アウトドアで美味しい料理を味わうのは、まさに至福のひと時。そんな時、絶対に揃えておきたいのがフライパン。炒めるのはもちろん、煮る、焼く、揚げるとさまざまな調理に使えるフライパンは必需品です。

ソロキャンプなら、これひとつ持っていれば、食事はなんとかなります。そんなアウトドアクッキングの最重要ギアであるフライパンには、やはりこだわりたいですよね! そこで今回はアウトドアでおすすめのフライパンを厳選してご紹介します。

アウトドアにおすすめのフライパン

モンベル(mont-bell) アルパインフライパン20

41pb3jybfjl1

商品価格 ¥ 1,781

多くのアルピニストからも信頼されるモンベルの軽くて熱伝導率のいいアルミニウム製フライパン。独自の特殊加工が施されているので、高い耐久性、耐食性を持っています。調理時に熱くなりにくいカバー付きハンドルを装備。

波板状の鍋底はエンボス加工で焦げつきにくいです。重さはわずか240g。アウトドアやキャンプだけでなく、トレッキングにもおすすめです。

ロゴス(LOGOS) FDオーブンフライパン

31pkpigyg8l1

商品価格 ¥ 2,916

ロゴスのアルミニウム製フライパン。重さ270gと軽く、ハンドルは折りたたんで収納できるので、本格登山にも持っていけます。食材をのせたフライパンをそのままオーブンに入れて熱することも可能。

これ1つでキャンプ料理の幅がグッと広がりますよ。

キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG) 3層鋼フライパン 17cm M-8609

4708

By: captainstag.net

商品価格 ¥ 1,745

キャプテンスタッグの3層鋼フライパン。3層鋼とは、熱伝導率の高い軟鉄を耐食性に優れたステンレスではさんだもの。熱がよく伝わり調理しやすい上に強い火力にも耐える強度を誇っているので、キャンプや登山など、アウトドアでの使用にぴったり。

高性能で価格の安いおすすめのフライパンです。

キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG) フォールディングフライパン 16cm M-7892

31vr3wgaaql1

商品価格 ¥ 1,360

キャプテンスタッグからもうひとつ、アウトドア用フライパンをご紹介します。軽くて熱伝導率に優れた調理しやすいアルミニウム製。その上、ハイフロン加工が施されているので、焦げつきにくく、手入れも簡単です。ハンドルは取り外してコンパクトに収納可能。

価格もお手頃。とりあえずアウトドア用フライパンが欲しいという人におすすめです。

エムエスアール(MSR) 折りたたみ式フライパン フレックス スキレット

316wv-t1bbl1

商品価格 ¥ 5,032

MSRのアルミニウム製フライパン。ノンスティック・デュラライト加工が施されており、焦げ付きにくく美味しい料理が手軽に作れます。直径約20cmのサイズで重さ199gという軽さも魅力的。ハンドルを折りたためばコンパクトに収納できます。

お値段以上の価値がある満足度の高いフライパンです。

チヌーク(Chinook) キャニオン ハードアノダイズド フライパン 7.75インチ

31exqait4l1

商品価格 ¥ 2,442

こちらはチヌークのアルミニウム製フライパン。耐食性、耐久性を高めるハードアノダイズド加工をしたアルミを使用しているので、丈夫で長持ち! さらに、鍋内側には焦げつききを防ぐノンスティック加工も施されています。手入れも簡単ですよ!

ハンドルを折りたたんでコンパクトに収納でき、待ち運びにも便利です。

エバニュー(EVERNEW) チタンフライパン16セラミック ECA441

41hzpvwiwll1

商品価格 ¥ 3,227

エバニューの軽量で耐食性に優れたチタニウム製のフライパン。直径16.5cmのサイズで重さはなんと120gの軽さを実現しています。鍋の内側にセラミック樹脂コートを施すことで、耐熱性、耐久性を大幅に向上させているのもうれしいですね。

本格登山やトレッキング、キャンプの心強い相棒になってくれる、おすすめフライパンです。

ユニフレーム(UNIFLAME) 山フライパン17cm 深型

31u4okfkuzl1

商品価格 ¥ 2,900

ユニフレームの定番フライパンがこちら。軽量で熱伝導に優れたアルミニウム製です。フッ素樹脂加工が施されているので、焦げつきにくく、手入れも簡単! 深さがあるので、煮物、汁物にも使えて、料理の幅が広がります。

アウトドア料理をグッと充実させてくれる、おすすめのフライパンです。

ユニフレーム(UNIFLAME) ちびパン2枚 リッド2枚

81w1eprt-el-_sl1500_

商品価格 ¥ 3,600

ユニフレームからもうひとつのヒット商品、直径16.4cmの小型フライパン、その名も「ちびパン」。スチール製なので、頑丈で強い火力でもガンガン使えます。アウトドアへの使用にぴったりですね。

ちぴパンとリッドそれぞれ2個のセット。リッドをかぶせて蒸し焼きにすると、お肉もふっくらと仕上がりますよ。アウトドアはもちろん、家庭でも大活躍してくれるのでおすすめ。

ブッシュクラフト(Bush Craft) たき火フライパン

51wofynt4zl1

商品価格 ¥ 4,536

こちらは強い火が回るたき火にも使えるスチール製フライパン。焚き火での調理に挑戦したい方におすすめです。ハンドルは現地調達した木の枝を差し込み、付属の留めネジで固定して使います。森で手頃な木を見つけて、自分で完成させる楽しさが味わえますね。

毎回、ちょっと違ったハンドルで調理するのが楽しくなる、アウトドアならではのフライパンです。

アウトドア用フライパンの選び方

667682_121

By: uniflame.co.jp

アウトドア用のフライパンに使われる主な素材は、チタニウム、アルミニウム、ステンレス、そしてスチール(鉄)の4種類。それぞれの素材の特性を知って自分のキャンプスタイルにあったものを選んでください。

チタニウム

軽くて強度があり、耐食性にも優れているのがチタニウム。熱伝導率が低いので、取っ手が熱くなりにくく、カップにも使われます。金属臭もありません。その反面、火が当たっている場所だけが高温になり、そこだけ焦げやすくなるので注意が必要です。

アルミニウム

軽くて熱伝導率が高く調理しやすいのがアルミニウム。耐久性が低いのが玉に傷でしたが、最近では特殊加工が施され、耐久性、耐食性などを高めたモデルが増えています。

ステンレス

丈夫で耐食性にも優れているのがステンレス。熱伝導率は低いですが、その分、一度温めたら冷めにくいという特徴もあります。価格も手ごろなものが豊富にそろっています。重さがあり、安定するのも魅力。車移動のファミリーキャンプ向けと言えるでしょう。

スチール(鉄)

最近のダッチオーブンやスキレットの流行で鉄製調理器具が見直されています。フライパンもスチール製なら丈夫で長持ち! 直火でガンガン使えます。ただし、使い終わったら油を馴染ませておくなどの防錆対策が必要です。