若いメンズから大人メンズまで、幅広い年齢層に着用されているピーコート。カジュアルとフォーマルのバランスが絶妙で、さまざまなファッションに合わせられるのが便利です。今回は、そんなピーコートのおすすめブランドと着こなしを紹介。

スーツに合わせられるものとカジュアルに着こなせるものを分けて、おすすめブランドをピックアップしました。皆さんの用途によって、気になるピーコートをチェックしてください。

ピーコートとは

p17

By: amazon.co.jp

ピーコートは、イギリス海軍の艦上用コートとして誕生したアウター。ショート丈で前打ち合わせは2列のダブルブレスト、いかりマークのデザインがあしらわれた大きなボタンが特徴です。

ピーコートの語源は、オランダ語のピー・エッケル(粗い毛織り物の上着)。別名ピー・ジャケットやパイロット・ジャケットとも呼ばれています。

スーツに合わせられるおすすめピーコートブランド
ブラックバレット バイ ニール・バレット

イギリスのラグジュアリーブランド「ニールバレット」が、日本のアパレルメーカーと契約して展開しているブランド。ニールバレットのデザインを受け継ぎつつ、若い男性でも買えるリーズナブルな値段で販売しています。

ブラックバレット バイ ニール・バレット(BLACKBARRETT by Neil Barrett) WINTER COATING PEACOAT

p9

商品価格 ¥ 50,065

きれいなスクエアシルエットで、ウールではなくコーデュロイの襟がポイント。襟の近くにボタンをつけているのも、ユーモアな部分と言えます。また、Vゾーンがきれいなため、ネクタイとシャツがキリッと見えるのもこのピーコートの特徴の1つ。

開けたままにせず、きっちり閉めて着るのがおすすめです。

スーツに合わせられるおすすめピーコートブランド
ショット

1913年、ニューヨークにてアーヴィンとジョンのショット兄弟が設立したブランド。1979年に世界で初めて、ファスナーで開閉するライダースジャケットを開発しました。以降ショット=ライダースジャケットのイメージが定着。

現在はそれに加えて、アメカジアイテムも生産しています。

ショット(Schott) 753US 24oz ピーコート

p10

商品価格 ¥ 42,120

オーソドックスなデザインのピーコート。身頃・腕周り全てにおいて、スリムに仕上げられています。着丈も短いため、ロング丈インナーと合わせるのはおすすめできません。

ナチュラルな丈感のインナーに、ルーズなシルエットのパンツを合わせ、足先から首に向かって細くなるAラインコーデを作るのがベストです。

スーツに合わせられるおすすめピーコートブランド
マッキントッシュ

ビジネスマンの毎日を支えるマッキントッシュは、イギリスで最も有名なコートブランドと言えるでしょう。1823年、生地の間に天然ゴムを塗ったマッキントッシュクロスを開発。完全防水に成功し、この革命的な生地は多くのブランドに影響を与えました。

マッキントッシュ(MACKINTOSH) WOOL MELTON P-COAT

610MXgbn2WL._UL1500_

商品価格 ¥ 88,560

ピーコートの特徴である襟がなく、ステンカラーコートとミックスされたようなデザイン。素材にはウールとカシミアが使用されており、暖かいだけでなく軽量化にも成功しています。

ビジネスシーンでは、コートを着たまま腕を動かすこともありますよね。柔らかいカシミアのような素材が含まれていると、便利でおすすめ。

スーツに合わせられるおすすめピーコートブランド
ナイジェルケーボン

イギリスと日本で生産しているナイジェルケーボン。デザイナーのナイジェル・ケーボンは、ビンテージウェアコレクターとしても有名です。ブランドのファッションにも、それが落とし込まれています。また、イギリスと日本、それぞれにしかない素材を用いているのも特徴。

ナイジェルケーボン(NIGEL CABOURN) MILITARY P-COAT

41b7BfnKkTL

商品価格 ¥ 82,080

マッキントッシュのピーコートと似ていますが、袖のベルトや、レザーが男らしさを演出しています。本来のピーコートが持っていたミリタリーの要素が強く、フォーマルなスーツスタイルにもおすすめ。

まさに、ビンテージウェアコレクターのナイジェル・ケーボンにしかできないデザインです。

スーツに合わせられるおすすめピーコートブランド
カルバンクライン

アメリカ発で日本でも馴染み深いカルバンクライン。1968年に設立され、ファッションやアクセサリー、フレグランスなど幅広いアイテムを展開しているブランドです。シンプルなアメリカントラディショナルをベースに、機能的で洗練されたファッションを提案。

カルバンクライン(Calvin Klein) Medwinダブルブレストピーコート

p12

商品価格 ¥ 41,000

着丈が少し長めに設定されているミドルレングスのピーコートです。普通のピーコートよりもさらにフォーマルな雰囲気を醸し出しています。ライトグレーという色も使いやすく、黒やネイビー、チャコールグレーなど定番カラーのスーツとも相性抜群でおすすめ。

全て1色でまとめたビジネススタイルに比べ、少し小慣れて見えます。

スーツに合わせられるおすすめピーコートブランド
モンクレール ガムブルー

フランスのラグジュアリーブランド・モンクレールが、アメリカの名デザイナーであるトムブラウンを迎えて立ち上げたブランド。モンクレールが持つ高機能な素材に、トムブラウンのトラディショナルなデザインをバランスよく融合しています。

モンクレール ガムブルー(MONCLER GAMMEBLEU) ジュポットダウンピーコート

p14

商品価格 ¥ 156,600

カジュアルなナイロン素材を用いたピーコート。真ん中の金ボタンでエレガントさを引き出しており、ビジネスシーンにも対応できるようにデザインされています。さらに、こちらのコートは内側にダウン素材を使用しており、外だけでなく内側からも暖かくしてくれる仕様です。

スーツに合わせられるおすすめピーコートブランド
スコッチアンドソーダ

オランダでスタートしたカジュアルブランド。ベッカムやブラッドピットなど、セレブ御用達で有名です。ベーシックなデザインがメイン。しかし、アメカジとは少し違う可愛らしい雰囲気をまとったアイテムが販売され、世界中で多くの人気を獲得しています。

スコッチアンドソーダ(SCOTCH&SODA) ピーコート

p15

商品価格 ¥ 38,880

現代のピーコートではなく、イギリス海軍用として使われていたものがモチーフ。両脇にある縦ポケットと袖のベルトがその証拠です。両脇の縦ポケットは手を温めるためのもの。そして、その下のポケットは収納用として使われていたと言われています。

デザインではなく、機能面を重視したいビジネスマンに、おすすめのピーコートです。

スーツに合わせられるおすすめピーコートブランド
テッドベーカー

ロンドン発祥のテッドベーカーは、フォーマルアイテムをメインに展開しています。メンズ・レディース共に生産。コレクションラインによって、フォーマルウェアを細かく分けているのが特徴です。気品溢れる紳士のためのブランドと言えるでしょう。

テッドベーカー(ted baker) watts checked double-breasted wool-blend coat

p16

商品価格 ¥ 57,800

グレーベースのチェック柄は、イギリスファッションの歴史で長きに渡って受け継がれています。英国紳士には欠かせないものと言っても過言ではありません。そんな柄を使ったピーコートは、着丈がやや長めで上品で大人な男性を演出。

社会人1年目で、大人の階段を上り始めたビジネスマンにおすすめしたいアイテムです。

カジュアルに着こなせるおすすめピーコートブランド
フレッドペリー

1952年、テニスブランドとしてスタート。創業者のフレッドペリーは元々テニスプレイヤーで、引退後に自身のブランドを立ち上げました。テニスブランドらしいスポーティーな機能性に、スマートなシルエットを加えたスタイリッシュなデザインが特徴です。

フレッドペリー(FRED PERRY) Pea Coat

p1

商品価格 ¥ 24,300

一見シンプルなピーコート。しかし、実はフレッドペリーのピーコートには、こだわりあるデザインが満載です。左腕のワッペンをはじめ、裏地には赤と緑のタータンチェックを採用。さらに、襟部分にもボタンがつけられており、襟を立てても着こなせます。

伝統的なロンドンのファッションカルチャーが詰め込まれたピーコートです。

カジュアルに着こなせるおすすめピーコートブランド
ジースターロウ

オランダの首都アムステルダムでスタートしたカジュアルブランド。デニムが代表的なアイテムです。それまでアメリカがメインだったデニム業界に、ヨーロピアンジーンズという新たな分野を創出。先駆者的存在で、発売当時デニムマーケットに衝撃を与えました。

ジースターロウ(g-star raw) ウールピーコート

p2

商品価格 ¥ 30,922

襟の形が一般的なピーコートよりも大きく、丈感も少し長めのミドル丈に設定されているのが特徴。大きな襟は小顔に見せてくれる効果もあります。また、ボタンも糸ではなく布テープで縫いつけています。シルエットやデザインではなく、パーツで変化をつけている、おすすめのピーコートです。

カジュアルに着こなせるおすすめピーコートブランド
ビームス

人気セレクトショップ・ビームスが展開するオリジナルブランド。BASIC&EXCITINGをコンセプトに、アメリカファッションを取り入れたアイテムを提案しています。近年は、アメリカのショップでも取り扱いを始めました。

ビームス(BEAMS) メルトンPコート

p3

商品価格 ¥ 16,038

他のウール素材よりも厚みがあるメルトンウールで作られたピーコート。保温性は抜群です。その代わり、メルトンウールには重たさがあるので、インナーに厚手のニットやパーカーを合わせるのはおすすめしません。

グレーに白みがかった霜降りデザインが秋冬らしくて魅力的。トレンドに左右されず、毎シーズン着ることのできる定番アウターとしておすすめ。

カジュアルに着こなせるおすすめピーコートブランド
ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ

大人なファッションを提案するユナイテッドアローズが、カジュアルウェアをメインにしたスタートしたブランド。日常に使えるスタンダードなファッションや生活雑貨など、ジャンルに捉われない幅広いアイテムを販売しています。

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS) LODEN ショートPコート

p4

商品価格 ¥ 20,999

デザイン自体はベーシックですが、このピーコートのサイズ感には注目です。ボタンを開けた時もきれいなシルエットに見える工夫がされています。第一ボタンの部分でキュッと絞って、また開いていくXのようなシルエット。

まさに、羽織るだけでおしゃれに見せられるアウターです。

カジュアルに着こなせるおすすめピーコートブランド
アールニューボールド

イギリスのハイブランド、ポールスミスがディレクションしているメンズオンリーのブランド。現代の洋服作りで使われている道具を、最初に取り入れたことで有名です。業界に大きく貢献しました。2016年にブランド展開が終了しただけに、これから価値がより高まります。

アールニューボールド(R.NEWBOLD) 中綿入りメルトンウールピーコート

518P4gDE8rL

商品価格 ¥ 19,800

ブルーのトーン違いでチェック柄を描いており、カジュアル要素MAXです。スラックスやシャツ・ニットなど、きれい目なアイテムと組み合わせるのがピーコートの定番。しかし、このピーコートならばデニムやパーカーとも合わせられます。

ビジネス用コートはすでに持っていて、プライベート用にもピーコートが欲しいという方におすすめ。

カジュアルに着こなせるおすすめピーコートブランド
デニム&サプライ ラルフローレン

アイビーファッション生みの親、ラルフローレンからデビューしたデニム&サプライ ラルフローレン。若者に向けて提案しているブランドです。デニムやミリタリーといったカジュアルファッションがメインで、今までのラルフローレンでは見られない新しいスタイルが魅力。

デニム&サプライ ラルフローレン(Denim&Supply Ralph Lauren) クラシックウールPコート

p6

商品価格 ¥ 24,990

身幅・着丈がゆったり目のオーバーサイズなピーコート。ルーズに着こなせるデザインがトレンドに乗っています。その上、襟が大きいため小顔効果まで。体型が気になる方でも、オーバーサイズのピーコートならスッキリ着こなせるでしょう。

カジュアルに着こなせるおすすめピーコートブランド
アメリカンイーグル

1977年、アメリカのピッツバーグで誕生したアメカジブランド。デニムやTシャツ、パーカーが人気アイテムです。現在のアメカジブランドのようなシンプルなデザインではなく、プリントや加工といった昔ながらのアメリカンデザインにこだわっているのが特徴です。

アメリカンイーグル(AMERICAN EAGLE) AEOウールピーコート

p7

商品価格 ¥ 29,900

非常にベーシックなデザインのピーコートです。シルエットや着丈、パーツデザインの全てがシンプル。それがまた使いやすく、多くの人が確実に着こなせます。ネイビーなので、黒のように重厚感もなければグレーのようにライトでもなく使い勝手がいいです。

合わせやすさと着やすさが最もおすすめのポイントです。

カジュアルに着こなせるおすすめピーコートブランド
トップサイダー

デッキシューズを世界で初めて作り出したブランド。創業者のポールスペリーは元船員。マリンルックというファッションジャンルがありますが、その先駆け的存在がトップサイダーです。

トップサイダー(TOP SIDER) ピーコート

p8

商品価格 ¥ 10,692

マリンファッションのパイオニアであるトップサイダー。こちらのピーコートは、ショート丈でスクエアシルエットです。四角いシルエットで無骨に見せ、ミリタリーな雰囲気を演出しています。

また、ボタンにはイカリマークを刻印。ブランドの象徴であるマリンテイストをしっかりとアピールしています。ボーダーニットやカーゴパンツなど、他のマリンアイテムとも相性抜群でおすすめ。

ピーコートのメンズコーデ

大人の余裕感じるエレガントなピーコートスタイル

コーデ1

By: wear.jp

トップ・ボトムをダークトーンにまとめたスタイル。赤のマフラーとローファーで、エレガントな要素をプラスしています。ピーコートはオーソドックスなネイビーをチョイス。

マフラーとのコントラストによりエレガントさを強調。シンプルなコーディネートですが、組み合わせる色によって漂わせたい雰囲気がしっかり醸し出されています。

ルーズなサイズ感と色合いで魅せるシックカジュアル

コーデ2

By: wear.jp

ピーコート、ボトム共にルーズなサイズ感で、ストリートライクなカジュアルコーデ。しかし、グレーやブラックといったシックなカラーを用いて、全体を引き締めています。

さらに、インナーのネイビースウェットと白のカットソーは、コーディネートのアクセントとして活躍。トレンド感を盛り込んだ今風ピーコートスタイルと言えるでしょう。

ピーコート以外のアイテムでおしゃれ度合いをアップ

コーデ3

By: wear.jp

ピーコート自体はオーソドックスなグレーのものを着用。それ以外を遊び心あるアイテムでコーディネートしています。インナーに合わせたニットの首元がおしゃれ度をアップ。赤色のニットキャップは、そんなコーディネートの差し色として効いていますね。

小慣れたファッションに見えるシティーボーイコーデ

コーデ4

By: wear.jp

キャメルのピーコートは初心者におすすめ。冬のカジュアルコーデには使いやすく、さまざまなアイテムと合わせやすいです。デニムやスニーカー、キャップと合わせると小慣れたコーディネートに見え、都会的な雰囲気を演出できます。

デニムの腰にウォレットチェーンをつけているのもおすすめポイントです。

女子受け抜群色合いで作り出すおすすめモテコーデ

コーデ5

By: wear.jp

ブルー系のロング丈ピーコートと白のニットの組み合わせ。絶対におしゃれと言われる鉄板カラーです。そこに、きれい目のベージュカラーパンツを合わせ、上品なカジュアルスタイルに仕上げています。

また、こちらのスタイルは女性からも好印象。デートに行く時のコーデとしてもおすすめです。

ピーコートの選び方

p18

By: amazon.co.jp

ピーコートを購入する際に、まずチェックして欲しいのが袖です。身頃はゆとりをもって作られていますが、ピーコートの袖はかなりタイト。そのため、身体部分はは入っても袖は入らない、というパターンが多々あります。

自分の袖周りを知っておき、表記されている数字と合わせましょう。