スマートフォンユーザーはいつでも”電池切れ”が気になるもの。外出先でいきなり使えなくなると、途端に困ってしまいます。そこで便利なのが、どこでも充電が可能なモバイルバッテリーです。バッテリー本体にコンセントが付いていると、とても便利。

今回は、おすすめのコンセント付きモバイルバッテリーを紹介していきます。

コンセント付きおすすめのモバイルバッテリー

パナソニック(Panasonic) モバイルバッテリー搭載AC急速充電器 5,000mAh QE-AL201

51lkd7VnwpL._SL1312_

商品価格 ¥ 4,590

コンセントに差し込んでいる場合はスマホから優先的に充電し、満充電に近づいたら自動でモバイルバッテリー本体の充電に切り替わるパススルー方式を採用。モバイルバッテリーとして使う時はスマホ約2回分の充電ができるので、外出先でも安心です。

モバイルバッテリーとして使える回数も2500回と多くなっています。長寿命のため、長く使い続けることができますね。ゲーム機からタブレットまで、いろいろなデバイスに対応できるモデル。普段何個かデバイスを持ち歩く人におすすめです。1.8AのUSBポートが2つ付いているため、どちらからでも急速充電ができます。

mopoer モバイルバッテリー 大容量8200mAh iPhone

71hCUsFtvIL._SL1500_

商品価格 ¥ 4,480

8200mAhの大容量バッテリーで、最大でiPhone6などを、約3回ほどフル充電できます。充電後は自動で電源を切る「自動電源OFF機能」により、無駄がありません。充電しっぱなしで、外出しても過放電や過充電になったりすることもなく安全です。さまざまなタイプのスマホやタブレットに対応しているので、持っていて損はない1台。

ポートは2.1Aと1Aに対応。高速充電にも対応しており、マルチに活躍します。内臓されているバッテリーには、高品質なリチウムポリマーバッテリーを使用。軽くて薄いと定評がある、バッテリーなだけあって、大容量ながら持ち運びやすいです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) モバイルバッテリー 大容量 11400mAh 700-BTL025

71BIJ6rLYeL._SL1280_

商品価格 ¥ 12,800

大容量のモバイルバッテリー。消費電力が65W以下であれば、ノートパソコンやゲーム機などの充電をすることができます。USBポートからは2.4Aの高出力が可能。急速充電にも対応しています。急激な充電の減りにも対応できるため、便利です。モバイルバッテリー側面には、充電の残量をお知らせするLEDがついています。

ACアダプターにより、充電を行えば、大容量といえども3~4時間で満タンに。夜に、充電器にさして寝れば、朝にはバリバリ使えるようになっています。買った人が長くモバイルバッテリーが使えるように、USBポートやACアダプターの部分には、カバーを搭載。故障の大きな原因とも言えるチリやゴミを極力抑えることができる設計は、このモバイルバッテリーの魅力の1つです。

チーロ(cheero) Energy Plus 12000mAh 大容量モバイルバッテリー

51uODndTfUL._SL1280_

商品価格 ¥ 6,742

モバイルバッテリーは、容量が大きくなればなるほど、サイズ自体も大きくなってしまい、持ち運びに不向きになってしまいます。しかし、こちらのモバイルバッテリーは、従来モデルより容量があがったものの、厚さを30%カット。重量も5%くらい軽くなっています。

内臓されているバッテリーは、リチウムポリマーバッテリーを採用。薄くて軽いと言われているバッテリーが採用されているだけあり、市場に出回っているモバイルバッテリーの中でも、薄くなっています。

安全面にも重点が置かれており、過放電や過充電を避けるような安全回路設計に。USBポートは、USB2.1A対応になっているため、急速充電にも対応。スマホやタブレット、Wi-Fiルーターまで、たくさんのデバイスで充電できることもこのモバイルバッテリーの魅力ポイント。

ビジネス用の使用から普段使いまで、いろいろなシーンで活躍するおすすめ機種です。

ラブパワー(RAVPower) モバイルバッテリー 13000mAh 大容量

61q89dv3fWL._SL1000_

商品価格 ¥ 4,499

海外旅行にもモバイルバッテリーを持って行きたい人におすすめです。このモバイルバッテリーは「100-240V」の電流に対応しているため、海外旅行に行った際でも簡単に充電できます。また、13000mAhの大容量設計になっており、iPhone6/6sならば、4~5回ほどの充電が可能です。

普段使いでは、使い切れないくらいの容量を持っています。USBポートは、2つ搭載されているため、タブレットなどと一緒に使ってもいいですね。

ラブパワーの代名詞といってもいい「iSmart技術」がこのモバイルバッテリーにも搭載されています。接続されたデバイスを自動検知し、適切な電流を流すことが可能です。また、こちらにはLEDライトが搭載されており、災害時などの懐中電灯代わりにもなります。1つで2役こなせる優れものです。

ChargeTech 27,000バッテリーパック

71gTDENdJWL._SL1280_

商品価格 ¥ 19,000

たくさんの受賞を獲得したモバイルバッテリー。容量は「12000mAh,18000mAh,27000mAh」の中から選ぶことができるため、自分に最適な容量のモバイルバッテリーを選ぶことができます。2.4Aの高速充電に対応しており、ビジネスシーンで多く使うことがあるタブレットなども、普段より早く充電することが可能。外出時充電が減ってきても安心ですね。

こちらのモバイルバッテリーは機内で使うことができる基準を満たしており、長時間のフライト時でも、気軽に充電できます。長い旅先を動画を見たり、音楽を聴いたりして、楽しみましょう。

使用時間が短いとされている、「GoPro」の充電にも対応しているため、カメラマンの人にもおすすめ。いろいろな場所でバッテリー切れを起こさずに済みますよ。

モバイルバッテリー ACコンセント搭載 6000mAh 2.1A出力 ブラック

81C--CRJPxL._SL1500_

商品価格 ¥ 6,345

電池の残量をお知らせするインジケーターが付いています。モバイルバッテリーの充電が切れる前に、対応できるため、便利です。持っていったのに、充電がなくて使えなかったとなったら、お話になりませんよね。こまめな充電が面倒くさい人でも、わかりやすくていいですよ。

容量も、「3600mAh,6000mAh,9000mAh」の3つから選べるのも、嬉しいポイントの1つ。普段使いにはぴったりな容量です。また、こちらはタブレットの2.1A高出力充電にも対応。タブレットをお持ちのかたは、こちらをおすすめします。充電が減るのが比較的に早いタブレットに対応しているのはグットですね。

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー AC一体型 3200mAh DE-MB1L-3220BK

61yX98RaiML._SL1500_

商品価格 ¥ 2,876

モバイルバッテリー本体と充電しているデバイス両方をそのまま充電できる、「まとめてチャージ」に対応しています。両方充電時でも、1.5Aの出力を出すことができるため、素早く充電可能。短時間で両方のデバイスを充電できるのは便利です。朝の小一時間の充電でも、1日使うくらいのバッテリーは貯めることができます。

電池残量を知らせるLEDも細かく4個ついており、25%刻みで、バッテリー残量を知ることが可能です。細かくなればなるほど大体の使用可能時間をつかむことができるため、便利に使用できます。容量は3200mAhとスマホ充電1回分くらいですが、普段使い程度であれば、十分な容量。プライベートで使いたい人におすすめです。

モバイルバッテリー PES-2200AC-BK

51B4Irc+DTL._SL1000_

商品価格 ¥ 3,002

モバイルバッテリーとケーブルが一体型になっているため、持ち運びに便利です。普通のモバイルバッテリーの場合は、ケーブルなどを持ち運ばなければいけないため、無くしてしまうリスクなどもあります。しかし、こちらは一体型タイプのため、そのようなリスクを削減。よく忘れたり無くしがちな人におすすめです。

6色のカラーバリエーションから展開されており、白・黒しかないモバイルバッテリーに飽きている人にもおすすめの製品です。

モバイルバッテリーの給電方式

71is2tbjsyL._SL1280_

モバイルバッテリー自体に給電する方法として、主に3種類あります。それぞれの給電方式によって、メリット・デメリットが存在するため、自分にあった給電方法のモバイルバッテリーを選びましょう。

充電式モバイルバッテリー

81lWruu3YZL._SL1500_

基本的に世の中に多く出回っているモバイルバッテリーは、この給電方式を取っています。モバイルバッテリーにUSBケーブルなどをAC充電器に接続し、充電するタイプです。このタイプのメリットは、充電スピードが早いところにあります。

一体型になっているモバイルバッテリーの場合は、ACアダプターを持ち歩くことがないため、ACアダプターを無くしたり、忘れたりすることがなく、便利です。

乾電池式モバイルバッテリー

dark-toy-detail-lego

一昔前に、流行っていた方式です。このモバイルバッテリーのいいところは、乾電池さえあれば、充電ができるところにあります。そのため、コンビニなどが近くにあれば、モバイルバッテリーを何度も復活させることが可能です。

しかし、ランニングコストがとてもかかるため、普段使いとしてはあまりおすすめできません。いざという時の予備使用や、アウトドアなど電気が使用できない環境下での特殊な場合では、大いに活躍します。

ソーラーチャージャー式モバイルバッテリー

71V7yso1CKL._SL1000_

By: amazon.jp

近年、テクノロジーの発達によりこのタイプが誕生しました。この方式の良いところは、太陽が出ていれば、どこでも場所を問わず充電ができるというところです。また、電気代も電池代もかからないため、安く充電ができます。

十分に太陽が出ていないと充電ができないという不便さがありますが、災害時など、電気が使えなくなった時には、大活躍するアイテム間違いなしです。