Macを快適に使うためには、その周辺機器であるマウス選びがとても重要になってきます。一口にマウスと言ってもその種類はさまざまで、ケーブル不要のワイヤレスで使える物から、持ち運びに便利なコンパクトな物まで、いろいろなタイプの製品があります。

そこで今回は、おすすめのMac対応マウスを選び方やポイントを踏まえて分かりやすく紹介します!

Mac対応おすすめマウス

アップル(Apple) Magic Mouse 2 MLA02J/A

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9%ef%bc%97

商品価格 ¥ 9,326

最初にご紹介するのはやはりこれ。無駄を一切省いたデザインと画期的な操作性でMacユーザーの心をくすぐる純正マウス。多機能マウスが人気の中、こちらは本当に必要な機能のみに絞られています。継ぎ目のないフォルムのおかげで汚れにも強く、いつまでも美しい見た目を維持できます。

少々お値段が張りますが、純正にこだわりたいという方、悩んでマウスを決められないという方におすすめ。

エレコム(ELECOM) レーザーマウス M-LS13ULSV

41yxkwapodl

商品価格 ¥ 1,540

このマウスには、高い読取性能を誇る「レーザーセンサー」や、ホイールを傾けるだけで横スクロールができる「チルトホイール」を採用しているため、ワードやエクセルなどで使えば大幅に作業効率を向上させることができます。

他にも、ボタンの機能割り当てができる「エレコム マウスアシスタント」や、マウスのカーソル速度が細かく調整できる「2段階切り替え」に対応しているので、ネットサーフィンからゲームまで幅広く使えますよ。

バッファロー(BUFFALO) BlueLEDマウス BSMBW28SWH

41nwrhw0zwl

商品価格 ¥ 965

外出先や公共の場所でマウスを使うなら、クリック音はできるだけ小さなものが良いですね。その点、このマウスは、左右、サイド、ホイールボタンに独自の「静音スイッチ」を採用することで、クリック音がほとんど聞こえない静かな作りに仕上がっています。

マウスの光線には、わずかな段差やホコリにもしっかりと反応する「BlueLED」を採用しているので、読取性能を気にする方にもおすすめですよ。

ロジクール(Logicool) Bluetoothマウス M557WH

31nrv1zpn7l

商品価格 ¥ 2,073

無線マウスは、ケーブルレスで使えるため取り回しが良く使いやすいのですが、定期的に充電や電池交換が必要といったデメリットもあります。その点、この製品には、省電力性能に優れた「スマートスリープモード」が付いているので、1回の電池交換で最長1年間使い続けることが可能。

ちなみに、スクロールホイールの後ろには「Windowsボタン」を搭載しているので、MacはもちろんWindowsでも快適に使うことができますよ。

ロジクール(Logicool) Ultrathin Touch Mouse T631

31thkszdnal

商品価格 ¥ 6,980

このマウスは、他の製品よりも軽量コンパクトな作りになっており、カバンのちょっとした隙間やズボンのポケットなどに入れて、どこにでも気軽に持ち運ぶことが可能。

また、2つの端末が瞬時に切り替えられる「Easy-Switchテクノロジー」や、1分の充電で約1時間の動作に必要な電力が供給される「急速USB充電」に対応しているのもポイント。

ロジクール(Logicool) Wireless Trackball M570t

41ai4rh1n0l

商品価格 ¥ 4,277

大きなトラックボールが特徴的なワイヤレスマウス。長時間マウスを使って作業をしていると、手首に大きな負担がかかってしまいますが、この製品には、「トラックボール」が付いているので、手首に負担をかけずにポインターを操作することも可能。

これなら、マウスを動かさなくても手軽に操作ができるため、狭いデスクの上や電車の中でも快適に使えます。

ロジクール(Logicool) ゲーミングマウス G602

41ujftt5arl

商品価格 ¥ 6,681

Macでゲームを楽しみたい方には、こちらのゲーミングマウスがおすすめ。11個のプログラム可能なボタンや、最大250時間使える「大容量バッテリー」を搭載することで、従来のマウスよりも快適にゲームが楽しめます。

なお、1秒間に500回の高速レポートレートに対応した「ワイヤレスゲーミング技術」を採用することで、機敏なプレイが要求されるゲームでも、遅延なしで楽しむことが可能。

AOZEE ワイヤレスマウス AZ-051

41oxa0amel

商品価格 ¥ 2,000

独特なデザインをしたこのマウスは、人間工学に基づいて作られており、手首を曲げずに操作ができるので、長時間の使用でも疲れることなく快適に使えます。使い始めは、慣れるまでに時間がかかりますが、一度慣れてしまえば、元のマウスには戻れなくなる最高の使い心地ですよ。

マウス側面には、「前・次ボタン」が付いているので、より快適にネットサーフィンを楽しむことも可能。

バッファロー(BUFFALO) BlueLEDマウス BSMBW105BK

41xgoxx6-rl

商品価格 ¥ 1,296

マウスの色にこだわりたい方には、こちらの製品がおすすめ。カラーバリエーションは、シルバー、ピンク、ブラック、ブルー、ベージュピンク 、レッドの6色と豊富なので、自分好みの色を気軽に選べちゃいます。

マウスの表面には、透明感が高く光沢のある「UVコーティング」を施すことで、他のマウスとは一味違った高級感のあるデザインに仕上がっているのもポイント。

エレコム(ELECOM) Bluetoothマウス M-NV1BRBK

31klj2wktcl

商品価格 ¥ 3,767

このマウスは、最大9台の端末を瞬時に切り替えられる「マルチペアリング」に対応しているので、これ1台あれば、スマートフォンやタブレット、パソコンやゲーム機など、いろいろな端末で使うことができます。

「5ボタン・チルトホイール」や「3段階のDPI切り替え」に対応しているため、ネットサーフィンからゲームまで、幅広く使えるのも魅力。

ロジクール(Logicool) ワイヤレスマラソンマウス M705t

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9%ef%bc%91

商品価格 ¥ 3,654

ワイヤレスマウスは電池交換の手間が面倒くさかったりします。こちらのマウスは「マラソンマウス」の名に恥じない、3年間電池交換不要の省エネマウス。長いウェブページや文章を一瞬でスクロールできる高速スクロール機能を搭載しているので、作業効率が大幅にアップしますよ。

また、レーザーセンサーの正確なトラッキング能力によりカーソル移動もとてもスムーズ! カスタマイズ可能なボタンも搭載しているので、自分の好みに合わせた仕様変更も可能です。初めてマウスを買うという方にもおすすめです。

ロジクール(Logicool) BluetoothSmart・USB対応 MXAnywhere2 MX1500

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9%ef%bc%92

商品価格 ¥ 8,661

コンパクトで手になじむ構造をしており、持ち運びが楽なコンパクトマウス。Darkfield Laser Trackingによりガラスの上など光沢のある面の上でもスムーズなカーソル移動ができるので、外出先での使用にとても便利です。また、高速スクロール機能に加えてクリック・トゥ・クリックモードを使えば繊細なスクロール移動も可能。手の形状に合うように作られたフォルムも魅力的。快適な使用環境をアシストしてくれますよ。

このマウスは同時に3つのデバイスに接続が可能で、ボタンひとつで切り替えできます。そして、気になるのがバッテリー。一度のフル充電で約2ヶ月もちます! 少しお値段が張りますが1つ3役手間いらずと考えればコスパは抜群です。

エレコム(ELECOM) トラックボール付き 6ボタン ワイヤレスマウス M-XT3DRBK

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9%ef%bc%93

商品価格 ¥ 3,980

手の骨格、筋肉に着目した設計により、自然な乗せ心地と手に吸い付くように握り心地が快適な「握りの極み」シリーズのマウス。ポインタの速度変更機能や電池残量がわかるランプなどユーザーに優しいちょっとした機能が満載。

特にブラウザ上での「進む・戻る」ボタンが親指の上下に配置されており、アクセスしやすくなっているのも嬉しいですね。公式サイトから「エレコム マウスアシスタント」をダウンロードして利用しすれば、各ボタンに好きな機能を割り当てられます。

また、メンテナンスが大変なイメージのトラックボールですが、こちらの商品のトラックボールはマウス裏面から簡単に着脱が可能なので、汚れてきてもすぐに掃除ができます。さらに、チルトホイールというマウス上部に配置されたホイールを傾けるだけで上下だけでなく左右にもスクロール可能! 作業効率がはかどること間違いなしのおすすめマウスです。

サンワサプライ(SANWA SAUPPLY) 有線レーザー エルゴノミクス形状 MA-ERG5

71xeh8sz74l-_sl1280_

商品価格 ¥ 2,611

何と言ってもその独特のエルゴノミクス形状が目を引くマウス。通常の上からかぶせるマウスではどうしても手首をひねった状態になってしまうので、長時間使用していると手首が痛くなることも。 その点このマウスは自然な手首の角度になるよう設計されているのでその心配は無用です。

また、機能面でもカーソルスピードの3段階調節ボタンや「進む・戻る」ボタンが親指上下に配置されているなど、とことんストレスフリーな使い心地にこだわったマウスです。

マイクロソフト(Microsoft) Arc Touch Mouse RVF-00057

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9%ef%bc%95

商品価格 ¥ 7,480

Trackpadのようなフラットなデザインが特徴のマウス。普段は完全にフラットな状態で、本体をカーブさせると電源がオンになるユニークなシステムになっています。センサーをタッチして操作するのでより感覚的、直感的な操作が可能です。軽く触ればゆっくり、早く触れば高速スクロールなど指の動きをしっかりと拾ってくれます。

6か月のバッテリー寿命や、最大10メートルのワイヤレス範囲など、嬉しい機能が満載のデザインマウスです。

エレコム(ELECOM) Bluetooth 3ボタン IRLED搭載マウス CAPCLIP M-CC1BRYL

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9%ef%bc%96

商品価格 ¥ 1,715

まるでキーホルダーのような見た目ですが、これもれっきとしたマウスなんです。その名の通り使用しない時はキャップに収納して、カバンやPC自体にクリップで挟んで持ち運べるようになっています。キャップをマウントすればSサイズのマウスと同じ大きさまで広がるので、コンパクトながらもしっかりとした使用感。

また、Bluetoothを搭載しているのもうれしいポイント。USBポートの少ないデバイスにもスマートに接続できますよ。小さなボディに最高のパフォーマンスを詰め込んだマウスとして、外出先で作業を行なうことが多い方におすすめ。

マイクロソフト(Microsoft) Designer Bluetooth Mouse 7N5-00011

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9%ef%bc%98

商品価格 ¥ 2,767

マイクロソフトからデザイン性溢れるマウスをご紹介。無駄を削ぎ落としたそのデザインは見た目にもこだわるMacユーザーにも納得の仕上がり。見た目だけでなく、操作性にも優れた両利き用設計やトラッキング能力に優れたBlueTrack Technologyが採用されています。デザイン性、機能性ともに優れたおすすめのマウスです。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスマウス Bluetooth 3.0 静音 5ボタン ブラック M-BT16BBSBK

41pbmtmhlzl

商品価格 ¥ 1,563

自宅での使用ではそれほど気にならないクリック音でも、公共の場で使用する時だと意外と気になったりしますよね。そんな時に活躍するのがこちら。左右のクリックボタン、ホイールボタン、そして進む・戻るボタンの5つあるボタン全てにサイレントスイッチを採用しているため、クリック音を気にせず使用できます。

また、不使用時に電池の消耗を抑える電源スイッチや、本体表面に電池の交換時期を知らせるランプが付いているため、出先での急な電池切れにより慌てる心配もありません。まさに外出用に作られた携帯マウスです。

ケンジントン(Kensington) ExpertMouse ワイヤレストラックボール K72359JP

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9%ef%bc%91%ef%bc%90

商品価格 ¥ 11,668

専門的なデザイン業務や長時間のオフィスワークなどヘビーユーザーのために作られたExpertMouse。55mの大きなトラックボールとスクロールリングで指先のみで思うままに画面を操れますよ。

取り外し可能なクッション性のあるパームレストによってさらに快適な作業環境を作り出せるのもうれしいところ。また、TrackballWorksソフトウェアを使用して各ボタンにショートカットやウェブサイトの割り当ても可能なので、全ての作業を手首を手元のみで完結できます。接続はBluetoothとUSBどちらでもOK。

長時間使用を前提としたマウスなので、手首疲れが気になる方におすすめします。

Mac用のマウスの選び方

ケーブルの有無で選ぶ

mouse-1324375_640

マウスには大きく分けて有線・無線の2種類があります。それぞれのタイプごとにメリットやデメリットがあるので、選ぶ際には次のポイントを参考にしてみて下さい。

例えば、マウスを選ぶにあたって使いやすさを重視するなら、ケーブル不要のワイヤレスで使える無線タイプがおすすめ。ただし、有線タイプと違って、定期的に充電や電池交換が必要だったり、価格が高いなどの弱点もあるため、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。

一方で有線タイプは、直接ケーブルでパソコンと繋げて使うため、無線タイプより利便性の面では若干劣りますが、その分価格が安いため、コストパフォーマンスを重視する方におすすめ。また、無線タイプのようにバッテリーや電池の必要もないので、電池切れを心配することなく使えるのもポイント。

光線の種類で選ぶ

mouse-238397_640

一見どれも同じように見えるマウスですが、底面から発する光線の種類は製品ごとに異なっているので、マウス選びの際には光線の種類にも注意して選んでみて下さい。

選び方の目安として、価格の安いマウスが良い方にはスタンダードな「光学式」、1回の充電や電池交換で長期間使いたい方には消費電力が低い「IR LED」、ガラステーブルやリビングテーブルなど、いろいろな環境で使いたい方には読み取り精度の高い「BlueLED」や「レーザー」がおすすめですよ。

機能や装備で選ぶ

812gjdc1yxl__sl1500_

最近のマウスは、より使いやすくする便利な機能や装備を搭載している物もあるため、選ぶ際にはこれらの機能や装備も合わせてチェックしてみて下さい。

例えば、外出先や公共の場所などで使うなら、クリック音の小さな「静音マウス」、パソコンで快適にゲームを楽しみたいなら、プログラム可能なボタンを複数搭載した「ゲーミングマウス」、長時間マウスで作業をするような方には、人間工学を応用した「疲労軽減マウス」などがおすすめ。