プレゼンテーションや、会議でのプレゼンに使用することが多い「レーザーポインター」。大事な部分を強調したり、図や文章を分かりやすく指示したりとビジネスには必要不可欠なアイテムです。皆さんは持っていますか?まだ持っていない人は一本持っていると便利ですよ。

今回はビジネスマンに人気のレーザーポインターをランキングでご紹介するとともに、あまりよく知られていない特徴や選び方のポイントもご紹介します。

レーザーポインターのおすすめ人気ランキング

第1位 ヤザワ(YAZAWA) レーザーポインター LPB2401BK

312VZE5x2qL

商品価格 ¥ 1,278

ペンタイプやスティックタイプのものが圧倒的に多いレーザーポインターの中では珍しい平面タイプ。机の上に置いても転がらず無くす心配がなく、平面型ゆえに握りこむようにして持つので、手が疲れにくいのも大きなポイントです。

電池式ですが、単4電池2本なので手に入りやすく、連続使用で30時間持つので長時間のプレゼンテーションにも安心です。

光量としては室内で使用するのが最適。また、手頃な価格なので最近ではビジネス用途ではなく、猫の遊び道具として購入する人が増えています。

第2位 ロジクール(Logicool) ワイヤレス プレゼンター R400t

41s8DXOLxbL

商品価格 ¥ 4,409

こちらの赤色レーザーポインターは、パワーポイントで作成された資料のページ送り・戻しが簡単にできると好評です。ワイヤレス用のUSBレシーバーは本体に収納できるので無くす心配がありません。接続もUSBに挿せば自動でドライバ等がインストールされ、特別な設定をせずともすぐに使用することができます。

丸みを帯びたデザインは、手にフィットし持ちやすいと好評。重さも141g(電池別)と非常に軽いのもポイントです。ペン型のレーザーポインターでは物足りない人の入門機として最適ですよ。

第3位 ケンジントン(Kensington) グリーンレーザープレゼンター K72426JP

31jSC+9hoAL

商品価格 ¥ 6,990

広い開場や複雑な資料のプレゼンテーションに最適な緑色のレーザーポインター。パワーポイントの操作はもちろん、ジョイスティック機能搭載のため、説明中にマウス操作が必要になった際にパソコン前に戻る必要がありません。これなら会場を歩きながらの説明でも安心ですね。

また、プレゼンテーション中は室内を暗くすることが多いもの。こちらのレーザーポインターにはバックライトが搭載されているので、暗闇での操作で困ることもありません。

緑色のレーザーは50m先でもよく見えると言われています。大きな講演の前に準備しておくと便利ですよ。

第4位 SMK リモートポイント・ナビゲーター VP4170-54-85744

41-8kDKUgXL

商品価格 ¥ 10,772

これは何?と驚くデザインの赤色レーザーポインターは、機能はシンプルに抑えつつも操作性抜群で人気が広がっています。プレゼンテーション用ボタンが先端に大きく設置されているため、押し間違いを防止。指が大きくて従来のリモコン機能が使いづらかった人におすすめです。

説明中は、焦ってレーザーポインターを落としてしまった。なんてよくある話ですが、こちらは持ち手が部分がゴム製となっており滑りにくいのもポイント。緊張していても、安心してプレゼンテーションに挑めます。

第5位 ロジクール(Logicool) プロフェッショナルプレゼンター R800

41A5spNUf1L

商品価格 ¥ 8,866

こちらは緑色のレーザータイプ。さらにレーザーポインター本体にLCDが搭載されており、電池残量や電波強度、タイマー使用時の時間経過などを確認できます。特にタイマー機能は限られた時間内で説明が必要な際、正確な時間経過を知るのに便利ですよね。

緑色レーザーは目が疲れにくく、講義などで頻繁に使用する人におすすめですよ。

第6位 東心 レーザーポインター TLP-398W

41DeFWIcpPL

商品価格 ¥ 4,320

ペンタイプのベーシックなレーザーポインターは、ボタンを押している時だけライトが点くというシンプルな機能のため、短時間の使用や、頻繁に使わない場合は手軽に扱えて最適です。また、ペンケースに入るので持ち運びに場所を取らないのが最大のメリット。色もブラックやホワイトが圧倒的に多い中、ゴールドも揃えているのでどれを選ぶか悩みますね。

第7位 LeFanT Fly mouse Model:F1

410dJSa75ZL

商品価格 ¥ 3,880

清潔感があるホワイトのレーザーポインターは、リモコン機能やマウス機能と一通りの機能を揃えています。フリーハンドで画面に書き込める機能もあるのでとっさの追記や強調表示も思いのままです。サイズもコンパクトながら握りやすさ、使いやすいボタンの配置などこだわって作られています。

特筆すべきはUSBによる充電式というところ。大半のレーザーポインターは乾電池を使用しますが、充電式ならその分軽くなりますし、電池を持ち歩く煩わしさからも解放されます。出張や外出がが多い人におすすめです。

第8位 サテチ(Satechi Bluetooth再充電式ワイヤレスプレゼンター

316hSTOV5PL

商品価格 ¥ 4,123

こちらも人気の充電式レーザーポインターです。2時間の充電で最大60時間使用できるとあって、急なプレゼンテーションや時間がオーバーしてしまっても大丈夫。Blootooth接続のため、USB端子が装備されていないタブレットやノートパソコンなどでも使用できるとあって、出張時に荷物をコンパクトにしたいミニマル派に高く評価されています。

第9位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) レーザーポインター LP-RD308DS

314U6NWyB+L

商品価格 ¥ 5,692

無機質なものが多い中、スタイリッシュな家電を思わせるデザイン性に優れたレーザーポインターは、男性だけでなく女性にも人気。持ち運びはペンケースに入れるだけでなく、ストラップをつけて首から下げても違和感がありません。

光量も明るい部屋で使っても見やすく、機能性も問題なし。ビジネスに使うものでもおしゃれにこだわりたいという人におすすめです。

第10位 キヤノン(Canon) 電卓機能付きプレゼンター X Mark I Presenter

31K7q6PjJpL

商品価格 ¥ 6,754

カウントアップ、カウントダウンのタイマー機能はもちろん、見やすい緑色レーザー、USBレシーバーによるワイヤレス、プレゼンテーションの資料の操作など一通りの機能が搭載されているレーザーポインター。なんと電卓機能も搭載されており、その場で計算が必要になる金融機関や大学の研究室でよく使われています。

出力方式が赤色と違うため、どうしても電池持ちが悪いのが悩みだった緑色レーザーですが、なんと3.5時間の使用時間を実現。長時間のプレゼンテーションでも安心です。

レーザーポインターの選び方

レーザーポインターの色

81iH0dBfZbL._SL1500_
レーザーポインターは形状や重さなど、さまざまなものが登場しています。資料を指すだけだから何でもいいと思いがちですが、実は用途によって最適なものがあります。現在はいろいろ色を発光するレーザーポインターが存在しますが、主に使われているのは赤と緑です。

みなさんがよく見るのは赤でしょう。ホワイトボードなどの背景が白い資料には、赤色は可視性が高いため人気があり、そのため量産化が進んだため、安価で手に入れられる価格帯になっています。また、電池持ちが良いので、何かと長くなりがちな少人数の会議でも安心です。

緑はまだまだ一般的ではありませんが、赤色より明るく見えるために大規模コンベンションなどで使われることが増えました。使用光量が赤色よりも高く電池もちも悪く、まだまだ普及率が低いということもあってやや高価ですが、大きい開場での公演や、頻繁にプレゼンテーションの機会がある医療関係者や研究者を中心にユーザーが増えています。

レーザーポインターの機能

817JEt1liYL._SL1500_
また、レーザーポインター自体にパワーポイントを操作できる「リモコン機能」が備わったものも登場しました。何かと忙しいプレゼンテーションの場面ではパソコンの操作に気を取られがち。そういった煩わしさを軽減できるのでこちらは頻繁に使用する方におすすめです。

注意するポイント

51SDCNPx-oL
特に注意して欲しいのは、レーザーポインターの光は人やペットなどの動物の目に有害なものがほとんどです。最近では自宅ではねこじゃらしのためにレーザーポインターを購入する人が増えています。くれぐれも人や動物の目を照らさないように気を使ってください。