書籍を電子データにして取り込めるブックスキャナー。家の本棚にしまってある書籍や、読みたくても電子データとして販売されていない書籍をデータ化できます。

裁断しないでデータ化できるブックスキャナーもあり、メーカーや機種によってもその特色はさまざまです。今回は、おすすめのブックスキャナーをご紹介します。ぜひ参考にして、お気に入りの1台を見つけてください。

おすすめのブックスキャナー

Plustek OpticBook 4800

plustek-opticbook4800

商品価格 ¥ 54,800

読み取り速度が約3.6秒と高速でスキャンできるブックスキャナー。読み取り面の縁が細く設計されているので、本を解体して分解、裁断することなくスキャンできます。本を大切にしている方、そのまま保存しておきたい方におすすめです。

スキャン面に対して本や雑誌をダイレクトに押さえつけることで、きれいにスキャンデータを取得できます。3つのスキャンボタンを使用するだけのシンプルデザイン。ブックスキャナーを初めて使う方でも簡単に操作できるのでおすすめです。

エプソン(EPSON) A4フラットベッドスキャナー GT-S640

epson-gt-s640

商品価格 ¥ 39,800

エプソンの高機能モデルのブックスキャナーです。スキャンに加えコピー、メール送信、そしてPDF作成が可能。4つのナビボタンをワンプッシュするだけで、これらの作業をすぐに実行します。

また、よく使う機能をボタンに登録しておくだけで、作業がよりスピーディに。高性能CCD搭載で解像度4800dpiまで対応。書籍内の文字だけでなく、写真などの画像データも美しく再現するので、データの読み込みが楽しくなります。

家庭からビジネスまで、さまざまなシチュエーションで大活躍のブックスキャナー。

富士通(FUJITSU) ScanSnap iX500 FI-IX500A

fujitsu-ix-500-1

商品価格 ¥ 41,472

ハイスペックのブックスキャナー。コンピューターやモバイル機器からWi-Fi経由で接続可能です。ケーブルレスで通信できるので、部屋の景観を損なうこともありません。1分間に25枚、50ページ分の読み取りが可能です。

静音設計のため、原稿の読み取り音がさほど気になりません。また、ブレーキローラーが付いており、原稿が1枚ずつ簡単に取り出せるのも特徴。ユーザーの多いオフィスでも、配線不要で配置ができるので、ビジネス使用にもおすすめの1台です。

富士通(FUJITSU) ScanSnap SV600 FI-SV600A

fujitsu-fi-sv600a

商品価格 ¥ 49,391

オーバーヘッド方式で読み取るブックスキャナー。最大A3サイズまでスキャンできます。新聞や雑誌の見開きといった大きなサイズの原稿も、自由自在に読み取れますよ。絵画などの大切な原稿も、傷めずに読み取れるので大変便利です。

離れた位置からでも、高画質でデータの読み取りが可能。家庭でもオフィスでも、幅広く使用できるおすすめの1台です。

キャノン(Canon) フラッドベッドスキャナー CanoScan LiDE210

canon-lide210

商品価格 ¥ 13,433

コンセント不要のブックスキャナー。USBバスパワー対応の省電力設計モデルです。USBケーブルをパソコンと接続すれば、電源供給とスキャンが同時に可能。

本体がスリムなので、必要な時に取り出して使えます。解像力に優れ、感度の向上やノイズの低減を実現。ノートパソコンと組み合わせてのモバイル使用も可能です。携帯しやすく、ビジネスシーンにも適したおすすめのブックスキャナー。