デジカメやスマホで手軽に写真が撮れるようになったことで、最近ではめっきり手にする機会の減ってしまった「ポラロイドカメラ」。でも、ちょっと待ってください。撮ったらその場ですぐにフィルムに現像できるお手軽感。データではなく物として仕上がってくるアナログ感。そんなポラロイドカメラの魅力、再発見してみませんか?

今回はポラロイドカメラとチェキの違いなどにも触れつつ、おすすめの商品をご紹介します。

その場で現像できる人気おすすめのポラロイドカメラ

ポラロイド(Polaroid) ZINK POLSP01W

31770bmppxl

商品価格 ¥ 13,196

このポラロイドカメラは、撮影した写真をそのままプリントアウトできるだけでなく、別途用意したmicro SDカードを入れれば、デジタルカメラとして使うこともできちゃいます。

ちなみに、カラーバリエーションは、レッド、ホワイト、パープル、ブラック、ブルーの5色と豊富なので、自分好みの色を気軽に選ぶこともできますよ。

ポラロイド(Polaroid) Z340

31tzkuhxjvl

商品価格 ¥ 22,000

このポラロイドカメラの魅力はなんと言っても豊富なシーンモード。夕日や夜景、食べ物や建物など、被写体に合わせて30種類の撮影モードから選べるため、従来よりも鮮明な写真撮影を誰でも気軽に楽しむことができます。

また、撮像素子やISO、シャッタースピードなども優れています。本格的なデジタルカメラとして使いたい方にもおすすめです。

持ち運びに便利なポラロイドカメラ

ポラロイド(Polaroid) Cube Plus POLCPBK

41uqdfjxvll

商品価格 ¥ 21,221

ポラロイド社からはもう1つ。アクションカメラタイプのカメラです。Wi-Fi機能が搭載されているため、スマホと連携すればリモート撮影や、スマホから撮影した映像データを閲覧することができます。3.5センチサイズの小型アクションカメラですが、スマホと一緒に使うことで小さいカメラのボトルネックである確認画面を解消。軽くて使いやすいポラロイド社のカメラです。

また、カメラの底がマグネットになっているのも魅力の1つ。磁石対応のところに貼り付けて使用できますよ。普段取れないような写真が撮れて盛り上がること間違いなし。その他、ポラロイド社で出しているアクセサリーを駆使すれば、もっと幅広く撮影することができます。ポケットに入れて持ち歩ける便利カメラです。

人気のおすすめインスタントカメラ/チェキ

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini 8+

415xb2la1el

商品価格 ¥ 7,000

見た目が可愛いチェキが欲しい方には、こちらの製品がおすすめ。ココア、ストロベリー、ハニー、バニラ、ミントの個性的な5色から選べるので、ファッション感覚で自分の好きな色のチェキを選ぶことができちゃいます。

他にも、自撮り撮影が簡単に行える「セルフショットミラー」が付いているので、楽しくおしゃれに自撮りを楽しみたい方にもおすすめ。

富士フイルム(FUJIFILM) チェキWIDE instax WIDE 300

41ujmn8s5pl

商品価格 ¥ 11,277

一般的なチェキのプリントサイズは名刺サイズと小さめですが、このinstax WIDE 300は、プリントサイズが通常チェキの2倍の大きさなので、パーティーやイベントなど、人がたくさんいるようなシーンでの使用におすすめ。

右手で握りやすい形状グリップに加えて、カメラ底面には三脚穴が付いているので、いろいろな方法で写真撮影が楽しめるのも嬉しいポイント。

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax mini70

81km1kcmnvl-_sl1500_

商品価格 ¥ 13,577

富士フイルムによる電池式のチェキです。電池式のメリットは、道中で電源が切れても、替えの電池をがあればまた動かせるところ。また、電池を用意していなくても出先で気軽に購入できるため、バッテリー切れで写真を撮影できないことがありません。旅行の際に大活躍してくれますよ。

自撮りモードが機能として搭載されており、焦点距離を自動で合わせてくれるため、わざわざピントを合わせる必要がありません。レンズ横のミラーを使えば、全員入っていなかったなんてことも起こりにくいです。無駄にフィルムを消費してしまうこともないため、普通のチェキで自撮りをするよりも経済的。自撮りを多めにする人はこちらのチェキがおすすめです。

ポラロイドカメラについて知る

ポラロイドカメラとは

61gzqshswil-_sl1024_

By: Amazon.co.jp

実は、ポラロイドカメラとは「ポラロイド社」の手によって作られているカメラのことを指す商品名。そのため、富士フイルムなどのカメラをポラロイドカメラとは呼びません。また、インスタントカメラとポラロイドカメラは、よく間違えられがちですが、チェキやポラロイドカメラなどの総称を「インスタントカメラ」と呼ぶので、気をつけましょう。

ポラロイドカメラとチェキの違い

81oxk7tgmzl-_sl1500_

By: Amazon.co.jp

ポラロイドカメラとチェキは、使用するフィルムの大きさや形、特性などが大きく違ってくるため、選ぶ際にはそれぞれのメリット・デメリットをよく踏まえてから選ぶようにしましょう。

ポラロイドカメラは、チェキよりも全体的に少し大きめのフィルムサイズになっており、カラーやモノクロ、高感度フィルムや特殊フレームなど、いろいろなタイプのフィルムがあります。そのため、シーン毎にフィルムを使い分けて撮影することができ、チェキよりも味のある写真が楽しめます。ただし、1枚当たりの価格が高いため、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり適していません。

一方でチェキのフィルムは、ポラロイドフィルムよりも小さな名刺サイズになっているので、1枚当たりの単価が安くコストパフォーマンスを重視する方におすすめ。ただし、フィルムの種類はカラーフィルムのみなので、モノクロ写真や高感度フィルムなど、フィルムを使い分けて写真を楽しみたい方には、あまり向いていません。