2000年代に海外からやってきた、サイクロン式掃除機やロボット式掃除機。今では日本でも大人気の家電になりましたね。しかし、これらは部屋が大きく隣家との距離がある、欧米文化で誕生した製品。騒音対策はさほど重視されておらず、夜まで仕事をした後に掃除をしようと思っても音が大きく気兼ねしてしまうのが実情です。

そこで今回は、深夜でも使える静音設計のおすすめ掃除機をサイクロン式、紙パック式、そしてロボットタイプに分けてご紹介します。

おすすめの静音サイクロン式掃除機

日立(HITACHI) サイクロン式クリーナー パワーブーストサイクロン CV-SD900

41wtqejgzil

商品価格 ¥ 57,493

吸引力向上のため、サイクロン構造を大幅変更してもなお、優れた静音性を保つ日立の掃除機。その中でもおすすめは、こちらの最上位モデル。運転音49〜54dBという静かさです。かつ、4方向ジェット吸引ヘッドにより、床面と空気中のゴミやホコリをしっかり吸い取ります。付属する吸口の種類が多く、電動ふとんブラシまで標準付属している点にも注目です!

吸い取ったゴミはダストカップの中で圧縮されるので、ゴミ捨て時にも飛び散りにくい構造。本体質量も3.5kgと軽めで、持ち運びにも困らないサイクロン式掃除機です。

シャープ(SHARP) サイクロンクリーナー EC-VX700

41xcw5gf4pl

商品価格 ¥ 31,000

こちらも静音性に定評がある、シャープのサイクロン式掃除機です。夜間の掃除向けに「ナイトモード」が用意されています。これにより、運転音49dBという静音でフローリング掃除が可能。フッ素加工まで施した、高性能なULPAフィルターを採用しており、排気もクリーンですよ! シャープ独自のプラズマクラスターイオンにより、臭いをさらに抑える工夫がなされています。

ゴミ捨て時は「強力ごみプレス」機能により、ゴミを圧縮。プラズマクラスター効果で静電気も抑えられます。そのため、ダストカップにほとんどゴミが付かず、きれいに捨てられます。ダストカップとヘッドが丸洗いできるこちらの掃除機は、中もきれいな状態を保てる静音掃除機をお探しの方におすすめです!

三菱電機(MITSUBISHI) サイクロン式クリーナー 風神 TC-ZXF30P

商品価格 ¥ 55,639

国内初のフィルターレスサイクロン式掃除機を発売した三菱電機。大きかった本体を小型化・軽量化したものが、こちらの掃除機です。最大の特徴は、エアブロー機能。ホースを排気口に装着することで、業務用ブロワーのように使え、落ち葉やホコリを風の力で掃き出してくれます。

節電モードの場合、最小で48dBという静かさを実現。壁際までしっかり吸い込める自走式ヘッドと、強力な遠心分離構造により、吸引力も満足。なお、エアブロー機能を省いたリーズナブルモデル(TC-ZXF20P)でも静音性は同じです。価格を重視したい方には、こちらもおすすめです。

おすすめの静音紙パック式掃除機

エレクトロラックス(Electrolux) 紙パック式掃除機 エルゴスリーオート EET530SO

商品価格 ¥ 28,955

北欧スウェーデンの家電メーカー、エレクトロラックスが日本向けに開発した掃除機。会社名をこの掃除機から知った、という方も多いほどの人気商品です。始動時は43dB、パワー1で50dB、パワー3で57dBという静音設計は、国内メーカーをもしのぐレベル。サイレントモード(回転ブラシオフ・パワー1)で運転しても、吸引力が十分にあり、深夜でも安心して掃除できますよ!

純正紙パックは、購入時に4個付属。ユーザー登録すると、さらに1年分プレゼントされます。最初の2年分紙パック代が抑えられるのもおすすめポイントです。「使えるものは最後まで使う」というスウェーデン文化を、よい意味で体現した1台。2012年に発売された、ロングセラー静音掃除機です。

日立(HITACHI) 紙パック式クリーナー かるパック CV-PD700

41e4btxp25l

商品価格 ¥ 44,399

「静音性も本体の軽さも大事!」という方におすすめの掃除機。軽量かつしなやかな「カーボンライト」素材を本体に使用し、本体質量2.3kgを実現。モーターの部品レイアウトを工夫し、持ち運びしやすい重心バランスにしている点もよいですね。運転音は51〜57dB。小型の高効率モーターを搭載し、吸引力はそのままに、日立の紙パック式掃除機史上最小の運転音に仕上げています。

高集塵フィルターと高気密モーターケース、さらに独自の気道構造によって実現されたゴミの捕集率と排気臭の少なさが、アマゾンで高評価を得ています。カラーはシャンパンゴールドとルビーレッドの2色展開。「よい意味で掃除機らしからぬカラー・デザイン」として、見た目でも人気を集める静音掃除機です。

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-PA36G

商品価格 ¥ 34,160

麻の葉文様を施し「和」を感じさせる静音掃除機。ゴールド・レッドという一見目立つ2色のボディカラー。しかし「和」を意識した落ち着きと、高級感のあるカラーリングに仕立てています。ホース・ノズルを軽量化するとともに、大きな可動式ハンドルを本体に搭載。操作、持ち運びにも日本らしい配慮が行き届いていますよ!

運転音は54〜59dBで、紙パック式掃除機の中では静音です。パナソニック製掃除機ではおなじみの親子ノズルや、紙パックを触らずにゴミ捨てが可能な「クルッとポイ」機構を搭載。他にも、便利機能を多数採用しています。本製品の実売価格は3万円台。価格面でもおすすめできる、上質なデザインの紙パック式掃除機です。

おすすめの静音ロボット掃除機

アイロボット(iRobot) 床拭きロボット掃除機 ブラーバ 371j B371060

商品価格 ¥ 37,058

「ルンバ」でおなじみのアイロボットから発売された、拭き取りタイプのロボット掃除機。運転音は非公表ですが、その静音性は「テレビをつけながらでも運転可能!」と評価されているほど。乾拭きも水拭きも可能で、取り付けたシートが見えない汚れまで、しっかり絡め取ってくれますよ!

床面がフローリングのみという方に、ぜひ一度は使っていただきたい、おすすめのロボット掃除機です。

エルジー(LG) ロボット掃除機 HOM-BOT SQUARE VR6260LVM

商品価格 ¥ 40,990

こちらは全床面対応のロボット掃除機。運転音は48〜52dBを実現しています。静音性に優れたロボット掃除機をお探しの方には、ぜひおすすめしたい1台です。回転ブラシは従来製品より1.5cm延長され、コーナーにあるゴミやホコリをさらに取りやすくなるよう進化。形状を丸型から四角型に改めた点も、取りやすさに貢献していますね!

新世代の上部カメラセンサーII-SLAMに加え、本体下部にもカメラを搭載。位置、移動距離、そして床面をすばやく計算し、より正確な運転を行ってくれます。また、マイクロファイバークロスを装着することで、フローリングや畳の「拭き掃除」もできます。1台2役で使えるうれしい静音ロボット掃除機。

ネイトロボティクス(Neato Robotics) ロボット掃除機 Botvac D Series D8500 BV-D8500

商品価格 ¥ 61,992

日本での認知度は低めですが、アメリカではロボット掃除機シェア第2位のメーカー。独自のコンボブラシにより、硬い床でも静音を実現。搭載されている位置計測センサー「SLAM」は、Googleとの自動運転車開発でも利用されているレーザー技術を応用したもの。この頭脳派センサーにより、何度も動き回ることなく効率よく掃除をしてくれますよ。

これまでのロボット掃除機にはなかった、D字型のデザインも新鮮! 大容量のダストボックスと吸引力も好評で、性能面でも満足。個性派のロボット静音掃除機をお探しの方におすすめです!

静音の見方って?

デシベルって何?

technology-905430_1280

掃除機の運転音は、騒音の測定単位「dB(デシベル)」で表されます。この値が小さいほど静音で、図書館の中で40dB、普通の事務所で50dB、そして通常会話では60dBと言われています。これらの数値を参考にすると、掃除機を選びやすいでしょう。日本製の家庭用掃除機は日本工業規格(JIS)にて「70dB以下にすること」と規定されています。そのため、運転音が70dBよりも大きい掃除機は販売されていません。

運転音数字を参考に

2250fd89369148897c5ebb54738db8ad_s

運転音数値は、掃除機の仕様書に記載されています。仕様書を見ると数値に幅がありますが、これは運転モードで変化するためです。吸引力が強いモードであるほどモーターの稼働率が大きくなり、その分運転音も大きくなります。吸引力の強いモードの最大値を参考にしてもよいですし、最小値を見て選ぶというのも1つの方法ですよ!

製品レビューもチェック

ddc85fd87e3a0fc35345ee2c72cda029_s

しかし、ロボット掃除機を中心に、一部の掃除機では運転音数値を非公表としているものも。こうした掃除機の場合は、Amazonや楽天などのレビューを参考にしましょう。ただ、ロボット掃除機は一般的な掃除機(キャニスター式・スティック式)とは異なり、吸い込みよりもゴミの掻き込みを重視しています。そのため、掃除機特有の「キュイーン」という音がほとんどなく、相対的に静音だと感じられます。

アジア製の掃除機がおすすめ

5db722b2afce4bc80fc1d4601af37025_s

掃除機の傾向として、欧米のメーカーよりアジアのメーカーの方が静音です。これは、住居文化の違いによるもの。隣家との距離が近いアジアの国々では、隣近所への配慮も、設計段階にてしっかりと考えられています! 欧米メーカーでも、日本で人気がある掃除機は、日本向けに静音性を高めたモデルを販売。掃除機の静音性は、吸引力とともに今後も注目される要素といえるでしょう!