スマホやデジカメで撮影した、とっておきのシーン。撮ったその場ですぐに1枚の写真にしてくれるフォトプリンターは、コンパクトで楽に持ち運べるその手軽さから、旅行やレジャーなどで大活躍する人気アイテムです。今回は、そんなフォトプリンターのおすすめ人気モデルをランキング形式でご紹介します。

人気フォトプリンターのおすすめランキング
モバイルタイプ

第1位 富士フイルム(FUJIFILM) スマホ de チェキ instax SHARE SP-2

富士フイルムの人気インスタントカメラ、チェキがスマホでも楽しめる専用フォトプリンター。スマホで撮影した写真をWi-Fiで送信してチェキ用フィルムに出力します。画像を送信してから写真ができるまでは約10秒! 驚きの速さです。

無料のオリジナルアプリを使えば、多彩なテンプレートでオリジナルの写真が簡単に作れます。電源は充電式。1回の充電で約100枚のプリントが可能です。

第2位 ライフプリント(LifePrint) LifePrint Photo and Video Printer LP001-1

写真と動画を組み合わせたAR写真が作れる、世界初のZINK方式フォトプリンター。スマホとはBluetoothで接続可能です。本体が200gとコンパクトなので、どこでも簡単にプリントができます。

印刷した写真を専用アプリ越しに覗き込めば、動画のように動き出して面白い体験ができます。用紙の裏面がシールになっているので、いろいろなところに貼り付けて飾ってみましょう。

1回の充電で印刷できる枚数は約10〜15枚ほど。他のフォトプリンターと比べると少なめですが、楽しめる要素がたくさんあり、満足できる逸品です。

第3位 エレコム(ELECOM) eprie EPR-PP01WWH

昇華型熱転写という方式を採用したモバイルフォトプリンター。本体標準搭載のWi-Fi機能、もしくはNFC機能でスマホとの接続が簡単です。充電式のため手軽に使えます。

専用アプリを使えば、画像編集をしたり、動画の一場面を切り抜いて写真にしたりして楽しむことが可能。スマホの画像だけでなく、FacebookやInstagramに投稿した画像もプリントできます。光沢とフォトシールのカートリッジが付属しているので、手軽に綺麗な写真が残せます。

第4位 ポラロイド(Polaroid) ZIP Mobile Printer POLMP01

インクやカートリッジが不要なZINK方式のフォトプリンター。手に収まるコンパクトサイズで持ち運びに便利です。

専用アプリからはスタンプや文字入力、画像編集が可能。その中でも特に面白い機能が、シークレットビューです。メッセージなどをQRコードに変換して写真にプリントでき、読み込めばスマホ上で内容を再生してくれます。誕生日やクリスマスなどのイベントにぴったりです。

 

第5位 エルジー(LG) Pocket Photo PD269

コンパクトな手のひらサイズのフォトプリンター。印刷はZINK方式です。専用アプリをスマホにインストールすれば、お気に入りの写真を手軽にプリントできます。フレームで飾ったり、文字を入れたりして加工を楽しみましょう。一見、プリンターに見えないおしゃれなデザインも魅力的です。

人気フォトプリンターのおすすめランキング
コンパクトタイプ

第1位 キヤノン(Canon) SELPHY CP1200

持ち運びが楽で手軽に使えるコンパクトな昇華型フォトプリンター。Wi-Fiダイレクト機能で簡単にプリントできます。メモリーカードやケーブル接続にも対応。L判やポストカード、シール用紙など幅広く対応しています。

オーバーコート仕上げをすることで、より綺麗で長持ちする写真が完成。高品質プリントができるプリンターをお探しの方におすすめです。別売の直付けバッテリーを装着すれば、旅行でさらに重宝されることでしょう。

第2位 エプソン(EPSON) Colorio me PF-71

A5用紙にプリントできるインクジェット方式のフォトプリンター。無線LAN、Wi-Fiダイレクト、SDカードなど多彩な接続方法に対応しています。

色合いの自動補正機能と高画質4色インクが美しい写真を実現。専用のアプリで手軽にシールづくりやパノラマプリントが楽しめます。L判や2L判、ハガキ、封筒などにも対応しているので、いろいろな用紙へプリントしたい方におすすめです。

第3位 エプソン(EPSON) カラリオ PF-81 2017年度版

年賀状をワープロ感覚でカンタンに作成できるインクジェット方式のフォトプリンター。L判の高画質写真を約30秒で素早くプリントしてくれます。9.0型の大型タッチパネルは視認性が高く、仕上がりを確認しながら作業ができて便利です。

無線LANやWi-Fiダイレクトに対応していて、パソコンやスマホからのプリントが簡単。写真だけでなく、手軽に年賀状作成もしたい方におすすめ。

第4位 カシオ(CASIO) プリン写ル PCP-2500

はがき作成ができるA6サイズ対応のフォトプリンターです。8型の大型タッチパネルとキーボードで操作が簡単。年賀状作りから写真プリントまで手軽にできます。コメントプリント機能で文字やスタンプを入れれば、手軽に写真アレンジが可能。家族で気軽に年賀状作りや写真プリントを楽しみたい方におすすめです。

第5位 センチュリー(CENTURY) スマートフォンプリンター APRi

APRiは、スマホやタブレット専用の昇華型フォトプリンターです。用紙とインクが一緒になった専用カートリッジで交換が簡単。専用アプリを使えばスマホから気軽にプリントできます。DockコネクターとUSBコネクターを搭載しているので、直接スマホに接続してプリントすることも可能です。

フォトプリンターとは?

By: amazon.co.jp

フォトプリンターとは、デジカメやスマホで撮影した写真を印刷してくれるプリンターのこと。家庭用プリンターと違い大きな用紙には印刷できませんが、コンパクトなので持ち運びに便利です。

いちいちパソコンを経由しなくてよいので、気軽に使いやすいのが特長。液晶画面でデータの確認ができたり、はがきサイズや名刺サイズなど小さな用紙に対応していたりと、さまざまなモデルがあります。

画質はどうしても家庭用プリンターに劣りますが、その場ですぐに印刷できるのは大きなメリット。お出かけの相棒に最適です。

フォトプリンターの選び方その1
印刷方式の特徴で選ぶ

フォトプリンターの印刷方式は主に3種類。それぞれの特徴を照らし合わせて自分にぴったりなモデルを選びましょう。

昇華型熱転写方式

By: amazon.co.jp

まずは、フォトプリンターとしては現在主流の昇華型熱転写方式。熱でインクを用紙に転写する仕組みで、滑らかでキレイな写真に仕上がります。印刷には専用の用紙とインクリボンが必要です。

ZINK方式

By: amazon.co.jp

インクが染み込んだ専用の感熱紙を使うのがZINK方式。この感熱紙に熱を加えて発色させます。インクが不要なのでとても手軽。そしてプリンター自体のサイズが比較的小さいので、持ち運びに適しています。ただし画質は少々粗めであることに注意。

インクジェット方式

By: amazon.co.jp

最も馴染み深いインクジェット方式。写真用紙をはじめ、コピー用紙やはがき用紙など幅広く対応しています。印刷技術の向上により、現在では昇華型熱転写方式と同じくらい高画質です。ランニングコストの低さも魅力的。ただし、インクカートリッジの装着が必要なため、他のタイプと比較すると少し大型である傾向があります。

フォトプリンターの選び方その2
対応するメモリーカードや接続方法で選ぶ

スマホやタブレット、ノートパソコンから印刷するのであればWi-FiやBluetoothなどのワイヤレス接続が便利。デスクトップパソコンやデジカメの場合は、USBケーブル接続やSD/microSDカードなどに対応しているか確認しましょう。対応するメモリーカードの種類や容量も要チェック。