スポーツやジムでのトレーニング中に音楽を聴くと、手軽に集中力を高められますよね。有線のヘッドホンやイヤホンを使うと邪魔になるので選ばれるのはもっぱらBluetooth無線の物でしょう。

外部の雑音からのシャットアウトも兼ねられるため、一人でなら大活躍しますが……友達と一緒にやっている時はどうでしょう。横にコーチがいて、会話する必要がある場合は?

大丈夫です。Combat+ Syncはそんな要求に応えてくれる、ユニークな機能が搭載されています。

Bluetoothで音楽をシェア+トランシーバーで会話

Combat+ Sync_03
Combat+ Syncは世にも珍しい「一台のスマホから複数のCombat+ Syncへ音楽をシェア」と「複数のCombat+ Sync同士でトランシーバーによる会話」を両立させたヘッドホンです。トランシーバーは約16km範囲内の相手と無線通話が行えるうえ、ネットワークに繋ぐ必要もありません。

音楽で集中、コミュンケーションで更に効果UP

Combat+ Sync_02
一台のスマホから同じ音楽を聴きながら、会話もトランシーバーでバッチリ行える。集中を高めつつ、いちいちヘッドホンを外す必要がないので集中力を保ったまま会話ができる訳です。

トレーニングやアウトドアでの使用を想定しているため、汗からの防水性・負荷がかかっても壊れない柔軟性を両立させた素材で出来ています。
更に驚いたのは、Bluetooth v.4.0とaptxコーデックに対応している事。これは現在ある技術の中で最も高音質に無線で音楽を楽しめる技術です。一切の妥協を感じられない点に開発者の本気を感じますね!

Combat+ SyncはKickstarterで出資を募っています。支援受付は日本時間9月11日まで。