アッパーとトゥのカラーリングコンビの切り替えが特徴のサドルシューズ。トラッドスタイルが好きなメンズの定番アイテムですよね。ですが、今はコテコテよりもワーク、アウトドア、アメカジなどのテイストをミックスしながら合わせるのがおすすめ。今回は、サドルシューズを使ったおすすめメンズコーデとおすすめアイテムを紹介します。

おすすめサドルシューズ5選

リーガル(REGAL) サドルオックスフォード ビジネスシューズ

サドル1

商品価格 ¥ 22,950

アメリカを代表するシューズメーカーであるリーガルのサドルシューズは、日本では定番中の定番。1950年代のアメリカンファッションを象徴するようなデザインは、時代を超えて今も多くの人に愛用されています。

長時間歩行してもストレスがかからず、使えば使うほど馴染んでくるのが特徴。カジュアルなシーンはもちろんビジネスシーンまで幅広く使えるトラディショナルなシューズです。

ジョージコックス(GEORGE COX) サドルブローグ

3192jq349TL

商品価格 ¥ 18,243

ジョージコックスのサドルシューズは、1950年代のロンドンファッションをリードした靴として有名。イギリス式サドルシューズとして、こちらは黒のスウェードとレザーで切り替えています。また、ウイングチップのデザインが施されており随所に丸穴がついていることでクラシカルな雰囲気を演出できます。

日々のフォーマルスタイルをワンランクアップさせるなら、ジョージコックスのサドルシューズがおすすめです。

ドクターマーチン(Dr.Martens) ブローグ サドル

サドル3

商品価格 ¥ 25,200

8ホールブーツのイメージが強いドクターマーチンですが、ブーツ以外のシューズもハイクオリティーです。カモフラージュ柄のキャンバス生地に、ベージュのレザーという斬新な組み合わせがポイント。

機能性も充実しており、クッション性の高いソールと軽量感のあるクッションを挿入することで、一日中歩き回っても疲れることがないようになっています。デザイン・機能どちらも完璧なサドルシューズは、ドクターマーチンだからこそできたことでしょう。

ジョンストン&マーフィー(Johnston&Murphy) サドルシューズ

サドル4

商品価格 ¥ 17,280

160年の歴史を持つアメリカントラッドの老舗ブランドであるジョンストン&マーフィーは、サドル部分以外ムラのある牛革を使用することでビンテージ感を演出。イギリスの伝統的なフォルムとアメリカの製法を上手く組み合わせています。

ブラウンという色も今春夏のトレンドカラーなので、履くだけで簡単にトレンド感を取り込んだコーディネートを組むことができます。

ポロラルフローレン(Polo Ralph Lauren) サドルシューズ

サドル5

商品価格 ¥ 16,800

アメリカントラッドを代表するブランドであるラルフローレンは、ボタンダウンシャツやジャケットがメインですが、シューズも展開しています。アメリカ式のサドルシューズをベースにしており、サドル部分はカモフラージュ柄で他の部分はベージュのレザーを採用しているなど、遊び心感じるデザインが特徴です。

コーディネートにおいても、上品さは残しながらもいいアクセントとして使えます。ストリートな柄・色でありながらも品が感じられる一足です。

サドルシューズを使った厳選コーデ10選

女性が好きなルードスタイルにサドルシューズはベスト

サドルコーデ1

By: wear.jp

男らしくもあり、ちょいワルな雰囲気があるルードスタイルは、現在女性に大人気のモテファッション。芸能人でいうならケンドーコバヤシさんのようなファッションを指します。ルードスタイルに欠かせないベージュのチノパンと、サドルシューズは相性抜群!

頭にかぶったハンチングもサドルシューズのテイストと合っており、男らしいファッションなら、ミリタリーベースのスタイルもいいですが、ルードスタイルにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

春らしい上品なアメカジスタイル

サドルコーデ2

By: wear.jp

トレンドのデニムジャケットにチェックシャツの組み合わせは、アメカジスタイルの中では王道。しかし、ボトムをセンタープレスが入ったスラックスにサドルシューズを履けば年齢層がグッと上がった大人なアメカジスタイルに格上げされます。

サドルシューズをシックなカラーにしているのもポイントで、スラックスとトーンを合わせることで統一感を出すことができます。サドルシューズを使ってこの春はアメカジスタイルをワンランクアップさせましょう!

ストリートコーデにサドルシューズで品をプラス

サドルコーデ3

By: wear.jp

キャップからボトムまでルーズなサイジングのストリートコーデでキメているのですが、足元はサドルシューズをチョイスすることでコーディネート全体を引き締めています。少し品を加えるだけで、ストリートスタイルも洗練され、都会的なコーディネートへ進化。

ボトムの裾がストライプ柄になっているのも1960年代のクラシカルなアメリカファッションを彷彿とさせます。ラフなコーディネートでも合わせるだけでキッチリさせられるのがサドルシューズの魅力です。

春らしい色で組んだ現代的なトラッドスタイル

サドルコーデ4

By: wear.jp

緑のニットにブルーのギンガムチェックシャツ、ベージュのチノパンと明るい色を使ったトラッドスタイル。1960年代に流行ったアイビーファッションを、現代に落とし込んだ感じです。使用しているアイテムはアイビーファッションと同じなのですが、色味が変わるだけで雰囲気も一変。

足元もブラウン系のサドルシューズに白のソックスを組み合わせることで、軽やかに仕上げています。この春一番真似しやすいコーディネートと言えるでしょう。

サドルシューズをワークブルゾンでカジュアルに

By: wear.jp

トラッドテイストを控えめに、ボーダーTシャツにワークブルゾンで上品なカジュアルコーデに仕上がっていると思います。ポイントは、サドルシューズ自体のカラーコンビが控えめなところ。一見分からないくらいなデザインもいいですね。

デニムに合わせるサドルシューズ

20151005085840391_500

By: wear.jp

リーガルの定番サドルシューズを使ったコーディネート。薄めのデニムに合わせたベージュのサドルシューズは浮くことなくマッチしています。デニムを曲げて、シューズのかかとの部分まで見せると淡い色同士を合わせても綺麗めな格好になります。茶色の革靴を持っている方はまず薄めのデニムから合わせてみてはどうでしょうか。

サドルシューズを合わせたトラッドカジュアル

By: wear.jp

サドルシューズにマドラスチェックシャツ、トートバッグなどトラッドアイテムが多いですが、バランスがよいトラッドスタイルになっていると思います。シャツのサイズ感が上品でとってもいいです。

厚底ラバーソールのサドルシューズ

20150923185440386_500

By: wear.jp

厚底ラバーソールのサドルシューズ。厚底の靴は多少抵抗がある方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、細身のパンツとの相性は抜群。黒に切り替えられた部分がおしゃれですね。おしゃれは靴からです!

サドルシューズをアメカジとワークのミックス

By: wear.jp

ジャズネップチノは、ウールに見える素材。スラックスのようでスウェットのようにも見えるチノパンツに、ネルシャツコーデ。サドルシューズをON! 秋の季節にピッタリとマッチする大人のおしゃれなコーデ。スラックスボトムとトップスの組み合わせが、サドルシューズのトラッド感を引き出しています。

モノトーンコーデに合わせるサドルシューズ

20150227003239161_500

By: WEAR.JP

ドレスシューズ感覚で履いてしまいがちなサドルシューズですが、このようにニットやゆるいパンツに合わせたコーデもおすすめです。このサドルシューズはつま先も黒に切り替えられているのでモードっぽい服装でもかっこいいですね。

サドルシューズについて知る

サドルシューズとは

ZOZO.JP

By: zozo.jp

サドルシューズとは、1950年代にイギリスで誕生した甲革に馬の鞍(サドル)をつけたようなデザインのシューズのことです。イギリスで誕生後1960年代にアメリカへ渡り、10代の若者やゴルフやボウリング向けのシューズとして急速に流行。アイビースタイルの定番シューズにもなりました。

コーディネートに品を加えてくれるカジュアルシューズ

サドル

By: zozo.jp

普通コーディネートに品を加えるなら上品なドレスシューズを履くのが王道ですが、サドルシューズでも品を加えられます。ドレスシューズがコーディネートに品を加えメリハリのあるスタイルにするのに対し、サドルシューズはカジュアルな雰囲気を残しながらコーディネートに品を加えてくれます。

シンプルな服装になるこれからの季節は、サドルシューズで軽やかに品を加えるといいでしょう。

サドルシューズにはイギリス式とアメリカ式がある

3779032_34_D_500

By: zozo.jp

2色の色使いが特徴のサドルシューズですが、実はイギリス式とアメリカ式が存在するのはご存知でしょうか。このように紐結び部分と別の部分の色や素材が異なるのがアメリカ式。紐結び部分の色や素材の強調が弱いものがイギリス式です。

イギリス式のサドルシューズは、本来英国紳士が遊ぶ時に履くおしゃれな靴というイメージで生産。イギリスのトラディショナルなスーツスタイルに合わせるため、清潔さや上品さが求められています。

サドルシューズを世界中に広めた映画「アメリカン・グラフィティ」

アメリカン

By: amazon.co.jp

アメリカン・グラフィティとは、1973年に公開された青春映画。1962年のカリフォルニアが舞台で、当時のファッションやカルチャーを鮮明に表現されています。また、そのファッションやカルチャーが映画を見た若者たちに影響を与えました。サドルシューズもその中の1つ。

この映画公開後、サドルシューズが若者の中で大きな流行となりました。映画の影響力は計り知れないものですね。

最初にサドルシューズを買うならホワイトベースのものがおすすめ

2829349_B_01_500

By: zozo.jp

人気が出てきているサドルシューズですが、まだ一足も持っていないという人もいるでしょう。そんな方がまず買うなら、ホワイトベースのサドルシューズがおすすめ。ベースが白になっているので、どんな洋服とも合わせやすく、コーディネートにサラッと取り入れられます。

また、これからの時期、白のアイテムで爽やかな季節感を演出することもできるので、2016年の春ファッションには何度もリピートするのではないでしょうか。