アウトドア用品としてアメリカでは定番アイテムである缶クージーは、日本でもメジャーな存在になりつつあります。そんな注目アイテムの缶クージーですが、中でもおすすめなのが今回特集する「Objectiboo」の取手付きの缶クージーで、1度使うと手放せなくなると人気です。今回はその魅力の秘密に迫りたいと思います!

ありそうでなかった取手付き缶クージー

O4BCeafsQzSr__SX300_
ドリンクの保温保冷効果のある缶クージーは、便利なアウトドアグッズとして人気です。夏の暑い日のBBQでは、冷たいドリンクでもすぐに温くなってしまいますが、これさえあればそんな悩みも解消してくれます。こんなに便利な缶クージーですが、実は取手付きのものは「Objectiboo」が初めて商品化したものなのです。ドリンク片手にお肉を焼いたり、食べたりする機会の多いBBQでは、持ちやすい取手付きは非常に重宝することでしょう。

BBQ以外でも活躍する機能性

img-key
「Objectiboo」の取手付き缶クージーは、工夫次第でさまざまな使い方ができます。2本のスリット型の取手部分にカラビナ型のキーリングなどをつければ、バックやベルトに缶クージーごと身に着けることが可能。いつでも冷たいドリンクを飲めます。また、吸水性の素材で作られていますので、オフィスなどで使用すれば水滴を気にせずにデスクにドリンクを置くことができます。

さまざまなニーズに応える3種類のサイズ

coozie

By: objectiboo.jp

「Objectiboo」の取手付き缶クージーは3種類のサイズを用意しており、使う方のさまざまなニーズに応えます。定番の350mlサイズは、ジュースからアルコールまで幅広く対応しBBQには欠かせません。意外と数の少ない500mlサイズはペットボトルにも使用でき、日常でも大活躍。そして、あると便利なカップサイズは、コンビニやコーヒーチェーンのカップサイズに対応しており、オフィスで重宝することでしょう!

おしゃれで豊富なデザイン

Ww7jIrHR2Kk__SX300_
アウトドアにピッタリなウッド調のものや、Webプログラムコードをデフォルメしたポップなもの、ベビーピンクをメインカーラーとしてキュートなものまで、豊富なデザインをラインナップ。アウトドアだけで使用するにはもったいない、おしゃれで魅力的なものが揃っています。