パソコン上でイラストを描く際に役立つペンタブレット。ペンタブレットを使い慣れたユーザーは、マウスやキーボードを使わなくてもいろいろな操作をこなしてしまいます。これからパソコンでのイラストに挑戦したいという方も、ペンタブレットがあればとても便利ですね。今回は、おすすめのペンタブレットを紹介していきます。

ワコム(Wacom) CTH-680/S3

618Ji7onaeL._SL1500_

ワコムの「CTH-680/S3」です。筆圧に対応したペンを使って、手書きに近い感覚でイラストやマンガなどをデジタルで表現することが可能です。自然でリアルなタッチのペンツールや多彩なペイント表現など、イラストを描くために必要な機能を備えた「CLIP STUDIO PAINT PRO(2年ライセンス)」がダウンロードできるので、すぐにイラスト制作を始められます。

プリンストン(PRINCETON) PTB-STRP1

51UzH77dTLL._SL1000_

プリンストンの「PTB-STRP」です。本体の画面は広いワイドエリアになっているので、さまざまな用途に活用できます。付属のペンは本体に2分間セットするだけで、約8時間の操作が可能になる急速充電式。薄さ4.7mmのスリム設計により、かばんに入れてスマートに持ち運ぶことが可能です。

HUION H610 PRO

51YHpYOGaSL._SL1200_

HUIONの「H610 PRO」です。8個のショットカットキーと16個のファンクションキーにショットカットを割り当てられるので、制作作業の効率をアップさせてくれます。高解像度、良好な反応率により、正確な圧力制御が可能。それにより、紙の上にペンを滑らせるような自然な感覚でイラストが描けるようになっています。

恵安(KEIAN) KANVUS Life H85

41zHi3CIS8L

KEIANの「KANVUS Life H85」です。最大で8インチx5インチの読取可能範囲により、ゆったりとイラストが描けます。1024段階の筆圧感知、13個のホットキーを搭載していながら、価格はリーズナブルになっているので、はじめてのペンタブレットにもおすすめのアイテムです。

ぺリックス(Perixx) PERITAB-502

71f7sr92tGL._SL1500_

ぺリックスの「PERITAB-502」です。2048段階の筆圧、4000lpiの高解像度を誇り、スケッチや手書きにも強くなっています。ショートカット機能が設定できる8個のマクロキーを搭載。入力ペンは充電の必要がないバッテリーフリータイプです。

サインソニック(SainSonic) S-420H

31fdjifFQjL

サインソニックの「S-420H」です。スマホとほぼ同じ大きさでありながら、筆圧や解像度は十二分なので、外出先でのスケッチに使えて便利です。ポケットにも収まるコンパクトサイズになっています。実習でいろいろなパソコンを使うことが多い学生の方にも最適です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) TBL-01UBK

3197Xjw5DBL

サンワサプライの「TBL-01UBK」です。ドライバは不要になっているので、パソコンに接続するだけで手軽に使えます。1024段階の筆圧検知により、線の太さや色の濃淡まで自在に表現可能。ペンで操作できるショートカット機能を使えば、作業効率が大幅にアップ。文書作成や手書き文字の入力にも活躍します。