USBケーブルはスマホが登場してから爆発的に種類が増えました。元々はデータ転送を行うためだけのケーブルでしたが、現在その役割は大きく変わってきています。

特に大きく変わったのは、最大電流容量が0.5Aから2Aに対応できるケーブルの登場。そのうえ、日本ではスマホユーザーの割合がiPhoneとAndroidで2極化していることもあり、中にはそのどちらにも対応できる便利なアイテムまでリリースされています。そこで今回は、データ転送ができるおすすめのUSBケーブルをご紹介します。

スマホ用USBケーブルの種類

スマホ用のUSBケーブルはコネクター部分の形状の違いから大きく3種類に分かれているのが現状で、AndroidやWindows用はmicroBないしType-C、iOS用はLightningケーブルが対応しています。なお、これらに互換性はないので購入する際は注意しましょう。

Android・Windows用ケーブル

By: amazon.co.jp

現在発売されているAndroidとWindows搭載のスマホのコネクター形状のほとんどは「microB」です。そのため、同規格のUSBケーブルが数多くリリースされています。タブレットや携帯型Wi-Fiルータなど、その他の多くのデジタル機器も同ケーブルを採用しているため、microBタイプのUSBケーブルを1本持っていれば、さまざまなデバイスに対応できます。

USB Type-Cケーブルは、次世代の転送規格に対応したコネクターです。まだ採用されているスマホは少ないですが、大容量データと大電力を供給できるため、今後の主流になることが予測されます。また、近年はAppleのMacbookにType-Cが採用されるなど、今後ますますニーズが高まる規格として注目されています。

iOS用ケーブル

By: apple.com

Lightning端子はアップル社の独自規格で、iPhoneをはじめとするiOS機の専用ケーブルです。挿し込み口が上下左右対称なデザインで、どちらの向きでも挿し込めるのが特長。iPadなどにも対応しています。

充電できるケーブルとできないケーブルの見分け方

iOS用のLightningケーブルのうち、非純正製品の一部にはデータ転送専用のモノがあります。これは文字通り充電はできませんが、外見には大きな違いがないので、パッケージをよく確認してから購入する必要があります。なお、アップル純正のLightningケーブルは、すべて充電もデータ転送も可能です。

AndroidやWindows用のUSBケーブルには充電専用ケーブルはありますが、データ転送しかできないケーブルはありません。ただし、中には電流容量が古い規格と変わらない0.5A以下のケーブルも存在します。これではスマホをフル充電するのに非常に時間がかかってしまうので、充電を目的でUSBケーブルを購入する際は、最大電流容量を確認しましょう。

スマホ用USBケーブルのおすすめ

バッファロー(BUFFALO) USB2.0ケーブル スリムタイプ BSMPC12U12

商品価格 ¥ 426

スマホケースを利用していると、挿し込み口でケースのフチが邪魔になって、USBケーブルを挿しにくいことがあります。本製品はスマホ側のコネクター部分の厚みが4ミリに抑えられているので、スマホケースを利用していても干渉しづらい点がメリットです。ケーブル部分の直径は1.8mmと細く柔らかい素材を採用。長さは1.2mですが、使い勝手良好なアイテムです。

エレコム(ELECOM) マイクロUSBケーブル MPA-AMB015

商品価格 ¥ 260

充電とデータ転送が可能なUSBケーブル。USB2.0規格なのでスマホが対応していれば、高速データ転送が可能なうえ充電も素早く行えます。

ケーブルの部分には2重シールドを採用し、外部ノイズの干渉から信号を保護。また、サビや信号劣化の心配が少ない金メッキピンを採用しているので、大切なデータを扱う仕事での利用でも安心です。

アンカー(ANKER) PowerLine Micro USB ケーブル A8132011

商品価格 ¥ 699

モバイルバッテリーのメーカーとして定評のある「アンカー」のUSBケーブル。ケブラー繊維という素材を採用したケーブルは断線に強く、数千回以上の折り曲げにも耐えうるタフさが特長です。ケーブルの長さが最長3mのタイプも用意されていて、端末の場所の制限がなく利用できます。

厚いワイヤーの採用とケーブル内の抵抗を低減しているため、どのUSB充電器に対しても最適な充電スピードを確保。データ転送も高速化で、容量の大きなファイルでもしっかり対応できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 極細マイクロUSBケーブル KU-SLAMCB10

商品価格 ¥ 466

外径が2.5mmのケーブルとコンパクトなコネクターを採用した、扱いやすいUSBケーブル。内部を樹脂モールドで固め、さらに全面にシールド処理を施しています。そのため、外部からの干渉を防ぎ、耐久性にも優れているのが特長です。

USB2.0規格なので、対応機種との高速データ転送が可能。また、コネクター部分に金メッキ処理を施しているためサビにも強く、経年変化による信号劣化の心配がありません。

Zeuste Micro USB充電ケーブル

商品価格 ¥ 599

ケーブル部分に弾性と耐熱性を兼ね備えた「TPE」という素材を採用したUSBケーブル。一般的な塩化ビニルケーブルより丈夫なため、断線しにくく耐久性があります。なお、一般的にUSBケーブルの根元部分は経年劣化しやすいですが、断線防止の強度設計もポイントです。

ケーブルの長さは1・2・3mと種類が分かれ、ユーザーの好みに合わせて選択が可能。ケーブルが柔らかいため、3mの長さがあっても自由度が高いのもおすすめポイントです。

エレコム(ELECOM) マイクロUSBケーブル MPA-AMBC01WH

商品価格 ¥ 229

エレコムの充電専用USBケーブル。スマホをパソコンに接続した際に、煩わしいポップアップが出現せずにそのまま充電できます。シンプルに充電だけできればよいという方におすすめです。

ケーブルの長さは最短10cmから選べるのもポイント。また、コネクター部分に金メッキピンを採用しているので、サビなどに強く劣化しにくいのがメリットです。

オウルテック(Owltech) microUSB充電&データ転送用ストロングケーブル OWL-CBJD3SMU

商品価格 ¥ 720

ケーブルの表面をナイロンメッシュで覆うことで耐久性を向上したUSBケーブルです。その強度は3kgの引っ張りテストにも合格したほど。なお、2年間の長期保証もあるので、タフユーザーの方におすすめです。耐久性はもちろん、2.4Aの出力にも対応。データ転送を行いながらの急速充電も対応します。

エレコム(ELECOM) マイクロUSBケーブル MPA-AMBS2U08RD

商品価格 ¥ 688

コネクター部分が台形になっており、抜き挿しがしやすいUSBケーブル。断線しやすいとされる根元部分がコネクターと一体化しているので、耐久性も向上しています。

USB2.0規格に準拠しており、高速データ転送も可能。接続部分に金メッキピンを採用しているので、サビなどに強く信号劣化を抑制します。難燃性素材を採用することで高い安全性を確保しているのも魅力です。

Ugreen USB ケーブル Micro USB 2.0

商品価格 ¥ 499

ケーブルの根元部分がコネクターと一体化しており、故障のリスクを軽減したUSBケーブル。線材や導体の素材には高純度の銅を採用し、低い電気抵抗と高い安全性が特長です。また、コネクター部分は耐熱端子を使用。安定したデータ転送ができて、仕事での使用にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) マイクロUSBケーブル MPA-AMBIRL07BK

商品価格 ¥ 680

巻き取り式でコンパクトに持ち運べて絡みにくいUSBケーブル。調節可能なストッパー機構を採用し、最大70cmまで4段階からお好みの長さで使用できます。

コネクターには金メッキピンを採用し、サビや信号劣化の心配がありません。USB2.0に準拠しているので、高速データ転送にも対応。スマートに持ち運びできる、おすすめ製品です。

オウルテック(Owltech) Lightning変換アダプタ付きmicroUSBケーブル

商品価格 ¥ 1,620

Lightning変換コネクター付きのUSBケーブル。iPhoneとAndroid端末のどちらにも対応できるアイテムです。ケーブルは巻き取り式なので、使わないときはコンパクトにまとめられるのが特長。ケーブルが邪魔にならないので、持ち運びもラクラクです。

本製品はアップル認定ライセンスを取得済み。iOSがアップデードされてもデータ転送ができなくなるといった不具合がないので、ストレスなく使用できます。

スマホ用USBケーブルのAmazonランキングをチェック

スマホ用USBケーブルのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

USBケーブルの選び方

By: amazon.co.jp

スマホ用のUSBケーブルの選び方は、用途によって決まります。USBケーブルを選ぶ際に最初に見るべきポイントは、スマホがiPhoneかそうではないかという点です。iPhoneであればLightningコネクターのUSBケーブルを購入しましょう。AndroidやWindows搭載のスマホであれば、microUSBのコネクターが最適です。1本で複数のコネクターに対応できるタイプもありますので、端子の異なるデバイスをお持ちの方はそちらも検討してみましょう。

USBケーブルのおすすめメーカー

USBケーブルの多くはPC周辺機器メーカー製のモノです。サンワサプライやバッファロー、エレコムのUSBケーブルは店頭でも数多く用意されています。長さは0.3~10mを超えるものまで揃っているので、ユーザーのニーズに合わせて選びましょう。

エレコム

By: amazon.co.jp

特に種類が多いのが、パソコン周辺機器からAV機器まで幅広い製品を手掛けるエレコム。USBケーブルは長さやカラーバリエーションも豊富で、そのうえリーズナブルな価格が魅力です。種類はデータ転送用のUSBケーブルがメイン。中には1000円を切るケーブルもラインナップしているので、選択肢も多くあります。なるべくコストを抑えたいという方におすすめのメーカーです。

サンワサプライ

By: amazon.co.jp

パソコンやタブレット周辺機器を取り揃えているサンワサプライ。USBケーブルもバリエーションが豊富です。価格もリーズナブルなので気軽に購入できるのもポイント。直径約2.5mmの極細ケーブルシリーズがおすすめです。

バッファロー

By: amazon.co.jp

ハードディスクやルーターなどPC周辺機器を作っているバッファローも代表的なメーカーのひとつ。他のメーカーがさまざまなカラーバリエーションを出す一方で、こちらはやや種類は少なめですが、製品クオリティの高さが特長です。