近年アパレルブランドでもオリジナルで展開されているマウンテンブーツ。ファッションアイテムとして、市民権を獲得しているマウンテンブーツの最大の魅力は、足元に男らしい雰囲気を醸し出せること。アメカジファッションでも重宝されているシューズです。

今回は、マウンテンブーツの人気ブランドとコーディネートをご紹介します。アウトドアが好きな方や、新しい靴が欲しいけど何を買おうか迷っている方は必見です。

マウンテンブーツとは

%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%84%ef%bc%91

By: amazon.co.jp

マウンテンブーツとは登山をするための靴。別名、トレッキングブーツとも呼ばれています。足首を守れるような、ハイカット仕様。紐で締め上げてフィット感を調整できます。素材はレザーのものが多く、防水性・防寒性を表現。

マウンテンブーツとトレッキングブーツは、同義語のように扱われていると前述しました。しかし、厳密にマウンテンブーツは冬山用、トレッキングブーツは夏山用。クライマーは、シーズンごとに使い分けています。

近年は、セレクトショップでもマウンテンブーツの取り扱いを開始しています。

登山に向いてるの?

pexels-photo-200660

ここ数年、マウンテンブーツは、ファッションアイテムとして使われています。マウンテンブーツは登山に使えるデザイン。しかし、シーズンによって使い分けることが大切です。

また、人によってマウンテンブーツをどのように使うかも重要。機能性は少し劣りますがおしゃれなデザインのものを選んでもよし。アウトドアシーンのみで使う場合は、本格的なものをチョイスするのもよし。

マウンテンブーツのおすすめ人気メンズブランド
ダナー

ダナーは、アメリカで創設されたブーツブランド。マウンテンブーツのイメージが定着していますが、創業した1932年当初は、ワークブーツを製造していました。マウンテンブーツに取り組んだのは、第二次世界対戦後の1960年代。

当時バックパッカーが流行していたこともあり、耐久性があって疲れにくいダナーのマウンテンブーツは、瞬く間に注目されました。そして、ダナーは世界で初めて、ゴアテックス素材をブーツに採用。防水ブーツを初めて作ったのです。

ダナー(Danner) マウンテンライト ティンバー ブーツ

41hguyunvtl

商品価格 ¥ 33,800

ブラウンレザーを前面に使用した、オーソドックスなマウンテンブーツ。上に少しだけ飛び出たデザインがダナーらしく、シルバーパーツがアクセントです。ダナーブーツの中でも少し横幅が広いモデル。普段通りのサイズで履いても、少しゆとりがあります。

日本人は、元来足幅が広いと言われており、フィットしやすいです。また、ダナーブーツに採用しているレザーは、履けば履くほど味が出てくる素材。オイルで手入れしながら履いていけば、カッコイイ雰囲気を演出してくれます。マウンテンブーツの代表モデル。

マウンテンブーツのおすすめ人気メンズブランド
コロンビア

アメリカで絶大な人気を誇っているアウトドアブランド、コロンビア。ドイツからアメリカに移住してきた、ポール・ラムフロムが立ち上げました。帽子の販売からスタートし、1970年代にアウトドアアイテムの生産に着手。

その時に作られたのが、インターチェンジシステム。アウターとライナーを取り外せる機能のことです。これによって、コロンビアはアウトドアブランドとして、現在の人気を獲得したのです。

コロンビア(COLUMBIA) マウンテンブーツ メテオミッド オムニテック

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%ef%bc%92

商品価格 ¥ 14,904

レザーのマウンテンブーツではなく、スウェードとメッシュの2種類が使用されているのが特徴。レザーは使われていませんが、防水機能は備わっています。色も黒とグレーで、シックな雰囲気。どんなコーディネートにも合わせやすいです。

さらに、デザイン面だけでなく機能性も充実。ソールには2種類のものを使用し、長時間歩いても疲れない設計。シューズ内が熱気で蒸れないよう、透湿機能も備えています。

スマートなデザインと豪華すぎるほどの機能。コロンビアのマウンテンブーツを履いて、快適だと思わない方はいないでしょう。おすすめのマウンテンブーツです。

マウンテンブーツのおすすめ人気メンズブランド
キーン

近年、ファッションシーンで注目されているアウトドアブランド。編み上げのサンダルを見たことがある方も多いのではないでしょうか。2003年に設立され、ハイブリッドフットウェアというコンセプトを基に、おしゃれで履きやすいシューズを展開しています。

創設者はマーティン・キーン&ローリー・ファーストの2名。マーティン・キーンは数々のシューズブランドで活躍、ローリー・ファーストはアウトドアブランドの商品企画を手がけてきました。

そうして、今のおしゃれでアウトドアライクなキーンのシューズが存在します。

キーン(KEEN) トレッキングシューズ Pyrenees

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%ef%bc%94

商品価格 ¥ 20,623

これまでのマウンテンブーツに比べ、やや横幅を狭めに設定。スマートなシルエットで、洗練された雰囲気を醸し出しています。マットな質感のレザーは、コーディネートに合わせやすくおすすめ。

カジュアルなファッションなら、どんなものでもマッチすると言っても過言ではありません。ソールは、これまでのものと比べて厚みのあるものをチョイス。足元から水が入ってくる心配もなし。底面の凹凸によって、足元が悪い場所でもすんなり歩けます。

登山・ファッションの両方で活躍してくれる1足。

マウンテンブーツのおすすめ人気メンズブランド
ディッキーズ

アメリカのテキサスで誕生したディッキーズ。ワークパンツやオールインワンなど、ワークウェアを展開するブランドです。多くの有名人も衣装や私服として愛用。特に、チノパンは定番アイテムとして長年穿かれています。

また、同ブランドが生産するアイテムは、さまざまな業界の作業着として提供されています。また、スケートチームやピストバイクチームなど、多くのハイブランドとのコラボレーションも実施。

2012年には、日本初となるディッキーズショップ、ディッキーズ吉祥寺店がオープンしました。

ディッキーズ(Dickies) マウンテンブーツ ショートブーツ サイドゴア

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%ef%bc%93

商品価格 ¥ 7,452

ハイカットではないミドルカットで、サイドにゴムがついています。履きやすさに優れたマウンテンブーツ。その上、レザーではなくフェイクレザーを使い、軽量化にも成功しています。

全体はブラウンベースで、靴紐のグリーンがアクセントです。ビビッドカラーではなく、少し深みある色がポイント。カジュアル過ぎず、大人っぽいマウンテンブーツに仕上げられています。

そして最大の魅力は価格。履きやすくておしゃれな、ディッキーズのマウンテンブーツが、なんと8000円以下でゲットできます。お安くブーツをゲットしたいという方におすすめ。

マウンテンブーツのおすすめ人気メンズブランド
モンベル

モンベルは、関西初のアウトドアブランド。登山家である辰野勇氏が、ある冬の登山中凍傷になったことがきっかけ。その後、高機能で安全性あるアウトドアアイテムを開発することを決意し、1975年にモンベルを立ちあげました。

ブランドコンセプトはFunction is Beauty(機能美)とLight & Fast(軽量と迅速)。動きやすく、なおかつ美しいアウトドアイテムを追求しています。

現在、モンベルは日本だけでなく、アメリカ・スイスなど海外でも展開。アウトドアの本場でも人気を獲得しており、世界中で認知されています。

モンベル(mont-bell) ツオロミーブーツ

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%ef%bc%95

商品価格 ¥ 20,304

縦長でボリュームのあるマウンテンブーツ。随所がメッシュ素材で、蒸れる心配がなく通気性にも優れています。さらに、メッシュ素材と肌の間に、最高級の撥水素材ゴアテックスを使用。

二層構造なので、雨の日はもちろん、雪道でも歩けます。デザインは、ベージュ・ブラック・グレーの色合いで、渋い雰囲気を演出。白字のモンベルロゴがワンポイントですね。本格的なマウンテンブーツに仕上がっておりおすすめ。

アウトドア好きな方には、たまらないのではないでしょうか。

マウンテンブーツのおすすめ人気メンズブランド
タトラス

イタリアに拠点を置きポーランド・日本に展開しているブランド。in everywhere(どこにでも)がブランドコンセプトです。機能的で、洗練・唯一無二というテーマを持ったファッションを提案。

メインとなるデザイナーはおらず、デザインチームやフリーランスによって、ブランドのアイテムを生産。ダウンジャケットが有名で、世界的にも愛用者が多いです。イタリアブランドらしい、エレガントな雰囲気を持ったブランド。

タトラス(TATRAS) マウンテンブーツ

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%ef%bc%96

商品価格 ¥ 49,800

重厚感あるレザーを使い、柄ものの靴紐を合わせた、ファッショナブルな1足。その他、履き口やソール付近を別のレザーで切り替えています。細部までこだわったマウンテンブーツ。

ソールには凹凸があまりなく、長時間歩いても疲れない仕様です。シルエットも細身でフィット感を高めています。紹介したマウンテンブーツの中で、最もファッション性にこだわったデザインやパーツです。

シャツやジャケット、コートなどを使った、きれい目なアイテムを使った、大人カジュアルなコーディネートを作りたい時にぴったりです。

マウンテンブーツのメンズコーデ

シンプルにまとめたストリートコーデ

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%ef%bc%91

By: wear.jp

黒のスタジャンをメインに、カーゴパンツ・マウンテンブーツを合わせた、ストリートコーデ。インナーにシャツを着てシンプルにまとめ、ストリートスタイル特有の野暮ったさを払拭しています。

また、頭にかぶったニット帽がコーディネートのポイント。男らしいアイテムが多いので、柔らかい雰囲気の帽子で、優しいスタイルに変えられます。マウンテンブーツは、グリーンをチョイス。カーゴパンツやスタジャンと合わせやすいカラーです。

アウトドアスタイルを組み合わせで街着に落とし込む

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%ef%bc%92

By: wear.jp

マウンテンパーカーやマウンテンブーツ、大きなポケットのパンツなど。アウトドアなアイテムが目を引くスタイルを、街着に変化させたコーデ。インナーに着たカットソーから見える、チェック柄とハットがポイント。

チェック柄をインナーに挟むことでアメカジな要素を、ハットをかぶって上品な要素を加えます。2種類が加わったことで、街着として違和感をなくしました。アウトドアアイテムをおしゃれに見せるなら、ハット&チェックシャツを合わせるのが簡単ですよ。

アメカジライクなコーデはサイズ感でスマートに着こなす

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%ef%bc%93

By: wear.jp

チェック柄のシャツとスウェットパンツ、マウンテンブーツ、そしてパーカーで作ったアメカジライクなコーデ。本来、カジュアルなスタイルは日本人に似合いにくいもの。ここまでおしゃれに見えるのは、サイズ感が理由です。

トップをゆったりさせて、ボトムにタイトなものを穿き、スタイリッシュなシルエットに。Yラインシルエットと呼ばれるこのシルエットが、アメカジライクなコーディネートさえもおしゃれに見せる秘策です。

また、足元のマウンテンブーツの色を、ボトムの色と揃えています。Yラインシルエットを、さらに強調しました。

マウンテンブーツでフォーマルな部分を程よくカジュアルダウン

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%ef%bc%94

By: wear.jp

シックなカラーのジャケットやパンツで、フォーマルにコーディネート。そこにマウンテンブーツを合わせ、カッチリしたスタイルを程よくカジュアルダウン。デートに行く時、つい気合が入り過ぎてフォーマルに偏ると、相手は少し身構えてしまいます。

あくまで自然体なおしゃれが女性に好印象。このように足元をカジュアルにすれば、そんなナチュラルなおしゃれコーデに。カラーはシックな色でまとめておきましょう。統一感が出ます。