屋外で使用するイヤホンは元々、周囲の人に迷惑を掛けずに音楽を楽しむためのもの。ところが、イヤホンもあまり音量を上げすぎると音漏れが起き、迷惑になってしまいます。それを防ぐには音量を絞るだけ…ではありません! より音漏れ防止性の高いイヤホンを選ぶことで、音量を絞らずとも人前でも音楽を楽しむことができます。

今回は音漏れしにくいイヤホンのおすすめ機種と、その選び方を一挙にご紹介します。

おすすめの音漏れしにくいイヤホン14選

コス(KOSS) カナル型イヤホン The Plug

31mecodncjl

商品価格 ¥ 1,660

低価格イヤホンでは随一の音漏れしにくいイヤホンです。様々な耳の形状にうまくフィットする低反発フォーム素材のイヤーチップを採用。高い密閉性による遮音性の高さを誇ります。チューブポートを備えたドライバーユニットによる低音の利いたパワフルサウンドが持ち味。音量を上げなくても音楽を楽しめる音作りでもあります。

2002年発売のロングセラーも性能への人気の証です。できるだけ予算を抑えて音漏れを防ぎたい方にまずはおすすめします。

エレコム(ELECOM) カナルイヤホン デュアルドライバー EHP-CA2D3510

41t2yidp1wl

商品価格 ¥ 2,980

内外の硬度を変えた2層構造を採用した独自のシリコン製イヤーピースの付属が特徴です。密閉度に優れることで音漏れを防ぎ、低音表現を向上させることができます。6mm径のコンパクトなダイナミックドライバーを、左右それぞれ2基ずつ搭載したデュアルドライバー仕様もポイント。

2台のユニットに出音を分けることにより、無理のない余裕のあるサウンドを再生します。これにより適度な音量で豊かな高音質を楽しめますよ。安価なことも魅力です。最近人気を高めているエレコムの実力をまざまざと見せつける良機としておすすめ。

茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン Co-Donguri-雫

31lqscvbdrl

商品価格 ¥ 4,338

日本の新進イヤホンメーカーによる最新イヤホン。茶楽音人は音茶楽の別ブランドです。音茶楽は高度な技術による高音質イヤホンに定評がありますが、独自開発のイヤーピース・SpinFitでも注目されています。SpinFitは軸の上に、薄めの膜の張ったような構造が特徴。頭の部分がずれて動くことにで、より外耳道に沿うことができ、一般的なイヤーピース以上の遮音性が得られます。本機にももちろん付属。

また、ケーブルは通常の下出し装着と耳掛け装着の両方に対応します。音漏れ防止を強化したい時には耳掛けにするといった使い分けもできますよ。しかも、この価格でハイレゾ対応の高品位。幅広くおすすめできる好機種です。

エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) インイヤーイヤホン HF5

31x4i7hpipl

商品価格 ¥ 11,124

音漏れの少ないイヤホンの定番機の一つです。エティモティック・リサーチはカナル型イヤホンの元祖的存在で、シュアとともに高遮音イヤホンの草分けです。本機は同社製にしては購入しやすい価格なことも魅力。一般的なダイナミック型ユニットを採用することにより低価格化したためです。

それでいて、定評のある遮音性は上位機と全く同等の業界最高クラス35dB~42dBのハイレベルさ。普通の音量ではまず周囲に迷惑を掛けることはありません。上位機同様に、独特のイヤーピースをしっかりと装着することがポイントです。

シュア(SHURE) 高遮音性イヤホン SE215SPE-A

417ivt-vrcl

商品価格 ¥ 11,470

シュアは、遮音性の高いイヤホンを他社に先駆けて製品化し、人気を博してきました。現在のカナル型イヤホンの隆盛を築いたメーカーの一つです。また、耳の上にコードを回り込ませる、いわゆる「シュア掛け」を広めました。 本機も、シュア掛けに向いた本体形状とフィット性の高いイヤーピースの組み合わせにより、騒音を最大37dBまでも低減する高い遮音性を持ちます。

これにより、音量を上げずとも音楽がよく聴こえ、音漏れも極小化可能。ダイナミック型MicroDriverによる高音質もハイコスパイヤホンの代表と言われます。カナル型イヤホンの定番機としておすすめです。

Klipsch X10 70周年記念プライス KLRFXA0113

41c8j8vhcol

商品価格 ¥ 17,995

音漏れの少なさでも定評のある人気イヤホンです。発売当時、世界最小・最軽量9gのコンパクトボディ。軽快な装着感と、耳への収まりのよさによる音漏れ減少を兼ね備えます。特許取得済の独自イヤーピース「Oval Ear Tips」による26dBの高遮音性も見事です。BA型一基とは思えないパワフルなワイドレンジサウンドも見逃せません。

ソニー(SONY) ノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX750NA

31k0exsshll

商品価格 ¥ 19,081

ノイズキャンセリング(NC)型のカナル型イヤホンです。騒音の多い場所でも音量を上げずに聴けるので、結果的に音漏れの防止につながります。本機は周囲の騒音を常に分析し、最も効果的なNC動作を自動で実行する、「フルオートAI」NC機能が特徴です。どんな場所でも適度な音量で音楽が聴けるので、音漏れの心配もありません。

新開発の小型9mm径ダイナミックドライバーによる小型ボディもポイント。耳にコンパクトに収まるので、外に音を漏らしません。

RHA 英国発ハイエンドイヤホン T10

41rrncho-nl

商品価格 ¥ 21,598

音漏れを防ぐための独自機構・可変オーバーイヤーフィットデザインが特徴のカナル型イヤホンです。これは、イヤホン本体が、より快適で安定したポジションを保つような設計のこと。シュア掛け時に、個人の耳の形にしっかり追従できるので装着性がよくなり、音漏れも防ぎます。タイプと大きさの異なるイヤーピースを多数付属するのも特筆もの。イヤーピースの密着性をより追求可能です。

肝心のサウンド面も、ハンドメイドダイナミックドライバーによるハイレゾ対応の高音質。アルミボディによる外観も高品位です。隙のない音漏れ防止イヤホンとしておすすめ。

オーディオテクニカ(audio-technica) バランスド・アーマチュア型イヤホン ATH-E50

412d82-vxul

商品価格 ¥ 21,910

ステージや音楽制作の現場で使用するモニターイヤホンを謳う機種。もちろん遮音性の高さもアピールしています。遮音性と安定したフィット感を追求し、最適に小型化。筐体が耳から大きく飛び出ないことにより、周囲への音漏れも低減できます。シュア掛け可能な柔らかいコードもポイント。

細かい音の再生を得意とするバランスド・アーマチュア(BA)型ドライバーを採用しているので、音量を上げなくともバランスのよいサウンドを聴けるのも見逃せません。幅広く馴染みのある国内人気メーカー製であることもおすすめです。

ウエストン(Westone) モニターイヤホン WST-AMPRO20

41yvs9epkll

商品価格 ¥ 42,725

ステージミュージシャン向けのモニターイヤホンを得意とするウエストンによる最新機。モニター向けの高遮音性に加えて、新技術「SLEDテクノロジー」を搭載。外からの音を同じように遮断するのではなく、楽器、人の声など必要な音は通過させることで、呼びかけに反応できます。音漏れ防止と遮音性を重視すると、必要な音も聴こえなくなる危険に着目した注目の技術です。

もちろん従来からの高遮音、音漏れ低減性も確保。歩きながらイヤホンを使う方におすすめです。

ボーズ(Bose) ノイズキャンセリングイヤホン QuietControl 30 wireless headphones

41jjonypbl

商品価格 ¥ 34,560

NC方式で遮音と音漏れ防止を狙うなら、最もおすすめのイヤホン。Bluetoothワイヤレスタイプです。ボーズのQCシリーズは常に業界最高峰と言われる技術により、NCイヤホン、ヘッドホン業界をリードしてきました。2016年発売の最新製である本機では左右のイヤホンに合計6個のマイクを内蔵することにより、NCイヤホンでは業界最高の騒音低減能力を実現しています。

さらに、自由にNC効果を調整できる新機能も搭載。どんな環境下でも適度な音量で音楽を楽しめます。これにより音漏れからも解放されますよ。

エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) BA型イヤホン ER4SR

31jpzuknjxl

商品価格 ¥ 39,900

高遮音、かつ音漏れ防止性の高いカナル型イヤホンを代表するメーカーの最新中核機。超ロングセラーER-4Sの後継機です。エティモティック・リサーチは、補聴器メーカーの高度なノウハウを活かして、業界最高性能の遮音性35dB~42dBの機種を常に揃えています。しかも、ワイドレンジでフラット、かつ自然な音質により、業務用モニターイヤホンの定番メーカーです。

最新音源にも対応した高分解設計の本機がその代表を担います。しっかりと装着すれば、音漏れを起こすことはない音量であらゆる音楽を存分に楽しめますよ。ポイントは耳の奥深くに差し込む独自の装着性。慣れを要するので、できれば試聴することをおすすめします。

シュア(SHURE) カナル型高遮音性イヤホン SE846

41ozvhxxpul

商品価格 ¥ 89,980

高級さと音漏れ防止性の両立が特徴です。複数のBA型ユニットを内蔵することが多い高級イヤホン。筐体が大きくなるため、音漏れしやすい欠点がありました。そこを高級機では、個人の耳に合ったイヤーピースをオーダーメイドするカスタムIEM方式にすることで乗り越えていました。

本機は、あえてユニバーサル型の高級機ながら、それまでの高遮音性へのノウハウにより、最大37dBもの高度な音漏れ防止性能も確保しました。4BAドライバーによる繊細さと力感を両立した高音質を気兼ねなく楽しめます。純粋に高音質イヤホンとしてもおすすめできる名機です。

JH Audio ユニバーサルイヤホン Angie Universal Fit

41j5weig43l

商品価格 ¥ 90,900

ミュージシャン、エンジニアなど多くの音楽関係者から高い支持を受けているJH Audioのカナル型イヤホン。カスタムIEMを得意としていますが、そのノウハウを注入した、高遮音で音漏れも少ない高級ユニバーサル型イヤホンもラインナップしています。本機は全部で8つのBAドライバーを内蔵する大掛かりな内容ながら、耳からの飛び出しを防ぐ小型筐体。外部への音漏れを防ぎます。

フィット性の高いイヤーピースもIEMの経験を活かしたもの。低音の調整ができるのも独創的。高級モニターイヤホンの雰囲気を楽しむのにもおすすめです。

イヤホンが音漏れする原因

51-irlohkl

By: amazon.co.jp

イヤホンを普通に使っていればそれほど音漏れはしないもの。ですが、構造、使い方によっては音漏れすることもあります。第一に大きな音量で聴きすぎていること。どれほど音漏れを防ぐ構造のイヤホンでも、非常識に大きな音で使えば、当然音漏れします。

また、イヤホンには大きく分けて二つの構造があり、しかもそれは音漏れのしやすさに違いに関係あるんです。一つはインナーイヤー型と呼ばれる本体耳乗せタイプのイヤホン。かつてカセット、CDウォークマンの時代に主流だった方式です。軽快な装着性と、開放的な音質が特徴。

しかし、周囲との遮音性をあまり高めない原理のため、音漏れがしやすいのが欠点でした。この音漏れ問題は社会問題にもなり、インナーイヤー型は急速に姿を消すことになります。ただし、iPhone付属イヤホンは現在もインナーイヤー型。これを人前で使っている方は音漏れしにくいイヤホンへの変更を検討した方がいいですよ。

音漏れしにくいイヤホンの特徴

41gnnep45l

By: amazon.co.jp

つまり、裏を返せばイヤホンの外部との遮音性の高さ=音漏れの少なさになるんです。そして、より遮音性が高いのがもう一つのカナル型。耳栓のようなイヤーピースを耳穴内に装着することにより、高遮音性と音漏れの少なさを備えます。音質的にも細かい部分が聴き取やすく、現在、幅広く採用される方式です。

また、耳と本体のフィット感を高め、より音を鼓膜に効率よく送るのにも役立つのがイヤーピースです。このイヤーピースが個人差に追従し、耳穴内にうまくフィットしていれば、周囲との密閉性も高まり、遮音性が高まります。遮音性が高まることにより、あまり音量を上げなくて済む相乗効果により音漏れも減らせますよ。音漏れしにくいイヤホンには、イヤホン本体の設計、性能に加えて、密閉度を高める装着性への使用者本人の努力も必要です。

以上は物理的な音漏れのしにくさですが、別の視点もあります。あまり音量を上げずに聴ければ音漏れはしにくいですね。そこに注目すればノイズキャンセリング型イヤホンが浮上します。周囲の騒音を低減することにより、音量を上げずとも音楽を聴けるので、結果的に音漏れしにくいです。

音漏れしにくいイヤホンの選び方

モニターイヤホンタイプがおすすめ

41wn3chzk5l

By: amazon.co.jp

音漏れしにくいイヤホンを選ぶ基本は、「高遮音性」と「イヤーピースの高いフィット性」の両方を備えるものです。構造的には前述のカナル型が必須。その上で、高い遮音性が求められる用途向けのイヤホンが音漏れしにくいイヤホンとしておすすめです。

それは、録音スタジオ、ステージ上など、音楽制作、ミュージシャンの現場において使われる「モニターイヤホン」です。これらは仕事に差し支えるだけに、確実な遮音性を確保しているのが特徴。モニターイヤホンには個人の耳型を採取して、より高度な遮音性を実現するカスタムIEMタイプもありますが、一般向けのユニバーサルタイプでも十分な遮音性と音漏れ防止性があります。

具体的なスペックとメーカー

er4sr560-3

By: kanjitsu.com

おすすめのメーカーとしては、モニターイヤホンを得意とする、エティモティック・リサーチ、ウエストン、シュア、ソニー、オーディオテクニカなどが挙げられます。

また、遮音性の高さは周囲の騒音の減衰量を数値で明示することでわかります。優秀なイヤホンでは-26dB以上です。これは騒音を20分の1 まで減らせます。これ以上が優秀な遮音性の目安です。 このことは同時に音漏れの少なさにも直結します。

モニターイヤホンでなくとも、カナル型であれば、イヤーピースの密閉性を高めれば音漏れは十分に防げます。付属イヤーピースの種類が多いイヤホン、あるいは、自分でフィット感の高い別売り品を見つけることで対応できますよ。一般のイヤホンでも、モニターイヤホンに多い、コードを上から耳の後ろに回す「シュア掛け」タイプのイヤホンは音漏れ防止性が高い傾向があることも付け加えておきます。