スマホやタブレットをビジネスシーンで使う際に、ストレスとなるのがタイピング。画面タップでの文字入力ではスムーズにいかず、不満を感じている方も多いかと思います。そこで便利なのが、Bluetooth接続に対応した折りたたみキーボード。とくに外出先では重宝するアイテムです。

そこで今回は、折りたたみキーボードのおすすめモデルをご紹介。選び方のポイントも解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

折りたたみキーボードのメリット

71fnWFDIijL._SL1500_

By: amazon.co.jp

外出先でも手軽に使える

折りたたみキーボードはコンパクトに収納できるため、他のキーボードと違って手軽に持ち運べるのが大きなメリットです。なお、折りたたみキーボードは平らな場所で使用しないとしっかりタイピングができないので、その点は留意しておきましょう。

スマホやタブレットと相性がよい

Bluetooth対応の折りたたみキーボードであれば、スマホやタブレットでも気軽に使えます。また、異なるOSのキー配列に対応した「マルチOS」や、複数のデバイスを瞬時に切り替えができる「マルチペアリング」など、便利な機能を搭載したモデルも多く登場しているので、スマホやタブレットで快適にキーボードを使いたい方は、これらの機能もチェックしてみてください。

耐久性に優れている

持ち運びを大前提に想定した折りたたみキーボードは、他のキーボードと比べて耐久性に優れているのもメリットです。万が一高いところから落としたり、強い圧力が加わったりしても、簡単には壊れない強度を持っています。

なかには防水対応の折りたたみキーボードもあるので、本体が汚れてきたら水拭きや丸洗いしてキーボードを常に清潔に保つことも可能です。

折りたたみキーボードの選び方

By: amazon.co.jp

素材で選ぶ

通常のキーボードはプラスチック製が主流ですが、折りたたみキーボードは持ち運びのためにアルミなどの強固な素材で外枠を強化しているモデルがおすすめ。専用ケース自体の強度ももちろん重要ですが、キーボード本体に用いられている素材も要チェックです。

バッテリー持続時間で選ぶ

折りたたみキーボードは外出先での使用が前提なので、バッテリー持続時間もチェックすべきポイント。1回のフル充電でどれだけ連続して使用可能かを確認してください。

機能性で選ぶ

折りたたみキーボードの中には、複数台の機器とペアリングできるものがあります。このような機能があれば、スマホとタブレットなどで同時に文字入力を行うことができるのでおすすめです。

他にも、タブレットやスマホを立てかけるためのスタンドが付属しているものがあります。キーボードを変形させてスタンドにする方式なら余計な荷物を増やすことなく便利に使用可能です。

折りたたみキーボードのおすすめ

エレコム(ELECOM) ワイヤレスBluetoothキーボード TK-FLP01

価格が3000円台のコスパ良好な折りたたみキーボード。スマホ・タブレットのスタンドとしても使用できる持ち運び用のケースが付属します。

キーの間隔を離した構造を採用しているので、初心者にもタイプしやすいのが特長。キー配列もWindows/AndroidとiOSを切り替えて使用できます。

また、電源スイッチで不使用時の消耗を抑えられることに加え、電波到達距離の長いClass2に対応。使い勝手のよいおすすめモデルです。

マイクロソフト(MicroSoft) ユニバーサル フォルダブル キーボード GU5-00014

価格が1万円台前半のキーボード。マイクロソフトが販売しているキーボードですが、Windows以外にもAndroidとiOSにも対応している汎用性の高いモデルです。

また、同時ペアリングできる端末は2つで、キーボードの左上部のボタンで簡単に切り替えることが可能。打鍵感もしっかりしており、タイピングがスムーズにできます。また防滴仕様なので使い勝手は良好。耐久性の高さもポイントです。

Kkmoon 折りたたみキーボード

英語配列の三つ折り型折りたたみキーボード。薄型ボディでプラスチック製ながら表面加工がしっかり施されているのがポイントです。

また、本製品はタッチパッドが付属しているところも魅力。iPadなどで使用されるマルチタッチジェスチャーにも対応し、使い勝手は良好です。

アイクレバー(iClever) IC-BK06

レザー調の質感が特長の折りたたみキーボード。本体は5.8mmの薄さで、174gと軽量なモデルです。キーボードの折りたたみ部分が360度回転し、折れる危険性が少ないのもポイント。

さらに、開閉によって自動的に電源がオン/オフになる設計なので、電源の切り忘れの心配もありません。レザーカバーも付属し、ビジネスシーンに最適な1台です。

アイクレバー(iClever) IC-BK03

三つ折り型の折りたたみキーボード。折りたたみ時は横幅が145mmというハガキ程度のサイズのため、カバンにも収納しやすいモデルです。

アルミ合金素材を採用しているので、耐久性に優れています。さらに、メーカーの18カ月保証がついているので安心して使える1台です。

キングスター(Kingstar) 折りたたみ式 キーボード

左右ではなく上下に折りたたむキーボード。使用時はスマホやタブレットが置けるスタンドがあるので、スムーズにタイピングすることができます。

開閉による自動電源オン/オフ機能を搭載。また、Fn+Cボタンでペアリングする仕様で、必要のないボタンをそぎ落としています。さらに、本体は高級感のあるアルミ素材を使用することによって、デザイン性と耐久性の両方を兼ね備えています。スタイリッシュな折りたたみキーボードを探している方におすすめの1台です。

JTTオンライン ポータブルキーボード

軽量かつコンパクトな折りたたみキーボード。7.5mmという薄さに重量134gの持ち運びやすいモデルです。折りたたむと、スマホとほぼ同等のサイズになるため、ポケットに入れておくことも可能。付属のiPad&iPhone用スタンドは5段階に角度を調整できるため、最適な環境で作業ができます。

これだけコンパクトながら、キーサイズはフルサイズのキーボードと変わらない1.5×1.5cmと、使い勝手も良好です。

EC Technology Bluetoothキーボード

キーボードの左右にスタンドパーツが付属している折りたたみキーボード。スマホやタブレットとペアリングしたい方におすすめの1台です。

残念ながらiOSには対応していませんが、タッチパッドを搭載しているので、AndroidやWindowsではマウスを持ち歩く必要がありません。30分ほどで自動的に省電力モードに入り、好きなキーを5秒押すだけで復帰できる親切設計も魅力です。

iEGrow Bluetoothキーボード

オフィス使用に最適なデザインの折りたたみキーボード。充電時間は約4時間で、LEDライトで充電状況が一目でわかるモデルです。

キーボードの開閉による自動電源オン/オフ機能を搭載。キーボード使用時のスタンドもしっかりとした作りなので、安心して大型タブレットを乗せられます。

MOBO 折りたたみ型 Bluetoothキーボード AM-KTF83J-GB

日本語配列の三つ折り型キーボード。コンパクトサイズながら、標準のキーボードと同じ逆L字型のエンターキーを備えています。隣のキーとの間のスペースを保ったアイソレーションデザインに加え、タイピング時のたわみを防止の脚がついているため、使い心地も良好です。

付属の専用ケースはスマホやタブレットを立てるスタンドとしても使用可能。Windows・Android・iOSに対応する汎用性の高さもおすすめポイントです。