サーフィン用に特化しました。

海で楽しむマリンスポーツの代名詞といえば、サーフィンですよね。サーフィンはその日の天気や波に左右されることから、情報をこまめにチェックすることが重要です。でも、海に入ってしまうと、当然その間はスマホを操作することはできません。今回ご紹介するウェアラブルデバイスは、いろいろな情報や、健康状態をサーフィンしながらチェックできるんです。

手首に装着

oridmic3ppkjnxrjdhpf
glassy zoneは手首に装着することで使用できます。サーフィンのためのデバイスであるということで、もちろん防水加工です。重さはたったの45グラムなので、運動していても邪魔になりません。

バッテリーは起動しているモードにより異なります。日常の健康状態をトラックしてくれるステップモードなら、最長7日間もち、サーフィン時に特化したサーフィンモードでは、最長8時間もつことになります。サーフィンをしているときには、波は風の情報などをデバイスで受け取れるので、環境に合わせてサーフィンを楽しむことができるんです。

アクティビティを見直せる

Live-Session
デバイスにはGPSトラッキングシステムが搭載されています。そして、そのシステムを利用して、どのように波に乗ったかデータをスマホに記録してくれるんです。こんな細かい情報まで記録できると、楽しい上に技術の向上にも役立ちますよね。

暑い日でも体調管理

umoajowb52pycs1r6jtj
天気がいい日はサーフィン日和ですが、その反面紫外線が強くて肌に刺激を与えています。その刺激を過分に受けすぎたときは、デバイスは通知をしてくれるので、通知がないときは気兼ねなく楽しむことができるんです。