革靴といえば英国靴が有名。しかし、高価なものが多いのが現実です。だからといって、安価な合皮(合成皮革)の靴、餃子靴(Uチップのギャザー入りスリッポン)やとんがりシューズを身につけてしまっていませんか?

今回、おすすめしたいのは日本の革靴ブランド、スコッチグレインとリーガルです。同価格帯で質実剛健、そしてコストパフォーマンスの高いブランド。両者の特徴をふまえて、スタンダードな形の革靴を比較していきます。

靴の製法

img_01

By: scotchgrain.co.jp

靴の製法はたくさんありますが、代表的な2つの製法をご紹介します。1つ目は、多くの靴で採用されている製法はセメンテッド製法と呼ばれる製法。アッパー(甲革)部分にソール(靴底)を接着剤で貼り合わせるため、工程が少なく大量生産に向いた製法です。

安価な靴や、デザイン重視のファッションブランドなどで採用されています。軽くて曲がりやすいですが、修理に向かないです。修理をしないで履き捨てる靴と言えるでしょう。

これに対し、グッドイヤーウェルト製法というのは、ソールを接着剤でくっつけるのではなく縫い付ける製法です。履き始めは重く硬い印象を与えますが、履いていくうちに足に馴染んできます。また、直接ソールをアッパー部分に縫い付けるのではなく、中間材があるため履いていても直接靴が痛むことがなく、オールソール(靴底交換)などの修理も可能です。

いいものを長く楽しむにはもってこいの製法です。修理しながら長く履くことができますね。他にも、マッケイ製法やステッチダウン製法などありますが、この2つを押さえておけば、大抵の靴選びには困りません。

スコッチグレインの特徴

1964年に東京都台東区でヒロカワ製靴として創業され、1978年に自社ブランドとしてスコッチグレインを製造販売を開始しました。翌年に墨田区へ移転し、創業当時から日本人に馴染むラスト(木型)とグッドイヤーウェルト製法を大切にしてきたブランドです。

大きな特徴は、全ての靴にグッドイヤーウェルト製法を採用しているところです。工程が多く、手間がかかり、高級製靴ブランドしか取り入れていない製法を使うことにこだわっています。

スコッチグレインの代表作:インペリアルプレステージ95 8BL(EEE)

958bl_01

By: scotchgrain-shop.com

非常にスタンダードな逸品です。革靴をまだ買ったことがないという方には特におすすめ。つま先部分に真っ直ぐな切り替えの飾りがされている「ストレートチップ」は、ビジネスシーンやフォーマルシーンで取り入れることが可能なタイプです。

モデル名の後ろにあるEEEというのは、ラストのワイズ(幅)を表していて、Eが多くなるほど幅広のモデルになります。スコッチグレインの場合、グッドイヤーウェルト製法のみですが、製法独特のゴツゴツ感はなく滑らかな印象の靴が多いです。

リーガルの特徴

1902年、東京都中央区に日本製靴株式会社が設立。翌年、足立区に移転して軍靴の生産していました。第二次世界大戦が終わり、一般向けの靴、主にグッドイヤーウェルト製法の紳士靴を生産、販売。現在のリーガルへと繋がっています。創業当時以来、足元から美と健康を提供することを目指したブランドです。

グッドイヤーウェルト製法によるクラシックな紳士靴やゴアテックスなどの防水生地を使ったビジネスシューズ、レディースシューズやカジュアルシューズなど幅広く製造・販売しています。

リーガルの代表作:革底ウイングチップ 2389NA(EE)

2389NA___B___001

By: shoes-street.jp

リーガルの定番のウイングチップです。ウイングチップは、ブローグ(飾り)が施され、つま先部分が翼(ウイング)のようになっているため、ウイングチップと呼ばれています。フルブローグとも呼ぶこともあります。

こちらのタイプは、リーガル独特の無骨さがあり、履きこむうちに馴染んできてはき心地が良くなるため、リピーターが多いモデル。20年履いていたり、同じモデルを新調したりされる方が多いです。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
ストレートチップの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) プレステージ 革底ストレートチップ OPS5400(EEE)

sg5400-03

商品価格 ¥ 24,000

こちらはスコッチグレインのストレートチップです。つま先が完全なスクエアやラウンドではなく、スタンダードな曲線になっています。また、幅広のEEEでありながらスタイリッシュな印象を与えるモデルです。

高級ラインの商品ですが、別注品のため踵部分に低反発のクッションが仕込まれています。靴底は革で、つま先部分と踵部分にゴムが施され、歩きやすさも兼ね備えています。

リーガル(REGAL) ストレートチップ 01DRCD (EE)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

商品価格 ¥ 34,992

今度は、同じストレートチップタイプのリーガルの商品。同じくグッドイヤーウェルト製法で作られたモデルで、シャープな印象のストレートチップです。靴底の周りが丸みを帯びて削られている「ヤハズコバ」が特徴。

また、踵がしっかり固定されるように、踝のところの内側と外側の高さを変える工夫が施されています。革はフランスのアノネイ社の高級カーフが使用されており、高級感が感じられますね。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
プレーントゥの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) プレーントゥ(EEEE)

310LLxPmKmL

商品価格 ¥ 31,320

スコッチグレインのプレーントゥです。プレーントゥは、つま先(トゥ)部分に飾りが施されていない、真っ新(プレーン)なデザインで、靴の基本形となるデザインです。構造が単純なので、つま先の形やシューホールの位置などでその靴の良し悪しが分かれます。

こちらは、つま先がセミスクエアでEEEEの幅広で、靴底に3点の滑り止めのレザーが施されています。

リーガル(REGAL) プレーントゥ 2304NA(EE)

rsn-2304na_1

商品価格 ¥ 30,132

こちらはリーガルのプレーントゥです。2504NAという同じくプレーントゥのモデルの合成皮革底を本革底に変えたモデルです。2504NAというモデルは、ビジネスシューズの大定番とされています。そのモデルの本格仕様版の2304NAです。

履き始めはリーガル特有の硬さがありますが、長く履くことによって馴染んできます。また中間材であるシャンク(芯地)をたっぷり取っているので、長時間歩いても疲れないようになっています。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
Uチップの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) オデッサ Uチップ(E)

img55300319

商品価格 ¥ 42,120

U字型のチップをつま先の切り替えに施したデザインがUチップ。切り替えがモカシンの一種であるため、「モカ」とも呼ばれています。Uチップは、ビジネスでもカジュアルでも幅広く取り入れることができるデザインです。特に、ジーンズとの相性のいい短靴と言えます。

こちらのスコッチグレインのUチップはワイズがEで細身のモデルです。ロングノーズになっています。ちなみに、スコッチグレインは購入時にプラスチック製のシューキーパーが無料で付いてくるのが特徴です。そういった意味でもお買い得感があります。靴底はストレートチップのタイプと同じ革底でつま先と踵部分にゴムが施されています。

リーガル(REGAL) Uチップ ゴアテックス 防水 706RBH(EE)

rn-706rbh_1

商品価格 ¥ 31,104

こちらはリーガルのUチップ。ゴアテックス仕様の革靴です。また、ゴアテックスであると同時に、靴底がゴム底になっているので雨でも履けます。しかしながら、アッパー部分の革がゴアテックスとわからないような質感になっています。グッドイヤーウェルト製法で作られ、オールソールも可能なので、外回りのビジネスマンにはぴったりのモデルですね。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
ウイングチップの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) フルブローグ(EEE)

41sQiiMTWBL

商品価格 ¥ 31,320

スコッチグレインのウイングチップです。ブローグが施されていますが、非常に柔らかく滑らかな印象のある商品です。ブローグの穴の開け方を小さくすることで、繊細でシャープにさせています。クラシックな装いにぴったりな商品ですね。ワイズはEEEで、ゆったり履くことのできるモデルです。

リーガル(REGAL) ウィングチップ 2589N(EE)

41JurMV5cBL

商品価格 ¥ 23,400

リーガルのウイングチップです。リーガル特有の無骨さが前面に出ています。先ほど代表作として紹介した2389NAのゴム底モデル。2389NAよりも値段が抑えられているので、初めて買う方や学生にもおすすめです。鏡面仕上げの革なので、光沢があり上品でおしゃれです。スーツスタイルにはもちろん、アメトラやアイビーテイストのクラシックなカジュアルスタイルに合わせやすいです。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
モンクストラップの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) ダブルモンクストラップ OP0690

41woXcmJlCL

商品価格 ¥ 32,000

モンクストラップは、かつて修道僧(モンク)が身につけていたストラップ式の靴がルーツで、大きく2つに分類されます。ストラップが1つのシングルモンクと、ストラップが2つのダブルモンクです。最近、ダブルモンクが流行ってきているので、スタンダードなザインではありますが、それぞれ紹介していきます。

こちらはスコッチグレインのダブルモンクです。ストレートチップになっています。また、靴底は革で、つま先部分と踵部分にゴムが付いています。スリップオンなので若干のカジュアル感は出ますが、スタイリッシュなスーツスタイルにぴったりのモデルです。もちろんカジュアルなジーンズスタイルにも合わせられます。

リーガル(REGAL) ダブルモンク

41kfWsqN2DL

商品価格 ¥ 28,080

こちらは、リーガルのダブルモンクです。靴底はゴム底になっていて、歩きやすくなっています。また、グッドイヤーウェルト製法なので、オールソールが可能。ダブルのスーツや3ピースのスーツにも合わせやすいですし、スリムなパンツにも合わせることで、スタイリッシュに見せられます。

モンクストラップは、紐靴ではないので、着脱がカンタン。そのため、靴を脱ぐ機会が多い方にもぴったりです。保育園のお迎えなど脱ぎ着をする機会があるビジネスマンにおすすめです。