会議やセミナーやイベントなどで大活躍してくれるプロジェクター。最近では自宅にスクリーンを置いてプロジェクターを使う人も多くなりましたよね。そこで今回ご紹介するのがiPhoneからでも使えるWi-Fi対応のプロジェクターです。Wi-Fi対応をしているから邪魔なコードなしに簡単にiPhoneとプロジェクターを接続できてとっても便利。また、最近のプロジェクターはコンパクトなので持ち運びも楽チンですよ。

ヴィヴィテック(VIVITEK) LEDプロジェクター QUMI ブラック Q7Plus-BK

014-1

3D視聴が可能なWi-Fi対応のプロジェクターならヴィヴィテックのQ7Plus-BKです。このプロジェクターはブルーレイ3D機能を搭載しているので専用のメガネを掛ければ3D映像が楽しめるプロジェクターなんです。また輝度が1000ルーメンもあるので明るい部屋でも鮮明な映像な映像が見られるWi-Fi対応のプロジェクターです。

ヴィヴィテック(VIVITEK) LED モバイルプロジェクター QUMI ブルーQ5-R

014-2

コンパクトなWi-Fi対応のプロジェクターなら上記のヴィヴィテックのQ7Plus-BKを小さくしたQ5-Rです。このプロジェクターは輝度が500ルーメンですがサイズも重量もQ7Plus-BKをコンパクトで軽量化にしたプロジェクターなんですよね。また、カラーを5色から選べるのでオシャレにプロジェクターを持ちたい人にもオススメですね。

オリエント・エンタプライズ epicoモバイルプロジェクター Wi-Fi&HDMI接続 PJ214A

014-3

持ち運びが楽な世界最小クラスのWi-Fi対応のプロジェクターならオリエント・エンタプライズのepicoモバイルプロジェクターです。このプロジェクターはモバイルタイプなので、持ち運びに便利で自宅やオフィスで簡単にプロジェクターを使えてしまうんです。輝度は50ルーメンですが完全デジタル処理のDLPを採用しているので投影してもキレイに映ります。

Andoer ミニ DLP LEDプロジェクター

014-4

ビジネスマンや個人で使えるWi-Fi対応の携帯式のプロジェクターならAndoerのLEDプロジェクターです。このプロジェクターはカラーの再現性などがよいDLPプロジェクターなのでとてもキレイにスクリーンに映し出してくれます。また当然ですがアンドロイド4.2やスマートフォン、iPhoneなどでも使えるのでビジネスから娯楽までこれ1台で楽しめますね。

AIPTEK ワイヤレス DLP プロジェクター Pocket Cinema A100W

014-5

手の平サイズなのに高輝度なWi-Fi対応のプロジェクターならAIPTEKのPocket Cinema A100Wです。このプロジェクターは手の平サイズのコンパクト設計なのに最高輝度120ルーメン。このクラスでは高性能なDLPプロジェクターなんですよね。このWi-Fi対応のプロジェクターなら旅行先やキャンプなどのレジャーで簡単に持って行そうなので便利ですね。

Koolertron ミニプロジェクター

014-6

スマートフォン感覚で持ち運べて便利なWi-Fi対応のプロジェクターならKoolertronのミニプロジェクターです。このプロジェクターは持ち運びには便利なサイズなのに最長で2時間から3時間も投影できるバッテリーを装備しています。野外で大活躍してくれそうなプロジェクターですね。重さはなんとミニペットボトル並の277gなのでカバンに入れても重さを感じないWi-Fi対応のプロジェクターです。

Andoer ブラック 高輝度3200ルーメン LED プロジェクター

014-7

Wi-Fi対応のプロジェクターは輝度が重要と思っている人にはAndoerの高輝度3200ルーメンLEDプロジェクターです。このプロジェクターはWi-Fi対応の中では最高クラスの高輝度3200ルーメンなので、輝度を重視している人にぜひオススメしたいです。また、Wi-Fi対応だけでなくS-videoやUSBなどいろいろなインタフェースに対応しているのもこのWi-Fi対応のプロジェクターをオススメできるポイントです。