暑かった夏も過ぎ去り、秋の行楽シーズンはすぐそこですね。太陽の下で目いっぱい動きまわれる真夏もいいですが、涼しい環境でのんびり過ごせる秋のレジャーもオススメ。アウトドアレジャーの代表といえばキャンプ。キャンプにはまず火が必要。そこで、活躍するアイテムがファイヤースターターです。今回は、おすすめのファイヤースターターを紹介していきます。

WWB マグネシウムファイヤースターター

31suOpFLbHL

WWBのファイヤースターターです。用意したティッシュや枯葉などの火口に向けて付属のステンレスブレードでマグネシウムを擦り、火口を引火させることで火をおこせます。少し水に濡れても使用できるので、備えておくと安心です。

サバイブ(SURVIVE) ファイヤースターター

31xojybR3ML

サバイブのファイヤースターターです。マグネシウムの棒と、ステンレス製の摩擦棒がセットになったアイテム。扱いやすいサイズなので、アウトドア初心者の方にも最適です。火をおこすアイテムのひとつとして持ち歩きましょう。アウトドアの際になにかと役立つホイッスルも付属します。

ビッグマン(BIGMAN) ファイヤースターター

71DS3+TekQL._SL1500_

IZ-Starのファイヤースターターです。コードでつながった本体とブレードをセットで持ち歩けるので、片方をなくしてしまう心配がありません。遊び心のあるデザインで「火を作る原点」を体験。キャンプだけでなく、みんなで集まるバーベキューにも活躍してくれます。

Gadgettown LM-6

51y+kLqBwfL._SL1000_

Gadgettownの「LM-6」です。水で濡らしても、拭き取るだけですぐに使えるようになっています。自然発火の心配がない安全設計。携帯に便利な小物サイズなので、キーホルダーなどにつけておけば使いたい時にさっと取り出せます。起こした火花を緊急信号として使用すれば、災害時の非常手段にも。

ガーバー(GERBER) ベア・グリルス ファイヤースターター

815w9o6iYyL._SL1500_

ガーバーの「ベア・グリルス ファイヤースターター」です。通常時は持ち歩きが簡単なスティック状、使用する際には本体を分割して火をおこします。上部には火口入れがついているので、いざというときにもこれ1本で火がおこすことが可能です。誰でも使いやすいように、グリップには滑りにくい素材を採用。