ミステリーランチは、米軍の特殊部隊に採用されているバックパックのブランドです。ミステリーランチのバックパックは、その機能性の良さや、丈夫な堅牢性を兼ね備えているところから「究極」のバックパックと称されています。

今回は、そんなミステリーランチのバックパックを取り入れたコーディネートと、ミステリーランチのバックパック中でも人気のモデルをご紹介します。

ミステリーランチの人気バックパック

ミステリーランチの商品展開は、マウンテン、ハンティング、エブリデーキャリー、ファイアー、ミリタリーという5つに分かれています。

マウンテンは、登山、トレイルなどのアウトドア向けで、ハンティングは偵察と荷物の取り出しなどの幅広い活動を補助するアウトドア向けです。また、エブリデーキャリーはタウンユース向け、ファイアーは消防活動向け、ミリタリーはミルスペックの軍隊向けです。

このように多岐に渡った商品展開をしているミステリーランチの人気のバックパックを紹介します。

ミステリーランチ(MYSTERYRANCH) アーバンアサルト

61mxqq8bel-_ul1500_

商品価格 ¥ 17,064

こちらは、ミステリーランチで一番人気のモデル。このアーバンアサルトはエブリデーキャリーのラインで展開されていて、シンプルかつベーシックなデザインなので、日常使いにぴったりなバックパックです。軽量で丈夫なフレームに、固定式ハーネスが組み込まれています。

そして何と言っても3ジップが一番の特徴。素早く荷物を出し入れでき、使い勝手がいいと定評があります。また、内部にはPC・ドキュメントのスリーブが搭載。他にも多くのポケットがあるので、荷物整理ができるようになっています。さらにリジットポケットにはキークリップが付いているなど細かい機能性も売りです。

こちらの商品も、底の生地が2重になっている仕様です。別売りのウエストベルトも装着することができます。容量は21ℓで重さは1240g。

ミステリーランチ(MYSTERYRANCH) ブーティーバッグ

41fo2na8qrl

商品価格 ¥ 5,780

次にこちらのモデルをご紹介。こちらのブーティーバッグも、エブリデーキャリーのラインで展開されているバックパックです。買い物中は手提げとしても使えますし、散歩や移動で歩くときには背負ったり肩にかけたりすることができます。

トートバッグのように開口部分が広くなっているので、荷物の出し入れが簡単です。背負ったときに自動でバッグの上部が閉まる仕様はとても便利です。また、内部には小物などの収納が可能なジッパーポケットも付いています。

そして、この形のバッグには背負い心地が悪いバックパックが多いですが、こちらのブーティーバッグはパッドが入っていて適度なクッション性もあり、快適な背負い心地を可能にしています。容量は11ℓ、重さは400g。

ミステリーランチ(MYSTERYRANCH) エックス20

41irqya5ohl

商品価格 ¥ 25,920

エックス20をご紹介します。マウンテンのアルパインから出ているピッチ20と同型のモデル。ピッチ20が680gと軽量なのに対しこちらは930gと若干重いですが、それは側面にX-PAC(エックスパック)を仕様し、さらに強い磨耗が起こりそうな部分には頑丈なコーデュラナイロンを仕様しています。

こちらより小ぶりなエックス17というモデルも展開されていますが、エックス20は若干背丈が高く、ノートパソコンの収納も可能です。また、ウエストベルトやフレームの取り外しが可能で、使う人の用途に合わせてカスタマイズが可能です。

アルパインということで、ハイドレーションシステムにも対応していて、ホースを固定できるストラップには笛が付いています。容量は20ℓ、重さは930g。

ミステリーランチ(MYSTERYRANCH) ワンデイアサルト 19761001019000

515ylsrooil

商品価格 ¥ 54,000

ワンデイアサルトは、アーバンアサルトと同様3ジップを搭載しています。エブリデーキャリーのバックパックです。アーバンアサルトが大体2万円くらいの値段設定であるのに対し、こちらのワンデイアサルトの方は5万円くらいの値段設定。耐久性に特化した頑丈な素材を用いているためにこのような値段設定になっています。

また、フューチュラヨークシステムも搭載しているので、調節可能なのもいいですよね。ノートパソコン用のスリーブも付いていますし、ポケットも付いています。こちらも底面が2重構造になっています。容量は18ℓ、重さは1240g。

ミステリーランチ(MYSTERYRANCH) ジャバ myb002115101

51mdgaico7l

商品価格 ¥ 31,320

こちらは、ここまで紹介したアーバンアサルトやワンデイアサルトに採用されていたような3ジップとは違い、2層構造にデザインされたものです。1層目にアクセスする場合は真ん中のジップから、2層目の場合は左右のジップからできるようになっています。

混みあった電車などの狭い空間、移動中などにスマートに荷物にアクセスすることができます。ノートパソコンやドキュメントを持ち運ぶ機会が多いタウンユース向けです。ノートパソコンの収納部分であるスリーブは厚みや大きさの許容範囲が大きいため、使う人の好みに柔軟に対応できます。

正面の左右にある縦のジップからアクセスできるツインポケットはペットボトルや折りたたみ傘などを収納するのに便利。容量は18ℓ、重さはおよそ1100gです。

ミステリーランチ(MYSTERYRANCH) スクリー myb002406102

41cn02-rdyl

商品価格 ¥ 24,840

エブリデイキャリーラインのスイートピーに似たバックパックをご紹介します。しかし、こちらはマウンテンのトレイルラインから出されています。フューチュラヨークシステムと3ジップが搭載された中型のデイパックです。背面が調節できるので、ある程度体型に合わせてフィッティングできるようになっています。

サイドにボトルポケットが付いていて、ペットボトルや水筒の収納に最適。また、ハイドレーションにも対応しています。そして、こちらも底面は2重になっているので耐久性も十分です。容量が多いですが、軽量で最上級のフレームと機能性があるので、デイハイクにぴったりのモデルです。容量は38ℓ、重さは1420gです。

ミステリーランチ(MYSTERYRANCH) ピッチ40 19761089022005

71eqkxtwzll-_ul1500_

商品価格 ¥ 31,320

こちらは、先ほど少し触れたピッチ20の容量が増えたモデル。マウンテンのアルパインラインから出されています。

アルパインミッションに使用しても十分な容量があり、リードが付いているのでだぶつくことなく圧縮してコンパクトに収納することができます。リードによって圧縮・パッキングされ、またフレームシステムとウエストベルトで、ぶれることなく長いルートでも快適に背負うことができます。容量は42ℓ、重さは1660g。

ミステリーランチ(MYSTERYRANCH) スリーデイアサルト 19761034008005

517t5x42bfl

商品価格 ¥ 86,400

こちらはミリタリーのアサルトラインから出ているスリーデイアサルト。米軍の特殊部隊をはじめ多くの採用実績があるバックパックです。3ジップ、フューチュラヨークシステム、ウエストベルトが搭載したモデル。

ミルスペックのため、頑丈さと耐久性、機能性を兼ね備えています。そのため、価格も8万円くらいと高めに設定されていますが、それほどの価値はあります。容量は33ℓ、重さは230g。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) ストリートファイター

71fel2sr93l-_ul1500_

商品価格 ¥ 30,240

エブリデーキャリーラインのストリートファイターをご紹介。特殊なテーマのもと作られたバックパックとは違い、シンプルなスタイルのバックパックです。

どんな用途にも備えた臨戦態勢をイメージして作られているので、どんな使い方もできます。かなり軽量にできていて、タウンユースのちょうどよさを実現しています。容量は20ℓ、重さは1170g。

ミステリーランチ(MYSTERYRANCH) ガンファイター

61kq04qpel-_ul1500_

商品価格 ¥ 28,950

こちらもエブリデーキャリーから出されているバックパックです。このガンファイターは、特殊部隊向けのバックパックのデザインを踏襲しながらも、デイリーユース、タウンユースにアレンジしてできたバックパックです。

正面のスリットのような部分には、ヘルメットやジャケットなどを挟み込むように固定、収納できるようになっています。17インチという大型のノートパソコンも収納可能なスリーブを搭載。サイドのアクセスジッパーやセキュリティーポケットなど、使い勝手のいい機能も搭載しています。容量は22ℓ、重さは1240g。

ミステリーランチ(MYSTERYRANCH) ピッチ17 19761087

81cnm9za3vl-_ul1500_

商品価格 ¥ 15,660

こちらは、ピッチ17というピッチシリーズの一番小さなモデル。シンプルで軽量で、上部の開口部分は巻き込むロールタイプになっているので、荷物を出し入れしやすくなっています。

軽装の装備にぴったりのアルパインバックパックです。他のピッチと同様にハイドレーションにも対応しているので、長距離のランニングパックにも最適。容量は17ℓ、重さは700gです。

ミステリーランチのバックパックを使ったおしゃれコーデ

モノトーンのアーバンアサルトコーデ

20151110170004941_500

By: zozo.jp

フード付きのレザージャケットにニット帽を合わせ、黒いボトムスに黒ブーツで、全身を黒でまとめたモノトーンコーデです。ミステリーランチのアーバンアサルトも黒のタイプをチョイスしています。

モノトーンコーデの場合、単調になりすぎないためには素材やテイストを変えることでまとまり感が出ます。ニット素材、革、デニム生地、そしてアーバンアサルトのコーデュラナイロン。スポーティーさとクールさの演出に黒のアーバンアサルトはぴったりですね。

カラフルな差し色アーバンアサルトコーデ

20160620000506612_500

By: wear.jp

今度は、カラフルな色使いのアーバンアサルトです。ジップの鮮やかなオレンジのラインとシックなブルーが可愛らしい雰囲気を出します。スニーカーでこの色を拾っているところがおしゃれです。また、このコーデはスニーカーとバックパック以外がシンプルな色使いですが、バックパックとスニーカーを鮮やかにすることで、華やかさが出ています。

スニーカーだけやバックパックだけだとそこが浮いてしまうので、うまく拾いコーデができていて、全体的にまとまっていますね。

花柄パーカとアースカラーのアーバンアサルトコーデ

20160326011015029_500

By: zozo.jp

今度は、地味な色のアーバンアサルトです。キャップにメガネ、マウンテンパーカにデニム、スニーカーにバックパックというストリートスタイルです。

こちらは、バックパックの色が地味なので、パーカにカラフルな花柄を持ってきて、スニーカーも紐の色を鮮やかなピンクにしています。上手に拾いコーデができていますね。地味な色味に地味で合わせないテクニックが素晴らしです。

きれいめブーティーバッグコーデ

20151106174143855_500

By: zozo.jp

こちらは、ブーティーバッグのコーデです。ライトグレーのウィンドーペンのアウターに中は白シャツ、ボトムスに少し濃いめのグレーのスラックス、足元は黒の革靴というクリーンなカジュアルスタイルです。

コテコテのカジュアルスタイルにも合いますが、こういったきれい目なスタイルにこのブーティーバッグの黒はピッタリです。また、黒という色は何にでも合わせやすいので、迷っている人は是非、黒を。

ミリタリーカラーのブーティーバッグコーデ

20160804144251735_500

By: zozo.jp

迷彩柄のブーティーバッグを使ったコーデです。ハットにカーキのオーバーサイズなビッグTシャツ、黒スキニーにローゲージの白靴下をサンダルに合わせています。迷彩柄のブーティーバッグは他の色のブーティーバッグとは違い、生地が強めにできているのが特徴です。

こちらのコーデでは、迷彩柄のミリタリー感をトップスのカーキが拾っています。統一感があって今風なトレンドコーデですね。

ミステリーランチについて

header_history

By: mysteryranch.jp

ミステリーランチのルーツは、1978年に遡ります。現在のオーナーであるデイナ・グリーソンがクレッターワークスを立ち上げ、レネー・シペルベイカーを縫い子として雇ったところから始まります。その後、さまざまな試みをする中で2人の関係がより強固なものとなり、1985年にデイナデザインを立ち上げます。

これが荷物運搬システムの業界基準隣ほどの評価を受けたものになりました。それにより、1990年代初頭にはデイナデザインが背負いやすくて高品質であるという評価が定着しました。事業を拡大する中で1995年にK2による買収を受けます。

彼らはリタイアしかけますが、2000年にミステリーランチを設立し、バックパック作りの世界へ戻りました。そして2004年に米軍の海外特殊部隊であるネイビーシールズに特別仕様のバックパック製作の依頼を受けます。これにより、ミリタリー業界との親交が深まり、そこでのノウハウをミステリーランチのバックパックに反映させていきました。

また、ミリタリーから、森林消防隊、ハンター、登山家などのアウトドアの最高レベルの顧客と関わる機会も得て、それまでの独自の背負い心地の良さにデザイン面や素材などの機能面の改良を加え、究極のバックパックと呼ばれるようになりました。

ミステリーランチの特徴

8805847_171_D_500

By: zozo.jp

サイジングは、ショルダーハーネスとウエストベルトを採用しています。また、フィッティングは、ストラップやフレームシート、ハーネス(ヨーク)などを調節することで、フィットさせることができます。これは、フューチュラヨークシステムという機構が導入され、またフレームシートアジャスターが取り入れられていることによって可能なフィッティングです。

生地にはコーデュラナイロンを使用しています。その繊維の太さは500デニールです。1000デニールという極太の生地もありますが、これほどの太さの生地を導入してしまうとバックパック自体が重くなってしまうため、500デニールを主に採用しています。

8772020B_b_1012_500

By: zozo.jp

また、ほぼ全てのモデルで底面が二重生地になっていて、耐久性と耐水性を実現しています。フレームには鉄に比べ60%軽く、強度が6倍のグラスファイバーとリサイクルペットボトルの合成素材が使われています。また、通気性などに配慮したウレタンフォームも採用しています。

そして、ミステリーランチは生涯保証を約束しています。経年変化や過失による破損、洗濯などによるダメージも修理をしてくれます。それから、全米の消防士による特別組織であるホットショットと呼ばれるチームの112組織のうち87組織がミステリーランチのバックパックを採用し、消防士の方たちからも高評価を得ています。