AQUAVUSは、安全な飲み水を提供することを目指した、革新的な浄水システムです。超音波技術を活用し、淡水や海水の浄水を行うことが可能です。

世界には安全な飲み水が足りていない

世界には安全な飲み水が足りていない

By: Indiegogo.com

実は、世界的には安全な飲み水が不足しています。安全ではない、汚れた飲み水のため、1時間あたり200人の子どもが命を落としていると言われています(引用元より)。あまり知られていないことなのですが、綺麗な水を必要としている人々はたくさんいるのです。

安全でない飲み水のために命を落とす子どもも。

By: Indiegogo.com

AQUAVUSは、一日あたり150人分の飲み水をつくり出すことができる浄水システムです。超音波技術の世界的な権威と協力し、新しい技術を採用しているのです。現在は、実用化に向けたプロトタイプの試験段階とのこと。世界に安全な飲み水を提供することを目指した、注目のプロジェクトですね。

超音波技術で安全な飲み水をつくり出す

安全な飲み水をつくり出すAQUAVUS

By: Indiegogo.com

AQUAVUSは、これまでの浄水システムとは異なる技術を採用しているようです。まずは、AQUAVUSが浄水を行う仕組みについて見てみましょう。

AQUAVUSが浄水を行う仕組み

By: Indiegogo.com

AQUAVUSが浄水に使用しているのは、超音波。海水などの不純物が混じった水に、強力な超音波を当てるのです。この処理によって、水が10ミクロンほどの大きさに砕かれ、蒸発します。残ったのは、海水に含まれていた塩分や、汚水の原因となっていた不純物。最後に、気体状の水を液体に戻せば、純粋な水が得られるのです。

AQUAVUSはまた、塩分や不純物も再利用します。塩分や不純物をエネルギーに変え、システムに供給するのです。安全な水を必要としている地域では、安定したエネルギー(電力)が得られない可能性が高いでしょう。そのため、システムの運用に必要なエネルギーコストを抑えることは、大きなメリットになりますよね。

災害時での活用も期待されるAQUAVUS

災害での利用も想定

By: Indiegogo.com

AQUAVUSは、災害時での利用も想定しています。ソーラーパネルを利用すれば、電源の使えない状況でも利用できますね。トラックなどの車に乗せれば十分に持ち運ぶことのできるサイズなので、避難場所への設置も可能でしょう。