装備。600Ωまでのインピーダンスのヘッドホンに対応することも特筆点です。

192kHz/24bit PCMおよびDSD 5.6MHzまでのハイレゾ音源に対応しています。iPhoneでは専用アプリ「TEAC HR Audio Player」での再生が安定性の点からおすすめです。

オッポ(OPPO Digital) DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ OPP-HA2

41VOKpF0VjL

商品価格 ¥ 41,150

Lightning接続によるハイレゾ再生に対応しつつも、薄型でスタイリッシュな外観も実現したおしゃれなiPhone向けポータブルヘッドホンアンプ。12mmという薄さで、iPhoneと重ねても全く余計な印象がありません。また、本革製の上質なカバーも付属。洗練されたデザインの手帳のように見えてかっこいいです。

内容も高度。PCMは384kHz/32bitまで、DSDは11.2MHzまでというハイスペックでハイレゾに対応しています。iPhoneとの接続に便利なUSB- Lightningケーブルが付属していて、買ってすぐにハイレゾ音源を聴けるのもうれしい配慮です。

ソニー(SONY) ポータブルヘッドホンアンプ PHA-1A

31XgVAYU2EL

商品価格 ¥ 24,570

Appleのライバル・SONYによる、ハイレゾ再生にも対応したiPhone向けポータブルヘッドホンアンプ。美しいアルミボディによる高級感あふれる外観も魅力です。対応iPhoneとUSB端子経由で直結でき、192kHz/24bitまでのハイレゾ再生が可能。一部のウォークマンにも対応しています。アナログ入力を装備しないデジタル入力専用機です。

DACには「WM8740」、音質の要となるアナログ増幅部に低ノイズ・低歪率の高品質オペアンプIC「LME49860」を採用することにより、繊細でクリアーな高音質を堪能できますよ。SONYのポタアンとしてもおすすめ。

オヤイデ Fiio ハイパワー・ポータブルヘッドホンアンプ E12

31nGjZy2iCL

商品価格 ¥ 15,000

シンプルなアナログ接続で高音質を狙えるiPhone向けポータブルヘッドホンアンプ。デジタル接続はできませんが、その分コストをアナログ回路とヘッドホンアンプ部に注力できることでの充実の内容。音質を左右するオペアンプに、プロ用機材などにも使われるTI製「OPA1611A」と「LME49600」を採用しています。高級ヘッドホンも十分に鳴らせるハイコスパなポータブルヘッドホンアンプです。

バッテリー駆動時間は約12時間と長めなのもデジタル回路を持たないことによるメリット。iPhoneと本機があれば様々なヘッドホンを手軽に十分楽しめますよ。

コード(CHORD) D/A コンバーター内蔵 ポータブルヘッドホンアンプ Mojo

51jVzlOn7QL

商品価格 ¥ 59,800

話題沸騰のiPhone対応ポータブルヘッドホンアンプです。100万円以上の超高級機も出掛けるイギリスのオーディオメーカー・CHORD。その上級機の技術と音質を、これまでの数分の一以下の価格で出してきた戦略モデルです。上位機と遜色のない高音質により、高級オーディオユーザーからも驚きの声があがっているほど。

独自のアルゴリズムを内蔵したXilinx社の新世代「Atrix7 FPGA」によるDACによって、PCMで最大768kHz/32bit、およびDSD11.2MHz対応のウルトラハイスペック。ヘッドホンアンプとしてもなんと800Ωのインピーダンスに対応する超強力機。iPhoneとはUSBカメラアダプタ経由で接続可能です。

削り出しの航空機グレードアルミの本体の上質感も魅力的。豊富な入力も装備しています。自宅でもメインになれるほどの機種としてもおすすめ!

ポータブルヘッドホンアンプとは

51YeV+9i93L

By: amazon.co.jp

ポータブルヘッドホンアンプとはバッテリーを内蔵し、小型で持ち運びが可能な、ヘッドホン、イヤホン専用のアンプのことです。ポタアンとも呼ばれます。携帯型音楽プレーヤー(DAP)やiPhoneなどスマホにもヘッドホン端子がある(つまりアンプがある)ので、なくてもいいものです。

しかし、安価なDAP、スマホのアンプ部は省電力性と本体の小型化の影響もあり、音質的にはそれなりなんですね。また、高性能なヘッドホンのなかには100Ω以上のハイインピーダンスにより、アンプの出力を要求するものもあります。なかにはスマホでは音量が満足に得られないヘッドホンさえあるほど。

そうしたヘッドホン、イヤホンを十分な音量で鳴らすだけでなく、高音質で再生できるのがポータブルヘッドホンアンプ。つまり、ヘッドホン、イヤホンの真の実力を生かしてくれるのがポータブルヘッドホンアンプなんです。

iPhoneでハイレゾ再生を楽しむのにも必要

31TMldJ-5ZL

By: amazon.co.jp

また、iPhoneで話題のハイレゾ音源再生を本来の音質で楽しむのにもポータブルヘッドホンアンプは必要です。iPhoneだけでもハイレゾ再生対応アプリを使えば、ハイレゾ音源を再生することはできます。

しかし、iPhone内部の制約により、ハイレゾ規格の信号をCDレベル程度にダウンコンバートしての再生になっちゃうんです。

一方、iPhoneとデジタル接続可能で、かつハイレゾ再生対応のポータブルヘッドホンアンプならハイレゾ音源を本来の規格で再生可能です。ハイレゾに興味があるならとても重要な機器なんです。

iPhoneにも対応するポータブルヘッドホンアンプの選び方

アナログ入力タイプから選ぶ

41ZgoPjrzdL

By: amazon.co.jp

手軽にiPhone、スマホ、DAPでのヘッドホン、イヤホン再生音をグレードアップしたい方におすすめ。iPhoneのイヤホン端子とポータブルヘッドホンアンプのアナログ入力と接続します。確実に音質の向上と十分な音量の確保ができますよ。数千円と安価な価格から購入できるのも魅力です。

一方、デジタル接続によるハイレゾ音源の十分な再生のメリットは受けられません。iPhoneのヘッドホン出力の音質に限定される要素も避けられないので、音質向上も一定のレベルに留まります。

デジタル入力可能タイプから選ぶ

31bWMlaL4IL

iPhone、スマホ、PCなどとデジタル接続できるタイプは、iPhone内の高度なオーディオ向けではないデジタル/アナログ変換部を通しません。ポータブルヘッドホンアンプ側の高品位な変換部を使える分、アナログ接続タイプよりも高音質が狙えます。また、ハイレゾ対応機ならハイレゾ再生アプリと組み合わせてハイレゾ再生可能です。

注意点は、アプリとポータブルヘッドホンアンプには相性があることで、必ずしも全ての組み合わせでハイレゾ再生できるとは限りません。これを回避するために、ヘッドホンアンプメーカーが公表しているアプリの動作確認を見てから購入してください。メーカー自体がアプリを出しているものが一番安心感があります。

また、DAPとデジタル接続する場合は双方に同軸か光端子、PCとの接続にはアンプ側にUSB入力の装備が必要です。

iPhoneとのデジタル接続の種類で選ぶ

31kIoOTphaL

By: amazon.co.jp

iPhoneとのデジタル接続には2種類の形態があります。iPhoneのLightning端子にUSBカメラアダプタを接続し、そこにUSBケーブルを挿してポータブルヘッドホンアンプと接続するもの、そしてUSB-Lightningケーブルで直結できるものです。簡便さでは後者ですが、音質重視の高級機では前者もあるので、好みで選びましょう。

iPhoneにポータブルヘッドホンアンプを使って高音質を楽しみたいのなら、デジタル接続可能タイプをおすすめします。デジタル接続可能ポータブルヘッドホンアンプでもアナログ入力を備える機器なら幅広い機器と接続できるのも便利です。

大きさと重量で選ぶ

31JV44RKiVL

By: amazon.co.jp

ポータブルヘッドホンアンプにも、スマホ用リモコン程度の非常に小さいものからiPhone本体以上の大きさと重さのものまであります。音質面だけで言うと、一般的に大きいほうが有利です。回路、電源の余裕が音に効いてきます。小さいものでもiPhoneだけよりは確実によくなりますので、お好みで選んでください。