ダッチオーブンを使った料理はアウトドアの定番。ダッチオーブンは用途が幅広く、便利な魔法の調理器具のように言われていますが、はたして本当にそうなのでしょうか? 実はメンテナンスが大変でキャンパー泣かせな道具でもあります。しかし近頃は、ユニフレームの新世代ダッチオーブンが人気を博しているそうです。今回はこのユニフレームのアイテムについてリサーチしてみましたので、その人気の理由に迫ってみましょう!
 

メンテナンスが楽! ユニフレーム ダッチオーブン

418BAS1VZ9L
多くのダッチオーブンは鋳物でできています。鉄製なんだから使えばサビるのは当たり前、特にトマト煮なんかをすればトマトの酸で確実にサビてしまいます。これを避けるため、シーズニングという油を染み込ませる作業が必要になるのです。ユニフレームのダッチオーブンは”黒皮鉄板”という鉄の表面に酸化皮膜を化成処理により、施してあるので従来の鋳物製品に比べてサビにくくなっています。メンテナンスの手間が減り、お手入れも楽々です。

軽くて頑丈

660973-13

By: uniflame.co.jp

鋳物製品と違い一枚の鉄板をプレス成形で討ちぬいた圧延鉄板なので、他の鋳物に比べて軽くて頑丈です。また、熱くなった鋳物を水の中に入れると鍋が割れることがあるのですが(実際に私もやりました)この製品ではそんな心配はいりません。鋳物特有の気泡の問題もありません。

工作精度が秀逸

660973-12

By: uniflame.co.jp

ユニフレームの工作精度は他の製品と比べ格段に高く、きっちりと密封してくれます。沸騰した時に蓋がガタガタとゆれるのがビックリ!自宅でも圧力鍋の代わりに活躍してくれそうです。遠赤外線でパンを焼いたりするとまた楽しいですね。取手が二重になっているので、グラつくことなく持ち上げられるのも安心ですね。

洗剤で洗える

660973-16

By: uniflame.co.jp

ダッチオーブンや鉄製フライパン、中華鍋を使う方はお分かりかと思いますが、シーズニングといって油をなじませる手入れが必要なダッチオーブンは、その油分が落としてしまう洗剤での手入れは厳禁なんですね。匂いや汚れが残っていたりして結構気になるもの。それも、ユニフレームのダッチオーブンなら、洗剤でガシガシ洗えるのでお手入れも簡単です。

家でも使える ユニフレーム ダッチオーブン 上火ヒーター

31602Y59MJL

By: amazon

直火にほうりこんで使用するダッチオーブンは、キャンプやバーベキューなど野外で使う調理器具のイメージが強いですね。ですが、ユニフレームのダッチオーブンはなんと電磁調理器対応という優れもの。このダッチオーブンを使えば自宅でも安全に、遠赤外線調理で美味しい煮込み料理などを作れます。

UNIFLAME(ユニフレーム) ダッチオーブン

418BAS1VZ9L