コーヒー好きの方は多いですが、自分で煎り豆を買ってきて、挽いてドリップする方は少ないのではないでしょうか。コーヒーは挽き具合やドリップの仕方で味が変わるので、カフェで飲むコーヒーとは一味違った奥深さを楽しめます。自分流が一通り見えてくると、今度は豆の煎り具合に興味がでてくるもの。今回は自宅で本格派コーヒーを楽しみたい方のために、家庭用の焙煎機についてまとめてみました。そろそろ自家焙煎に挑戦してみようと思っている方も必見です。

ダイニチ コーヒー豆焙煎機 カフェプロ MR-101

cmo_mr-101
ダイニチは、珈琲店などプロユースの焙煎機メーカーです。こちらのMR-101もプロ仕様ですが、100V電源で動く小型機なので、ご家庭でも使えるモデル。上下にヒーターがあるダブル焙煎方式で、ムラ無くしっかり深煎りまで対応してくれます。焙煎度合いも12段階に調整できるのも魅力の一つです。届いたその日からプロの焙煎士のような仕上がりが楽しめます。

i-coffee コーヒービーンズロースター S-100CR

41j3vllVrmL
コンパクト設計ながら本格派のロースターです。1番の売りは、アフターバーナー搭載で煙が出ないことです。さらに、旧モデル(N-901CR)には無かった火力調節機能が新たに搭載され、お好みの焙煎度合が選べるようになりました。プレヒート(余熱)機能付きで、煎りムラがおきにくい構造も嬉しいです。

ジェネシス(Genesis)コーヒーロースター Gene Cafe ジェネカフェ CBR-101A

31a60y7MOhL
このジェネカフェ、他にはない機構をもっています。それは、“3D回転方式”です。最大250gの豆をきれいにかき回し、ムラ無く見事に焙煎してくれます。なんと、焙煎温度は60から250度まで1度刻み、焙煎時間は6秒から30分まで6秒刻みで調整可能。あなたのお好みの仕上がりに仕立ててくれます。

プレッソ(PRESSO) スマートロースター MASON-800

51qsLwMyWsL
代表的な10銘柄のおすすめ設定がメモリーされていますので、おまかせでよければボタン1つで仕上がります。さらにご自分のお好みに合わせて微調整して、設定をメモリーすることも可能。お気に入りの設定もボタン1つです。熱ダレに強く連続焙煎が可能なので、水便含有量の多い生豆でもしっかり焼き上げます。

ネスコ(Nesco) コーヒーロースター Home Coffee Roaster

315r3wyXQWL
特許取得の触媒技術で煙と匂いを分解してくれるので、ご家庭でも気兼ねなく使えます。デジタル制御システムにより、ボタン1つで最適な焙煎、冷却まで自動で行ってくれます。120V仕様なので、100Vへの変圧器が必要です。

小型コーヒーロースター 焙煎機

51AXJ2FhuBL
こちらも海外製品ですが、日本でもそのまま使えます(変換プラグ付)。600g対応の業務用ですが、コンパクトですのでご家庭でも使えます。ただし、“煎る”だけを追求したシンプル機能なので、試行錯誤が必要かもしれませんが、納得の仕上がりになった時は味わったことのない達成感を得られるでしょう。

遠藤商事 ステンレス木柄 丸型ギンナン煎りBGV08

61+rWMGx8kL._SL1000_
ちょっと番外的な扱いですが、こちらもまた技量次第で素晴らしい焙煎機になります。正直、ご家庭のコンロでは、コーヒー豆の焙煎には熱不足です。量を少なめにして、アナログな方法で小刻みに振りながら、挑戦してみるのもまた良いかもしれません。

i-coffee コーヒークーラー C500/珈琲豆冷却器

51s3PC4YyXL
ご存知ですか? 焙煎した豆って、すぐに冷やさないとどんどん自己焙煎が進んでしまいます。すぐに冷却することが大切なんです。ご紹介した焙煎機とクーラーを併用することをおすすめします。