通勤通学で、街中でなど、普段使いのヘッドホンを持っているユーザーは多いですね。新しいヘッドホンが欲しいなあと思っても、いきなり高級なヘッドホンに手を出すのはためらわれるもの。予算1万円以下でも、普段の音楽ライフをワンランクアップしてくれるヘッドホンはたくさんあるんです。今回は、1万円以下で買えるおすすめのヘッドホンを紹介していきます。

第1位 アー・カー・ゲー(AKG) Q460

71+yEe-IXeL._SL1500_
コンパクトサイズながらも確かな音質の「Q460」です。AKGのMiniヘッドホンの最上位モデル「K450」の音質をさらに発展させ、豊かな低音と伸びのある高音域で楽しませてくれます。iPhoneなどと使えるリモコン機能が付いたマイクを搭載しており、携帯機器との相性も良いアイテムです。

第2位 ヤマハ(Yamaha) RH-5Ma

4148Fjj6H8L
ダイナミックな音が特徴の「RH-5Ma」です。大口径の40mmドライバーユニットにより、パワフルな音を鳴らします。OFCリッツ線コードを採用し、歪みの少ない高音質を実現。原音の再現性も高く、リーズナブルなモニター用ヘッドホンとして仕上げられた1台です。

第3位 ゼンハイザー(Sennheiser) HD429

81ICtu5r-CL._SL1500_
高性能かつスタンダードなヘッドホン「HD429」です。ゼンハイザーならではの抜けがよく開放感のある音質を実現。解像度も高く、シャープな輪郭で、力強く心地よい低域を表現します。強力ネオジウムマグネットと軽量ダイヤフラムを採用して遮音性を高め、街中でのリスニングにも活躍します。ラバーフィニッシュのハウジングは力強さを演出し、ブラックで統一されたクールなカラーリングがスタイリッシュな1台です。

第4位 JVCケンウッド HP-S900

41OmorBQeaL
心地よいリスニングが自慢の「HP-S900」です。カーボンコンパウンド振動板を採用した大口径高音質ドライバーユニットを搭載し、臨場感に溢れた迫力のサウンドを再生。また、ドライバー背面の同心円ダクトがユニット振動板の振幅を安定させる「サウンドスタビライザー」により、繊細な高音からパワフルな低音までもを高音質に。プロテインレザー採用の低反発イヤーパッドのおかげで、装着感も快適に。

第5位 モンスターケーブル(MONSTER CABLE) DNA ON-EAR

61aoXeqZJiL._SL1000_
ピラミッド型のハウジングがユニークな「DNA ON-EAR」です。Monster独自のドライバー技術が、クリアでありながらパワフルで繊細な音を作り出します。収納時はコンパクトに三つ折りでき、専用のキャリングケースに入れて持ち運べます。ケーブルは脱着が可能で、Apple製品に対応した交換用のケーブルも付いています。

第6位 ディリゲント(Dirigent) RHP-10

71J2ZHRbGcL._SL1500_
DJリスニングにも対応するハイパワーのヘッドホン「RHP-10」です。さまざまな環境に耐え得るように軽量ながら頑丈な作りとなっており、大口径の50mmドライバーユニットを搭載しながら、ハウジングはフラットかつコンパクトにまとめられています。2サイズのイヤーパッドが付属し、用途に合わせた自由なカスタマイズも可能。

第7位 サウンドピーツ(Soundpeats) A1ステレオヘッドセット

71rGuHHMmqL._SL1500_
ワイヤレス接続で音楽が楽しめる「A1ステレオヘッドセット」です。デジタルワイヤレス方式により、最大で約10mの距離でも音声信号伝送が可能。ワイヤレスでありながら、重低音から高音までバランスに優れた快適な音質を実現しています。マイクを内蔵しているので、Bluetooth対応のスマートフォンなどで通話も可能です。