これからのパーソナルEV。

街で見かける一人乗りのEVや電動バイク。電気で動くという意味では"最先端"なのかもしれませんが、何かが足りないような気がすることがあります。今回ご紹介するのは、性能でもデザインでも妥協を感じさせない、これからのパーソナルEVのコンセプトモデル Tulip です。

"Tulip"型カウル

tulip-concept-ev-personal-transportation-by-ognyan-bozhilov2

まず目を引くのは全体を覆うかのようなカーボン製の"Tulip"型のカウルやホイールパネル。その独特な形状で空気抵抗を低減することができるとされています。

街乗りにぴったり

tulip-concept-ev-personal-transportation-by-ognyan-bozhilov4

Tulip はパーソナルEVですが、その本格的なサスペンションと3つのホイール、また低重心に設計されているため非常に安定した走りとバイクのような爽快感が楽しめます。

tulip-concept-ev-personal-transportation-by-ognyan-bozhilov3

また、ホイールベースが短いので、街乗りでの取り回しが楽で駐車スペースに困りません。現行のパーソナルEVと比べてアドバンテージがありますね。

性能もばっちり

tulip-concept-ev-personal-transportation-by-ognyan-bozhilov7

Tulip は性能の面でも妥協はありません。マグネシウム合金の軽量高剛性フレームの中心下部にバッテリーなどの動力ユニットがまとめられています。

tulip-concept-ev-personal-transportation-by-ognyan-bozhilov10

強力なモーターと最新のLi-ionバッテリーでの走行可能距離は100km。街乗りでもディスクブレーキやオプションのエアバッグがあるので安心です。

tulip-concept-ev-personal-transportation-by-ognyan-bozhilov11

自由なカスタマイズ性

tulip-concept-ev-personal-transportation-by-ognyan-bozhilov6

Tulip の基本タイプは街乗りですが、郊外の荒れた道を走ることが多い場合は、強化サスペンションやサイズの大きいタイヤを選びましょう。

tulip-concept-ev-personal-transportation-by-ognyan-bozhilov12

また、子供を乗せることがあるなら、チャイルドシート装着も可能。なんとペダル付電動トライクに変身させることも!これは楽しい。

Tulip はコンセプトモデルですが、市販化が実現するなら欲しい人続出の魅力的な乗り物になるに違いありません。