一人暮らしの掃除は面倒で、部屋のあちこちにホコリや細かいゴミが積もりがち。ハンドモップなどで隅っこを掃除するのもイライラしてしまいますね。そんな時に活躍するのはやっぱり掃除機。休日に一気に掃除ができる抜群の吸引力を備えたモデルなど、一人暮らしに適した掃除機はたくさんあります。今回は、一人暮らしにおすすめの掃除機を紹介していきます。

第1位 シャープ(SHARP) EC-VA1C

61YDY4-WxxL._SL1139_

シャープの「EC-VA1C」です。本体は2.7kgと軽量で、楽に持ち運びができます。遠心分離サイクロン方式により、グングン進んでしっかり吸引。運転音は最大で64dBから最小55dBの静音設計になっており、深夜の掃除にも活躍します。不要な運転を減らす節電アイドリングストップ機能により、経済的な使用が可能です。

第2位 エレクトロラックス(Electrolux) EET510

61xa078oRzL._SL1500_

エレクトロラックの「EET510」です。ハードフロアでは99%以上、カーペットで77%以上のダストピックアップ率を誇るパワフル運転。空気清浄機にも使われる「HEPA12フィルター」と、5層構造のシャッター付きダストバッグが排気を徹底的にキレイにします。滑らかに動くローラーとホイールが優れた追従性を発揮し、狭い場所も簡単に掃除できる1台です。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ESC-55K

41WZoaIivWL._SL1000_

アイリスオーヤマの「ESC-55K」です。毛が巻きつかない「超吸引毛取りヘッド」によって、カーペットについた髪の毛やペットの毛もしっかり吸い取ります。ハンディタイプに組み替えれば、階段やソファの上も簡単に掃除が可能。専用ブラシとノズルが付属し、狭い場所も隅々まで綺麗にできます。

第4位 ツインバード工業(TWINBIRD) TC-E200

31TEkXW5tDL

ツインバード工業の「TC-E200」です。大型バンパーや車輪に柔らかい材質を採用することで、移動時や吸込口が壁にぶつかる際の音を軽減した静音設計。運転時に常時回転するパワーブラシが埋もれたゴミを搔き出して吸引。充電台で3時間の充電をすれば、標準モード時は連続30分間使用できます。

第5位 ナカサ NHC-300

31mnPCyR-RL

ナカサの「NHC-300」です。電源は軽い力でオンにできる指押しスイッチ式なので、手を離せばオフになり電池を効率よく使用できます。取り回しが利くハンディサイズなので、サッシの溝など細かい部分の掃除にも活躍。排気を後方に集中させたことで、運転時に耳障りな排気音を軽減しています。

第6位 レイコップ(RAYCOP) RS-300J

61lp2yxBu8L._SL1500_

レイコップの「RS-300J」です。本体の重さと形状、吸引力のバランスを考えた設計と、独自の「光クリーン」メカニズムにより、布団に溜まったハウスダストの除去効率を最大化しています。一人暮らしで無頓着になってしまいがちな布団を清潔に保つための布団クリーナーです。

第7位 ツカモトエイム AIM-RC03

61GPPzXFt8L._SL1200_

ツカモトエイムの「AIM-RC03」です。コンパクトボディのなかには3つの掃除プログラムなど、掃除に必要な機能がしっかり揃えられています。搭載されたセンサーが障害物や段差を検知するので安全な使用が可能。連続使用時間は約50分で、バッテリー残量がなくなるとアラームが鳴るお知らせ機能付きです。