インテリアにかぎらず、古いものが好きな人は多いですよね。真新しいジーンズより洗いざらしの方が支持されるように、使い込んだ風合いというのは魅力があります。アンティーク調のインテリアもそろえるといい雰囲気になります。今回は、多人数になっても和んだ雰囲気になれる丸テーブルの中から、素敵な風合いのアンティーク製品をまとめてみした。

丸和貿易 ポーティオー モロッカンテーブル

41N4v3LWCqL
近頃、話題のモロッコ風アイテムです。 真鍮っぽい天板と金属製の猫足がアンテーィクの雰囲気を作り出していますね。直径410mと小さいので、椅子の横にちょっとした飲み物などを置いておくサイドテーブルですが、雰囲気はアジア気分のインテリアにピッタリです。高さは36cmなので、椅子なしで床に座るスタイルでも十分使えます。

コモテ-ブル アンティーク調 丸テーブル

41kTbFvdWQL
白いフランス風の猫足と飾り彫りが、18世紀を思い出させるデザインですね。サイドに置いて飲み物置きに使うなど、ちょっとした用途に使えそうです。直径は600mなので1人なら食事もできないことはないですね。中途半端な大きさに思えますが、部屋が狭く、あまり大きなテーブルが置けない場合はこのぐらいのサイズが使い易いかもしれません。

ダークブラウンサークルカフェテーブル

07151456_55a5f61eb2f3a

落ち着いたアンティーク加工を施した、ラウンドテーブルです。アンティーク風であって本物の年代物ではありません。古く見せるためにわざと傷をいれたり、虫に食われたような穴を開けたりするアンティーク風加工はヨーロッパで人気。メーカーによって上手に年代物風に加工できる所とできない所に分かれます。このメーカーは及第点の加工を施しているように思います。

ジープラン(G-PLAN) スパイダーテーブル

UU60-1

E.GOMME社というイギリスの古い会社製です。アンティークの世界でジープランといえば、結構有名なメーカーです。その中でも傑作といわれるのが、このスパイダーテーブルで、現存している本物のアンティークです。お値段の方もビンテージなんですが状態のよさからみると安い方かも知れません。古い映画の世界にいるような感覚でコーディネイトできると素敵です。

ジープラン(G-PLAN) フレスコ ガラストップコーヒーテーブル

 
UU34-1-1

イブコフォド・ラーセン(IbKofod-Larsen)というデンマークの工業デザイナーが設計した丸テーブルです。ガラストップごしに下を見ると車輪のようなデザインが素敵です。1960年代当時、北欧家具の進出によって、おしゃれな家具の市場を脅かされていることに危機感を抱いたイギリスのE.GOMME社によって作られたのが、このジープランというブランドです。

アーコール(ercol) コーヒーテーブル

UU17-1

このイギリスのアーコールというメーカーも古いメーカーで、1950年代に生産された本物のアンティークです。木をスチームによって曲げる曲木のウィンザーチェアという製品で有名なメーカーです。写真のラウンドテーブルは、緻密な木工技術によって作られた繊細なデザインが素晴らしいですね。あまり状態の良い製品が少ないアンティークですが、この製品は良さそうです。

アーコール(ercol) バタフライテーブル

AA2-1-1

つづいて、アーコール社製のバタフライテーブルです。バタフライ(蝶)の名前どうりに真ん中から折りたためるので、使わない時は邪魔になりません。1920年に設立されたアーコール社は現在でも運営されているメーカーです。アンティークとよんでいいか分かりませんが、変わる事の無い伝統のデザインは歴史を感じます。マーガレットハウエルで復刻判がでた話も有名ですね。