世界的なスピーカーの老舗ブランド、ジェイビーエル(JBL)。モノラル期からオーディオ業界を支えてきました。多数の伝統技術と、独自のJBLサウンドで多くの愛好家、プロを魅了。多くの歴史的名機も生み出しました。

そんなJBLはバリバリの現役企業。最近流行の小型スピーカーや、Bluetoothワイヤレススピーカーの市場ではトップクラスの人気です。今回は、匠の腕と先進の精神が合わさったJBLの魅惑のおすすめスピーカーをご紹介します。iPhone、PC用にも大活躍です。

JBLのおすすめスピーカー8選

ジェイビーエル(JBL) バスパワードスピーカー USB DAC内蔵 Pebbles

51Xb73cPzNL

商品価格 ¥ 5,321

カタツムリのような外観が特徴の小型アクティブスピーカーです。独創的な形状は、大きさを超えたスケール感と低音を再生するため。独自の50mm径フルレンジドライバーにより高解像度のサウンドも聴かせてくれます。

DSPとデジタルアンプによる高音質化も見逃せません。PCとのUSB接続によって、音楽データと電源を一度に伝送できるのも便利。さらにアナログ入力端子も備えるので、幅広く利用できます。

この内容でこの価格も見事。発売以来PCスピーカーの大人気機です。今JBLと言ったら、まずおすすめします。

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー CHARGE3

412tOaO4FqL

商品価格 ¥ 17,379

JBLを代表するBluetoothスピーカー人気機。モデルチェンジによる3代目です。チューブ型のデザインがすっかりJBLの顔となっています。JBLブランドとしては初のIPX7対応機。アウトドアや水場で使うためのスピーカーを探している方におすすめ。

213(幅)×88.5(高さ)×87(奥行)mm、重量は800g。このサイズからは信じられない迫力のサウンドも人気の秘密です。50mm径ドライバーを2基搭載し、大出力20Wで駆動する設計の巧みさが、さすがの高音質を生み出しています。

20時間ものバッテリー駆動時間も特筆もの。アナログ入力により普通のアクティブスピーカーとしても使えます。iPhoneとの使用もおすすめ。

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー IPX5防水機能 FLIP3

414iZ0vCC4L

商品価格 ¥ 10,090

IPX5防水対応のポータブルBluetoothスピーカーです。本体サイズは169(幅)×64(高さ)×64(奥行)mm、重量は450g。コンパクト、軽量で持ち運び使用にも向いています。低音の厚みを増強させるパッシブラジエーターを搭載しているので、音質もバッチリです。

「JBLコネクト」機能により、専用アプリを用いることで2台同時使用でのステレオ再生も可能。iPhone/スマホはもちろん、アウトドアでの使用にもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー ポータブル/ワイヤレス対応 GO

51HJ-drdLSL

商品価格 ¥ 3,771

コンパクト、軽量が特徴のBluetooth対応アクティブスピーカーです。本体サイズは83(幅)×68(高さ)×31(奥行)mm、重量は130g。どこにでも持っていけますよ。本体に耐衝撃性の高いシリコン素材を採用しているので、持ち運び用としておすすめ。iPhone/スマホとの組み合わせでもラクラクです。

独自の40mm径フルレンジスピーカーを1基搭載。サイズを超えた広がりと奥行きのあるサウンドを楽しめます。JBLのブランドロゴが目立つ前面グリルも魅力。ポップなカラーリングはおしゃれで現代的です。しかもこの安さ。JBL初心者から、女性へのプレゼントにもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) Bluetooth AirPlay DLNA対応アクティブスピーカー Authentics L16

417027yi9oL

商品価格 ¥ 129,900

大変多機能なBluetooth対応アクティブスピーカーです。AirPlay、DLNA、光デジタル入力、アナログ入力に加え、レコード用のフォノMM/MC入力まで対応。独自の音楽補正技術クラリファイを採用し、MP3といった圧縮された音源をCDレベル以上に変換して再生できます。

本体底面のバスレフポートで低音を豊かに響かせるのもポイント。ウォールナット材キャビネットのピアノ仕上げの美しさも見逃せません。優雅な家具調スピーカーで驚きの高音質を聴かせます。一体型で高品位なオーディオを求める方にも大いにおすすめです。PCとの組み合わせもおすすめ。

ジェイビーエル(JBL) 2wayコンパクトスピーカー Control 1 PRO

51pcUpU2xIL

商品価格 ¥ 17,820

小型パッシブスピーカーの世界的定番機。商業、公共施設で使われるBGM用、あるいは、近接環境でのプロ用モニターとして使われてきたControl 1の最新バージョンです。同様の定番、ボーズの101MMとは異なり、2ウェイ方式によるワイドレンジが特徴。

伸びのある低音と明瞭な高音で鳴らしてくれます。大音量への耐久性の高さと、壁掛け、横置き対応のフレキシビリティも業務用ならでは。一般用としてもPC/デスクトップオーディオにおいて精緻なサウンドが楽しめます。DTMモニター用にもおすすめ。

ジェイビーエル(JBL) モニタースピーカー 4312E

51qzOtBluLL

商品価格 ¥ 167,600

業務用中型モニタースピーカーの世界的定番。1970年代に登場した4310を源流とする4312シリーズは、世界中の放送局、録音現場で使われてきました。30cm口径ウーファーによる3ウェイ構成。白いウーファーも本機、そしてJBLの代名詞です。この見た目だけで買う価値があります。

ややドライで硬質なサウンドで得意の金管やジャズを、脳天に直撃するようなダイレクト感で聴かせてくれます。大型高級機とも異なるまとまり感で、映画、ポップスもバッチリです。味のあるスピーカーとしておすすめ。

ジェイビーエル(JBL) フロアスタンディング・スピーカー S4700 (1台)

img61069718

商品価格 ¥ 466,560

JBLの代名詞「38cmウーファー+コンプレッションドライバー&ホーン」を備えた本格スピーカーです。懐古趣味に陥らず、現代のハイレゾ化に対応すべく、超高域担当ユニットを追加した新設計もおすすめのポイント。38Hz~40KHzの超ワイドレンジをカバーします。

最新スピーカーらしく、音は伝統のJBLサウンドというだけでなく、豊富な情報量と繊細さも持ちます。幅広い音楽ジャンルをこなせるのも魅力。アンプの変化に敏感なので、好みの音を追求する楽しみもあります。

一般的には高価ですが、超高級機まであるJBLの中で、この構成として最安価なのも魅力。いつかはJBLの高級機と思っている方にも大いにおすすめできます。超高性能は、PCでのハイレゾ再生にもおすすめ。

ジェイビーエル(JBL)とは

photo02_

By: jbl.harman-japan.co.jp

ジェイビーエル(JBL)は、ジェームス・B・ランシングにより1946年にアメリカに設立された老舗スピーカーメーカーです。アメリカだけでなく、世界を代表するメーカーとして常に高い評価を得てきました。一般用はもちろん、プロの録音スタジオ、映画館など、幅広い音の現場で使われています。

長らくハーマン・インターナショナルの傘下にありましたが、2016年11月に同社を韓国のサムスン電子が80億ドルもの巨額で買収。そこまでして世界最大級の家電メーカーが手に入れたい技術とブランド力を、JBLが持っている証と言えましょう。

それだけ、JBLには他にはない独自技術と、真似できない高音質のノウハウがあります。揺るぎないスピーカーの巨人、それがJBLなのです。

JBLの特徴

JBLサウンド

photo02

By: jbl.harman-japan.co.jp

JBLの多くのスピーカーの特徴は、全体にドライバーが軽く高効率で、38cmと言った低音用の大型ドライバーを多用することも挙げられます。加えて、他社ではあまり使われないホーン、及びコンプレッションドライバーを採用するのも特徴です。

これらは、アンプ出力が小さくても大音量を出せるメリットがあります。かつては現在のような大出力アンプがなかった事情もあります。しかし、アンプ出力に困らない現在でも同様の設計を続けています。

というのも、この構成からしか得られないサウンドがあるからです。面で押し寄せるような低音の迫力、空間を濃密に満たす実在感のある中域、目の覚めるような鮮やかな高域。これらの総合によって醸し出される「JBLサウンド」のためです。

JBLサウンドは日本の多くのオーディオ、音楽愛好家を虜にしてきました。特に、金管楽器とジャズ全般の再現性ではトップと断言可能。プロ用としても目の前で演奏されているようなリアリティーで揺るぎない位置を占めています。

製品ラインナップ

6bad37c3-264a-4f70-9678-4665487129e4.jpg._CB317524356_

By: amazon.co.jp

そんなJBLのラインナップは数千円で買えるアクティブスピーカーから1000万円超の超高級機まで大変に多彩です。そのいずれもが、JBLならではの技術と音質チューニング力によって、JBLサウンドを実現しています。

JBLの代名詞というと、38cmウーファーと、ホーン、コンプレッションドライバーを装備した青い前面デザインの大型スピーカー。もちろん、それもありますが、近年ではPC/デスクトップ、ポータブルオーディオにも対応する、小型アクティブスピーカーを多数展開しています。

iPhone/スマホとの使用にも向いているのも見逃せません。かつてのJBLでは考えられなかったものですが、時代に合わせた柔軟な姿勢がわかります。しかも、いずれも大人気。今では小型スピーカー市場はJBLが席捲しています。

この分野の先駆者である、ボーズ、ソニーの牙城を崩し、もはや主流を成しています。