もっと点字を普及させたい。

世界の視覚障がい者数は2億8千5百万人。そのうちの95パーセントは点字に訳された書籍の少なさ、点字版電子書籍リーダーが高価である、などといった理由で、点字を習得することをあきらめています。今回ご紹介するのは、これらの問題を少しでも解決しようと立ち上がった企業 dot により開発された点字スマートウォッチです。

なぜ点字スマートウォッチ?

dot-braille-smartwatch-designboom-03-818x422

点字版の電子書籍リーダーは高価でかさばるので、気軽に持ち運べません。でもウォッチ型であるなら、出先でも腕でいろいろな本を読んだり、情報を確認することができます。

どんな機能があるの?

dot-braille-smartwatch-designboom-05-818x422

この点字スマートウォッチには6つの点で構成される点字が4つ表示。スキルに合わせて、文字を読む際の点字表示速度を調整することも可能です。

スマートウォッチとしての機能には、時刻、アラーム、メッセージの送受信、電子書籍リーダー、ナビゲーション、Bluetooth などが含まれています。

すぐれたデザイン性

dot-braille-smartwatch-designboom-01-818x910
点字デバイスの多くはデザイン性に欠けていますが、dotが開発した点字スマートウォッチは「みんなデザインが必要であり、点字は美しい」という信念のもと、他の人の目にも魅力的なものとしました。

dot-braille-smartwatch-designboom-04-818x422

10時間のバッテリーライフのdotスマートウォッチの価格は300ドルを下回る設定で、2015年12月にアメリカでリリースされる予定。

このようなスマートウォッチが普及して、視覚障がい者の方々の世界がこれまで以上に広がるといいですね。

ラウンドフェイスモデルもあります。
dot-braille-smartwatch-designboom-06-818x615