ダイエットはしたいけど、この炎天下の中で運動したり、厳しい食事制限をするのはちょっと…という人に朗報です! クラウドファンディングサイトIndiegogoで、履くだけで一日500から1000カロリーも消費できるインソール「Thin Ice」という夢のようなアイテムが登場、話題となっています。

thin3

Thin Iceは特殊なサーモチップを内蔵したインソール。もともと人間の体は寒さを感じると褐色脂肪細胞が脂肪を燃焼し体温を上げようとします。Thin Iceはその体の仕組みを利用して、サーモチップによって体を冷やし、特に運動することなく日々の生活を送りながら消費カロリーをアップさせるという仕組み。特に意識することなく500カロリーも消費できるなんて嬉しい限りですね。

それじゃあ足の裏はずっと冷たいのかというとそういうわけではなく、靴を履いたときは確かに冷たいのですが、数秒で慣れてしまう程度なのだとか。プールに入ったときにも似たような現象が起こるといえばわかりやすいかもしれません。

thin4

インソールにはサーモチップのほかにバッテリーが内蔵されていますが、履いていてもその存在はわからないようになっています。また、インソールだけでなく、ベストも開発されているので、スーツの下にこっそり着るだけでダイエットができちゃいます。

thin2

また、Bluetoothにも接続可能で、専用のアプリを使えば、サーモチップの温度管理や消費したカロリーを記録することができるというのもポイント。サイズもインソールは21.5cmから、ベストも女性用のSサイズから用意されていて、ともに95ドルから出資が可能となっています。