スマホのカメラの性能が向上し、いまさら別でデジタルカメラなんて持たなくてもいいんじゃない? と思っていませんか。性能が向上しているのは何もスマホだけじゃないんです! スマホの普及でデジカメの売れ行きは右肩下がりですが、実は高級コンデジの市場は伸びてきているのです。スマホでは物足りないと思ってしまうほど綺麗に撮れる快感をぜひ味わってください。今回はメーカー別に厳選しておすすめの高級コンデジをご紹介します。

キヤノン(Canon) Power Shot G7X

619xp-faavL._SL1024_
明るいレンズを搭載したこのモデル。レンズが明るいと背景をボカしたりしやすく、簡単にプロが撮ったような写真を撮ることができます。さらに、1型の大型センサーを搭載し、明るいレンズと相まって夜景などの暗いところの撮影にとても強いのが特徴です。カメラメーカーの老舗のキヤノンが本気で作った高級コンデジと言っても過言ではないでしょう。

ニコン(Nikon) P340

619xp-faavL._SL1024_
こちらも明るいレンズを搭載したモデル。背景をボカすことだけでなく、マクロ撮影で花や虫などの小さなものでも綺麗に撮ることができます。さらにWi-Fi対応ですので、撮った写真をスマホやタブレットに送信できるのです。友人や家族と旅行などの出先で撮った写真をすぐにシェアできるのが嬉しいですね。

ソニー(SONY) DSC-RX100M3

61DLUsi1h8L._SL1200_
高級コンデジブームの火付け役となったソニーのカメラ。キヤノンと同様大型1型センサー搭載、明るいレンズ、それに加えて電子ビューファインダーまでも搭載。電子ビューファインダーを覗いて写真を撮ることで手振れしにくく、構図を決めやすいといったメリットがあります。少し値段は高いですが、2015年に発売された後継機のRX100M4もオススメです。

オリンパス(OLYMPUS) STYLUS-1S

91wfk-HTB8L._SL1500_
明るいレンズでさらに望遠も搭載したこのモデル。マクロ撮影もでき、遠くのものから近くのものまで撮影できる何でも屋みたいなこのカメラ。旅行などに持っていくとどんなものでも撮れちゃうから重宝すること間違いなし。

パナソニック(Panasonic) DMC-LX100

91CzPRTidjL._SL1500_
ドイツの老舗カメラメーカーであるライカの明るいレンズを搭載したこのモデル。写真の写りの綺麗さだけではなく、動画も綺麗に撮れる4K対応。さらに4K動画から写真を切り出せる機能もついているので、動画で撮った一瞬の出来事も写真として記録することができるすぐれもの。

富士フイルム(FUJIFILM) FX-X30

91ZfDhtU5oL._SL1500_
老舗フィルムメーカーのカメラとして実現した「フィルムシミュレーション」という機能が特徴。フィルムの特徴を活かした写真の加工をすることによって、何気なく撮った写真もどこか味のある写真に仕上げることができ、写真のおもしろさを教えてくれる1台。

カシオ(CASIO) EX-FC500S

81v4eeheTAL._SL1381_
カシオのハイスピードカメラ。今まで紹介したカメラとは少し趣向が異なりますが、スロー動画を撮ったり、ゴルフのスウィングチェックができたりするなど、面白い機能満載です。石川遼プロのお手本スウィングを収録しているなどゴルファーに特化したカメラといえます。