コスパが高いイヤホンメーカーとして人気のフィリップス。実は大変歴史のある世界的家電メーカーなんです。CD規格策定にも関わった、オーディオ界では巨人と言える存在。

そんなフィリップスの長年のノウハウと高度な技術を注ぎ込んだ結果、手頃な価格で買える高性能の製品が生まれたのです。今回はフィリップスの豊富なラインナップから、特にコスパに優れた高音質イヤホン、ヘッドホンをご紹介します。

フィリップスのおすすめイヤホン4選

フィリップス(Philips) カナル型イヤホン SHE9720

41ecmlfpwtl

商品価格 ¥ 3,262

大ヒットモデルSHE9700シリーズの最新版。ネオジウムマグネットでできた8.6mmドライバーを搭載し、透明感のあるバランスのとれた高音質を出します。

繊細な音質を聴き分ける自慢のエンジニア集団「ゴールデンイヤー」が、開発初期から最終審査まで一貫して関与した製品。

この価格帯ではあり得ないほど原音に忠実な臨場感のあるサウンドを作り出しています。外部からの雑音を大幅に低減する独自デザインもポイント。ハイコスパイヤホンならこれ、というおすすめの商品です。

フィリップス(Philips) ハイレゾ音源対応カナル型イヤホン TX2

41mruuvkall

商品価格 ¥ 5,496

コスパの高いハイレゾ対応イヤホンです。40kHz再生可能なスペックが必要なハイレゾ対応要件。技術とコストの兼ね合いから5千円クラスのイヤホンでの実現は困難でした。しかし、フィリップスはここでもコスパの高さを発揮。

ハイレゾ対応に加え、多くの独自技術により、クラスを超えた高音質機を生み出しました。大型ユニットを使えるインナーイヤー型ながら、密閉性も高い独自機構を採用。他ではありえないスケール感と密度の高い音で人気です。

ノズル断面とイヤーピースを楕円形にすることにより、フィット性を高めたのも独特。周りとは一線を画したハイレゾ対応イヤホンです。

フィリップス(Philips) カナル型イヤホン SHE3805

31zgmxmr59l

商品価格 ¥ 1,200

スマホ用マイク、リモコン装備のコスパの高いイヤホンです。この装備でこの価格は驚異的。口径8.6mmのダイナミック型ユニット構造による、再生周波数帯域10~22000Hzとイヤホン自体の性能も、申し分ないワイドレンジです。

人間工学に基づいてデザインされた、装着性のよい楕円形のサウンドチューブは上位機譲り。軽量、小型のハウジングは女性にも使いやすくておすすめです。4種ものカラーバリエーションも魅力。お子さんへのイヤホンとしてもおすすめできます。

フィリップス(Philips) インナーイヤー型イヤホン SHE3010

3176mxy9kel

商品価格 ¥ 1,280

ハイコスパなインナーイヤー型イヤホンです。インナーイヤー型のメリットは、現在一般的なカナル型に比べて、着け心地がいいのと、音質が開放的なことです。カナル型より遮音性が低いので、呼びかけにも反応しやすいのも見逃せませんね。

インナーイヤー型の製品数が少ないだけに、本機は存在自体価値がある上、大手メーカーとしては大変安いのも、おすすめできるポイントの一つです。

それでいて、ネオジウムマグネットでできた大口径14.8mmドライバーユニットによるワイドレンジな高音質。イヤーピースと本体にラバー素材を採用し、柔らかく心地よい装着感も魅力ですね。カナル型が苦手な方に大いにおすすめ。

ただ、音漏れは他のイヤホンに比べて多いので、人前で大音量で再生するのは避けましょう。

フィリップスのおすすめヘッドホン4選

フィリップス(Philips) 密閉型オンイヤーヘッドホン SHL3065

61tbnwljepl-_sl1313_

商品価格 ¥ 1,100

ハイコスパな密閉型ヘッドホンです。解像度が高く、力強い低音を再生できる32mm径ダイナミック型ユニットを搭載。折り畳み可能なコンパクト機ながらも、スケール感のあるサウンドを堪能できます。

ヘッドバンドのヒンジ部分と、ハウジング表面にクローム調パーツを使用しているのもおしゃれです。さらに、スマホ対応のインラインマイクを搭載。音楽操作に加えて、ハンズフリー通話もできます。この内容と装備でなんと実売900円程度。

ヨーロッパの有名メーカーであることを考慮すれば、まさに価格破壊です。フィリップスのハイコスパぶりをヘッドホンでも実感できる好機種。

フィリップス(Philips) オーバーイヤー密閉型ヘッドホン FX3

41jfrxd9xhl

商品価格 ¥ 1,638

ハイコスパかつハイクオリティーなポータブルヘッドホンです。安価な折り畳み対応の携帯向けヘッドホンは一般的にオンイヤータイプが主流。これはコスト面の制約があるからです。ところが、本機はオーバーイヤータイプ。

よりスケール感のある本格的な高音質が得られる優れた方式なんです。この価格帯で導入できるのはさすがフィリップス。40mm径という大口径のネオジウムドライバーを搭載し、豊かな重低音を中心にワイドレンジサウンドを聴かせます。

快適な装着感のソフトイヤークッションも見逃せません。

フィリップス(Philips) ノイズキャンセリングヘッドホン Fidelio NC1

71sgbf5-7hl-_sl1500_

商品価格 ¥ 13,485

ハイコスパで人気のノイズキャンセリング(NC)機能搭載ヘッドホンです。独自開発のアクティブノイズキャンセリング回路により、最大25dBものノイズ低減を実現。より高額な他社機に匹敵する性能ですね。

40mm径高性能ネオジウムマグネット採用ドライバーは、バランスのよい高音質を聴かせます。コンパクトなオンイヤータイプで、191gと軽量。折り畳みも可能で、ポータブルヘッドホンとしても便利でおすすめです。

フィリップス自慢の高音質「Fidelio」ラインの製品にしてこの機能でこの価格はお得。費用対効果の高いNCヘッドホンを求める方におすすめです。

フィリップス(Philips) 開放型ヘッドホン Fidelio X2

416B0r6M8mL

商品価格 ¥ 27,990

ハイコスパで人気の高級ヘッドホンです。フィリップスの最高級ヘッドホンで、オーバーイヤー開放型。レトロ調のデザインに、メタルフレームと本皮ヘッドバンドなど、個性と品位が目立ちます。

しかし、最大の特徴はやはり高音質。再生の難しいピアノ、バイオリンをはじめとしたクラシック音楽系の生楽器を、極めてリアル、かつ美しく再生します。大型設計によりスケール感とレンジも申し分ありません。ハイレゾ対応の40kHzもクリア。

高額化しがちな高級ヘッドホンにあって、これ以上は要らないと思えるほどのクオリティーは出色。内外の、より高価な機種と同等以上となればハイコスパと言えます。鳴らしやすい30Ωの低インピーダンスも見逃せません。

価格面での見栄よりも本質的な音のよさをこだわる方におすすめしたい逸品です。

フィリップス(Philips)とは

81rmm5pvuxl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

フィリップスは本拠がオランダにある、世界的な総合家電メーカー。日本で言うとパナソニックのような存在です。男性用シェーバーや、ノンフライヤーでお馴染みですよね。創業が1891年という大変な老舗。軍事産業にも関わる巨大多国籍企業です。

そんなフィリップスにはオーディオ部門が古くからあります。それは家電メーカーの一部門以上の存在です。というのも、フィリップスは常に音楽メディアの規格ホルダーとして君臨してきたからです。

実は、コンパクトカセット、CD、SACDはフィリップスが規格を策定したもの。これには驚かされますよね。また、CD時代には業務用CDプレーヤーとDACチップの定番として揺るぎない地位を築きました。

半世紀以上の長年に渡りクラシック音楽レコードレーベル「フィリップス」も運営。クラシック界最大のベストセラー「イ・ムジチの四季」の他、膨大な名盤を送り出してきました。

このようにフィリップスは、オーディオの「音源」「再生機」の両面で世界最高峰の実績とノウハウを持つ、大きな存在なのです。

フィリップスの魅力

ハイコスパ

41m0kmqstml

By: amazon.co.jp

オーディオ製品の主流がポータブルプレーヤーとヘッドホン、イヤホンの組み合わせに移行した2000年代以降、フィリップスは時代に合わせた製品を展開します。それはイヤホンを中心にした製品ラインナップです。

しかも、そのラインナップは、それまでのイメージを一新した、低価格なのに高音質なハイコスパ機志向でした。その象徴なのが世界的大ヒット機SHE9700。これの登場により古くからのオーディオ愛好家は驚きましたが、それまでフィリップスを知らなかった若者にも広くフィリップスの名は広まりました。

高音質

41lbn42ohjl

By: amazon.co.jp

フィリップスのヘッドホン、イヤホンは設定価格を上回る高音質がやはり魅力です。加えて、アコースティック楽器の自然な音色を再現する穏やかな音質傾向もポイント。

フィリップスは社内に音を聴き分けるエキスパート「ゴールデンイヤー」を擁しており、徹底したヒアリングによる調整を行っていることも特徴。フィリップスレーベルでのクラシック音源の蓄積も活かされているようです。

これらは他社にはなかなか真似できない優れた点ですよね。最近はプレミアムブランド「Fidelio」が新展開。ハイレゾ時代に相応しい高級機も揃えています。

低価格機から高級機まで、幅広いラインナップでますます充実するフィリップスのヘッドホン、イヤホンから目が離せません。