一人暮らしの方の場合、自宅に1台あれば便利な電子レンジ。いろいろな機能がありますが、シンプルに温めるだけしか使わないなら、温め機能だけの単機能電子レンジはいかがですか? 多機能電子レンジより価格も安く、操作も簡単で便利です。

今回は、単機能電子レンジのおすすめメーカーや、人気の単機能電子レンジをランキング形式で比較しながらご紹介します。

単機能電子レンジとは

81iab4xhetl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

ダイエット中に便利なヘルシー調理、刺身などの解凍に便利なサックリ解凍、焼きと蒸しの同時調理や短い時間で調理できる時短調理など。最近の電子レンジにはたくさんの機能があります。

たくさん機能がある電子レンジを「多機能電子レンジ」というカテゴリーに分け、単純に温め機能だけの電子レンジを「単機能電子レンジ」と言います。

単機能電子レンジがおすすめの理由

61io-otay3l-_sl1000_

By: amazon.co.jp

料理が趣味の方は「多機能電子レンジ」が必要かもしれませんが、電子レンジは食品の温めにしか使わないという方には「単機能電子レンジ」をおすすめします。おすすめの理由として、価格が安い、操作が簡単、そしてデザインがシンプルなどが挙げられます。

単機能電子レンジの人気ランキング2016

第1位 パナソニック(Panasonic) NE-EH228

31lnrr3ypl

商品価格 ¥ 9,600

パナソニックの単機能電子レンジ。ごはんやおかず、冷凍ものもワンタッチであたためられます。蒸気センサーを搭載しており、22Lサイズのターンテーブル。高出力の850Wインバーターで素早く自動であたためられます。手動あたためは700W・500W・150Wと3段階。

ヘルツフリーなので、日本全国で使えます。そのため、引越しするときにも買い換える必要はありません。簡単操作であたためしたい方におすすめ。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 50Hz専用 東日本 ターンテーブル IMB-T171-5

41s9h1ppkxl

商品価格 ¥ 6,670

強700W、弱500W、解凍200Wと3段階の調理モードで、簡単にあたためができる単機能電子レンジ。15分タイマー機能付き、庫内容量は17L、そして直径25.5cmのターンテーブル付きです。25cmピザをそのまま温めることができます。

同じ商品で60Hz専用の西日本版もあります。直感的に使える操作性でおすすめ。

第3位 ハイアール(Haier) 東日本専用・50Hz 17L Haier JM-17F-50(K)

41-qoymqc7l

商品価格 ¥ 5,400

3段階の出力、庫内容量、ターンテーブルやサイズなど…。第2位と全く同じ仕様で、こちらは中国メーカーの単機能電子レンジ。ブラックなので、若い方やインテリアに合わせたい方におすすめです。こちらの商品も同じように、西日本で使える60Hz専用があります。

第4位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 50Hz専用 東日本 フラットテーブル IMB-F181-5

41gvgavrq5l

商品価格 ¥ 7,599

700W、500W、200Wと3段階の出力と15分タイマー機能装備。第2位の単機能電子レンジと、温め機能は同じです。しかし、こちらの単機能電子レンジは、温める物が回転しないフラットテーブル。

物の出し入れがしやすく、庫内の掃除も楽という利点もあります。温め機能より、お手入れのしやすさをメインに考えている方におすすめです。60Hz専用もありますよ。

第5位 シャープ(SHARP) 東日本専用 50Hz RE-TS3-W5

41pljarjzjl

商品価格 ¥ 9,924

絶対温度センサーを搭載した、シャープの単機能電子レンジ。絶対温度センサーが自動で判断するため、ごはんやおかずなどをワンタッチで温めることができます。タイマーを設定する必要はありません。また、手動では700W、600W、500W、200Wの4段階出力が設定可能。

便利な解凍キーと牛乳キーも搭載しています。庫内は20L、27cmのターンテーブルで、コンビニの大きな弁当も温められます。ボタンひとつで簡単温めがしたい方におすすめ。60Hz専用もあります。

第6位 ツインバード工業(TWINBIRD) ミラーガラスフラット電子レンジ DR-D269B

41afuprfnl

商品価格 ¥ 12,500

ミラーガラスを搭載した、スタイリッシュなデザインの単機能電子レンジ。デザインにこだわりがある方におすすめです。温め時のみ庫内が点灯し、使っていない時はミラーガラスに反射し、庫内が見えない仕様。

気になる温め機能は600W、500W、煮込み、解凍の4段階で15分タイマー。直感的に使える操作パネルに加え、出力・時間を設定できるメモリー機能も搭載しているため、次回からワンプッシュで温めできます。こちらも、引越しても問題ないヘルツフリー。

第7位 ハイアール(Haier) 18LHaier フラットタイプ JM-FH18D(W)

41duxnzlwll

商品価格 ¥ 8,999

庫内幅30cmのワイド設計で、コンビニの大型弁当も温められる単機能電子レンジ。温め機能は600W、500W、煮込み、解凍、半解凍の5段階。庫内18L、フラットテーブル、そしてヘルツフリーです。

各ボタンを押すだけの簡単操作に加え、4つのメモリー機能があります。よく同じものを温める方におすすめ。その他のカラーとして、ブラックもあります。

第8位 アマダナ(amadana) ARE-S19W

319ebc8wcl

商品価格 ¥ 13,824

シンプルなデザインがおすすめの単機能電子レンジ。他の単機能電子レンジと違い、大型ディスプレイと、大きなダイヤルだけのシンプル操作で、使いやすいです。

温め機能は650W、500Wの2段階。19Lの庫内、27cmのターンテーブル、そしてヘルツフリーです。温め機能はそこまで良くないですが、デザインにこだわりがある方におすすめ。

単機能電子レンジの選び方

テーブルで選ぶ

71l6nph7qkl-_sl1000_

By: amazon.co.jp

単機能電子レンジは、庫内の底面によってターンテーブルとフラットテーブルに分かれます。ターンテーブルは庫内の底面が回転する方式。食品を回すことにより、全体を加熱ムラなく温められます。しかし、コンビニ弁当のように大きなものは、引っかかり回らないことがあります。

フラットテーブルは、文字どおり底が平面で回転しません。底面がフラットなので、庫内の掃除がしやすい、弁当が引っかからないなどのメリットがあります。ただ、製品よっては加熱ムラが生じるのはデメリット。何を温めることが多いのかで選びましょう。

50Hzか60Hzか

61fnd25405l-_sl1000_

By: amazon.co.jp

単機能電子レンジは価格を安くするためか、同じ製品でも東日本の50Hz専用製品と、西日本の60Hz専用製品に分かれています。東日本と西日本では商用電源周波数(Hz)が異なり、50Hz専用の電化製品は西日本では使用できません。逆もまた然りです。

Hz専用製品は、間違えずに購入しましょう。転勤族や引越しする予定がある場合は、他の電化製品と同じように50Hzと60Hzの両方に対応した、ヘルツフリーの単機能電子レンジを選ぶべきです。

単機能電子レンジのおすすめメーカー

81nirnqlil-_sl1500_

By: amazon.co.jp

機能でいえば、大手メーカーのパナソニックやシャープをおすすめします。温めの強さや時間を設定することなく、ワンタッチで温められるからです。

しかし、その分価格も高くなっています。価格でいえば、アイリスオーヤマやハイアールなどのメーカーをおすすめです。各メーカーともテーブル違いやヘルツ違いで選べます。