クリエイターを中心にコアなファンも多いアップルのMacシリーズ。最近では、iPhoneとの連携のしやすさから、さらに人気が上昇していますね。一方で、現行機種はディスクドライブがすべて別売。

CD・DVDを利用したい場合には別途DVDドライブを購入する必要があり、不便に感じてしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、Macシリーズ対応のポータブルDVDドライブのおすすめ8モデルをご紹介します。選び方についても併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

おすすめのMac対応外付ポータブルDVDドライブ

アップル(Apple) USB Super Drive MD564ZM/A

商品価格 ¥ 8,715

最も確実なドライブ動作を求める方におすすめしたいのが、こちらのアップル純正DVDドライブ。USBバスパワータイプですが、電源供給制御が巧み。すっきりとした配線と、安定した動作を両立しています。

USBケーブルはドライブ本体に収納可能で、持ち運びもスマートに行えますよ! スロットインタイプを採用しており、ディスクの出し入れもすっきり。もちろん、Macに配置されている取り出しボタンにも対応。

デザイン性にも優れた、おすすめポータブルDVDドライブです。

ロジテック(Logitec) LDR-PUB8U3MSVW

商品価格 ¥ 5,188

ロジテックより販売されているポータブルDVDドライブ。対応機種が新しいOSに偏りがちなMac用のDVDドライブの中では珍しく、すべてのインテルMacモデルに対応。そのため、旧型Macで使っていたDVDドライブの買い替え需要にも適しています。

大きさはCDケースと同等サイズで、重さは230gと軽量。収納可能なUSBケーブルも含め、持ち運びに便利です。なお、こちらもUSBバスパワーに対応。Macユーザーの声を基に開発したMac専用外付ドライブ。注目すべき1台としておすすめします。

アイ・オー・データ(I-O DATA) DVRP-UT8C

商品価格 ¥ 5,597

こちらのポータブルDVDドライブの特徴は、次世代USB規格「USB Type-C」に対応している点。最新モデルのMacbookでも安心して使えます。通常のUSBケーブルについても、3.1 まで対応。そのため、ディスクの読み書きがスムーズでおすすめ。

このDVDドライブは、劣化が少ない「M-DISC(DVD)」への書き込みが可能。これなら、大切な思い出やパソコンアーカイブも長期間保存できますね。本体厚さ14.5mm、質量270gと薄型軽量。かさばりにくい外付ドライブとしておすすめ!

Patech JP-PC45B

商品価格 ¥ 2,980

「USBバスパワーだけでは不安」という方には、こちらがおすすめ。バスパワーに対応したUSB接続ケーブルに加えて、充電用USBケーブルも付属。ダブルのUSB給電でドライブの電力不足を解決します。

データ伝送も、USB3.0に対応した端子と外部干渉の少ない純銅ケーブルで安定化。さらに、このDVDドライブは購入後12ヶ月間の無償保証も実施。万が一故障しても安心して使えます。

天板部分に幾何学模様の斬新デザインを施しています。タッチ式のイジェクト(取り出し)ボタンも新鮮な、おすすめのポータブルDVDドライブですよ!

エイスース(ASUS) SDRW-08D2S-U LITE/J

商品価格 ¥ 2,672

パソコンやコンピュータ基盤で有名なエイスース。外付DVDドライブのおすすめは、ダイヤモンドカットデザインが美しいこちらのモデル。省電力設計が徹底されており、消費電力はわずか6W。パソコンがバッテリー駆動でも、電池消費を少なく抑えられますね。

書き込み性能に力を入れていることも特徴の1つ。ディスク書き込みエラーを防止する機能を搭載しており、マルチタスク下での書き込みも安心です。消費電力抑制や、すぐに読み書きが行えるソフトも付属した「買ってすぐ使える」ポータブルDVDドライブです。

バッファロー(BUFFALO) DVSM-PT58U2V-BKC

商品価格 ¥ 3,093

本体の四隅のうち1箇所だけカーブデザインとなっている、少し変わったデザインのポータブルDVDドライブ。こちらも、ダブルUSB給電が行えるモデル。ただ、電力状態をLEDで知らせてくれる点が最大の特徴です。

電力不足時には赤色に変わり、動作不良や書き込みエラーのような不測の事態を未然に防げます。Macでの利用は、専用ソフトをインストールしなくてもOK! Mac標準搭載ソフトだけで再生も保存も可能です。

ブラック・ホワイト・シルバー・レッドと4色カラーバリエーションがあり、お好みに合わせて選べる外付ドライブですよ。

VersionTech SUPER SLIM DRIVE CD009-l1

商品価格 ¥ 3,588

中国のメーカー、VersionTechの人気ポータブルDVDドライブです。Windows、Mac、そしてLinuxの3つのOSに対応。こちらのDVDドライブは、なんといっても薄型なのが魅力です。ノートパソコンと一緒に持ち運んでもかさばらず、見た目もスタイリッシュです。

また、USB3.0に対応した規格と、処理速度の速い先進チップ採用により、安定した伝送を実現。電力消費低減にも力を入れており、本体の発熱頻度も下げた仕様です。傷に強く高級感のあるアルミボディ外装を施した、最新の外付ドライブ。

MEIYE ME1086CR

41elq9rlrl

商品価格 ¥ 3,588

リーズナブルな、スロットインタイプの外付けドライブをお探しの方におすすめ。実売価格4,000円以下でありながらUSB3.0に対応。Mac OS 8.6以上であれば適合します。つまり、OS X以前のMacユーザーでも使えるポータブルDVDドライブです。

本体底面には、純正DVDドライブ同様の大判滑り止めを採用。振動が多い高速読み書きでも、土台が安定しずれにくい設計です。Macパソコンに合うシルバー塗装で、旧型Macの代替ドライブとしても利用可能。使い勝手がよくおすすめの1台。

Mac用DVDドライブの選び方

1.USBの規格

pak135145231_tp_v

まず確認すべきは、USBの規格。お使いのMacと購入予定のポータブルDVDドライブで、USB規格に違いがあると、最悪の場合動作しません。ドライブを使わないままお蔵入りさせないためにも、必ずチェックしておきましょう!

2012年モデル以降のMacを使っている場合はUSB3.0に対応しています。そのため、このバージョンのUSB規格に対応したモデルがおすすめ。USB3.0は2.0よりデータの伝送速度が大幅に速くなっており、読み込み・書き込みともにスムーズに行えます。

最新型のMacbookで使う場合は、次世代USB規格「USB Type-C」に対応しているかも確認してください。非対応の場合、別途変換ケーブルが必要です。

2.電源供給のタイプ

41xh-inifyl

ポータブルDVDドライブの電源供給には、2種類あります。AC電源で供給するタイプとUSBから電源供給するタイプ(USBバスパワー)です。外付で使用することもあり、接続の利便性やケーブルの簡略化という観点から、USBバスパワータイプがよく選ばれます。

しかし、USBを複数使用していると、USBからの電源供給が弱くなってしまいます。動作不良を起こす可能性も否めません。ディスクドライブを頻繁に使う方は、AC電源からも供給できるDVDドライブを選ぶことをおすすめします。

最近では、接続用のUSBケーブルとは別に電源供給用のUSBケーブルを接続して、USB電源をダブル供給できるモデルも登場しています。

3.Mac OSのバージョン

imac-1094834_640

ポータブルDVDドライブがMac OSに対応していることは必須条件。ただ、お使いのMacのバージョンに適合しているかのチェックも忘れてはいけません。「Mac対応」とうたっていても、対応バージョンが新しいものが多いです。同じMac OSでも利用できない場合も。

現行品でも、モデルによっては古いバージョンのMac OSに対応するものもあります。旧型Macの代替ドライブとして使用する場合には、こうしたDVDドライブを選ぶとよいでしょう。

4.デザイン

31yhdjujucl

By: amazon.co.jp

デザイン性に優れたMacを使うユーザーの中には、周辺機器の見た目にもこだわる方がいらっしゃるでしょう。Mac製品に対応したポータブルDVDドライブは、Mac本体のデザインとの整合性を重視した、スタイリッシュなものが多いのが特徴。

純正ドライブのデザインも秀逸ですが、それに引けを取らないデザインで、各メーカーが多数ラインナップ。カラーバリエーションも多いので、比較検討することをおすすめします。