登山などアウトドで使うリュックの定番ブランド「グレゴリー」。近年では、通勤や通学用など日常使いのリュックとして人気があります。

そこで今回は、リュックの王道ブランドとして名高いグレゴリーの中でもメンズにおすすめの人気モデルをご紹介します。人気のモデルはもちろん、ビジネスシーンで使用できるモデルや、機能的に優れた防水仕様のモデルもピックアップ。また、コーデもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

グレゴリーについて

gregory4

By: gregory.jp

「グレゴリー」はアメリカ発のアウトドアや登山用のリュック(バックパック)を製造販売する会社で、1977年にウェイン・グレゴリーがサンディエゴに立ち上げた、グレゴリー・マウンテン・プロダクツ社のことを指します。

性別を問わないデザインで日本での人気も高く、機能的にも優れているのが特長。そのため、“デイパック界のロールスロイス”とも呼ばれています。

グレゴリーのリュックの種類

daypack_00

By: gregory.jp

グレゴリーのリュックには、大きく2つの分類があります。アウトドアラインとカジュアルラインです。アウトドアのリュックは本格的な登山用で、カジュアルに分類されるリュックは、日常使いから軽いアウトドアまで幅広く使えるのが特長。デザインも機能も多岐にわたって展開されています。

グレゴリーのリュック人気おすすめモデル

グレゴリー バックパック デイパック

グレゴリーを代表するスタンダードなモデルであるデイパックのリュック。モノの出し入れにラクな斜めのフロント・ポケットが特長です。ファスナーの数はフロントに1個、内側に2個。リュック全体は下に向かって幅が広がるディアドロップ型になっており、収納性の高さもポイントです。

グレゴリー(GREGORY) オールデイ(All Day) スペクトラ

ウエストベルトとチェストストラップが付いた安定感の高いリュック。フロント部分には小物を収納できるスペースがあり、リュックを背負った際に荷物を取出しやすいのも魅力です。本体内側には、スリーブポケットとメッシュポケットを搭載。PCの収納や荷物の整頓にも便利です。

また、ショルダーストラップにはクッション性の高いEVAが入っているため、重量のある荷物を背負う際の負担をサポート。外側にある4本のストラップは荷物の容量によって調整することが可能です。

グレゴリー バックパック オーバーヘッドデイ(OVERHEAD DAY)

書類やパソコンなどを入れるのにおすすめの長方形のリュック。リュックの内側にはパソコン用のスリーブが搭載されています。フロントポケットが大きめなのも魅力。名刺入れやカードケース、小銭入れなどを収納するのに便利です。カラーは11種類。ビジネスでもプライベートでも活用できるおすすめのリュックです。

グレゴリー(GREGORY) カバートミッションデイ

着脱できるマルチケースが付いた、ビジネス向けのリュック。「ビジネスバッグに見えないビジネスバッグ」がコンセプトで、外出先で活躍するPCスリーブや複数のポケットが付いている上に、見た目のカジュアルさが魅力。ポケットの数は全部で8個と小物の収納や整理に便利なリュックです。

グレゴリー(GREGORY) バックパック スケッチ22

洗練された都会的なデザインが特徴的なリュック。ノートPCとメインの荷物を入れる収納スペースが別になっており、PCを傷や破損などがから守れるところが魅力です。

フロント部分の両サイドには、出し入れの頻度が多い小物を入れるのに便利なファスナー付きのポケットを2つ搭載。背中とのフィット感が高い少し湾曲した背面のデザインは、背負った際の体への負担を軽減してくるので、使い勝手良好のおすすめリュックです。

グレゴリー(GREGORY) マルチデイ(MULTI DAY)

トートバックとしても使える汎用性の高さが特長のリュック。トップが巾着タイプになっており、収納容量に柔軟なところが魅力です。両サイドには、ペットボトル収納スペースがあり、内側にはPCや雑誌を収納するスリーブを搭載しています。

アイスアックストレッキングポールを装着できるストラップが付いているのもポイント。幅広い用途に使え、デザイン性も高いグレゴリーおすすめのリュックです。

グレゴリー(GREGORY) バックパック エブリデイ

ファスナー・ポケットの数が多く、荷物の取出しに便利なリュック。メインの収納スペースやコンパクトなポケットの他に、PCなどを入れるのに便利な第2収納スペースを搭載。通勤や通学におすすめのリュックです。

グレゴリー(GREGORY) バックパック アセンドデイ

カジュアルなデザインが多いグレゴリーのなかでも、比較的シンプルなリュック。サイドにはスマホなどを入れるのに便利なジッパー付きのポケットを搭載しているほか、PC&タブレットスリーブも採用されています。スタイリッシュなデザインと機能性の高さから、あらゆるシーンで使える汎用性の高いおすすめリュックです。

グレゴリー(GREGORY) デイアンドハーフ

ビジネスシーンからアウトドアまで幅広い場面で活躍するリュック。サイズは縦が約50×43×19.5cmと大容量で、両サイドには荷物の容量によってリュックの大きさを調整するアジャスターベルトを搭載しています。

メインの素材は頑丈なナイロンのため、多少の荷物の詰め込みにも対応。また、ショルダーストラップもクッション性が高く、太く仕上げられているのもポイントで、肩への負担も軽減してくれます。

グレゴリー(GREGORY) バックパック イージーデイ(EASY DAY)

ベーシックなデザインが人気のリュック。フロントポケットはパスポートや財布などが収納可能で、内側にはパソコンなどを入れるのに便利なスリーブポケットが搭載されています。

シンプルなデザインと25Lの容量で日常使いに便利。カラーナインナップが豊富に取り揃っているのもポイントです。

グレゴリー(GREGORY) バックパック 公式 エニーデイ

トレイル用の機能が盛り込まれたアウトドアにおすすめのリュック。両サイドには伸縮性のウォーターボトル用ポケットが採用されています。

アイスアックスとトレッキングボール装着用のストラップも搭載。また、PCや書類を入れるのにも便利な収納スペースもあるため、ビジネスシーンでも活躍するおすすめのリュックです。

グレゴリー(GREGORY) 3WAY 公式 カバートエクステンデッドミッション(COVERT EXT.MISSION)

リュック・トート・ショルダーと3種類の使い方ができる3wayタイプのリュック。使い勝手がよく、使うシーンや行く場所によって使い分けられるのが魅力です。

フロントポケットやフロントポケットが大きいので、収納力の高さもポイント。なお、フロントポケットの内側には、携帯電話用のスリーブが搭載されています。出張や外回りの仕事が多い方におすすめのリュックです。

グレゴリー(GREGORY) バックパック 公式 サミットデイ(SUMMIT DAY) コットンウッドカモ

縦長のスクエアシルエットが特徴的で、ハイキングや自転車に乗る際におすすめのリュック。トップはベルトひとつで開閉できるので、モノを取り出すのに便利なところが魅力です。

また、パッド付きのスリーブも付いており、13インチまでのノートパソコンの収納が可能。デザインや構造はシンプルですが、サイズが51x27x19cmと大きめの容量がポイントのおすすめリュックです。

ビームスプラス(BEAMS PLUS) GREGORY×BEAMS PLUS / 別注 DAY PACK

人気セレクトショップ「BEAMS PLUS」とコラボしたリュック。グレゴリーの旧ロゴが本体中央部に採用しているのがポイントです、

シンプルで都会的な雰囲気を持っていることから幅広いコーディネートに合わせやすいのも魅力。ビームスプラスのファッショナブルな要素とグレゴリーのアウトドアな部分が上手く組み合わされたおすすめのリュックです。

グレゴリー(GREGORY) クロスオーバーダッフル

リュックとしてはもちろん、フロントの持ち手を持つとボストンバッグとしても使えるリュックです。容量は40Lと大きいため、ちょっとした旅行などで使うのにも向いています。

サイドにはファスナーポケットがついているので、定期や携帯電話などを頻繁に使うモノを入れるのに便利。アウトドアや旅行などで活躍するおすすめのリュックです。

グレゴリー(GREGORY) バックパック 公式 Jーストリート

スタイリッシュできれいなスクエアシルエットが魅力的なリュック。背面へのフィット感が高く快適な背負い心地もポイントです。

メインポケットは、左右どちらからでも開閉できるダブルファスナーで大きく開くため、荷物の出し入れに便利。内側にはPC用のスリーブが搭載されており、ノートパソコンやタブレットなどのガジェットを持ち運ぶこともできます。

グレゴリーのリュックコーデ

シンプルなパーカとリュックのコーデ

20150831112829702_500

By: zozo.jp

ブラックのキャップにダークネイビーのプルオーバーのスウェットパーカを、ボトムスにはスリムな黒スキニーを合わせています。

シューズは、白ソールのブラックスニーカーを履き、パーカに印字されている白い文字と白いソールが暗めのトーンのコーデの差し色になって、引き締まって見えるのが魅力。黒縁メガネとリュックで、ギークっぽい雰囲気を出しつつも、シンプルにまとめたおしゃれコーデです。

モノトーンなコーチジャケットとリュックのコーデ

20160905110434836_500

By: zozo.jp

ブラックのニットキャップに、トップスとしてインナーに黒のTシャツ。アウターにはダークグレーのナイロンコートジャケットを合わせています。

ボトムスはスリムなテーパードが施されたジョガータイプの黒パンツ。足元には白靴下とバンズの黒のスリッポンを履いています。キャップの白いパッチと足元の白靴下と白いソールが、うまくダークトーンのコーデを引き立たせています。

アースカラーを取り入れたストリートスタイルのリュックコーデ

20160816144855278_500

By: zozo.jp

ブラウンのライダースブルゾンに、カーキ色のグレゴリーを合わせたコーデです。キャップとパンツとスニーカーが黒で、インナーのTシャツはライトグレーをチョイス。トップスに落ち着いたアースカラーがあるので、それ以外の部分は控えめなモノトーンでまとめています。なお、シルエットはタイトにまとめた方が、きれい目な雰囲気にまとまるので意識しましょう。

モノトーンなハイネックを取り入れたリュックコーデ

20160907135323892_500

By: zozo.jp

白と黒でまとめたコーデです。キャップは黒に白字で印字のあるものを選び、黒いサングラスをチョイス。トップスにはハイネックの少し大きめのTシャツを持ってきています。インナーの白いTシャツが裾から出ているところがポイント。ボトムスはスリムな黒パンツを履いていて、足元はコンバースの黒いスニーカーです。

トップスは比較的ゆったり目のサイズ感。ボトムスがスリムなシルエットなので、トップスにルーズ感を出すことでバランスを整えています。モノトーンなコーデに、ストリート感を出したい時は黒いグレゴリーのリュックを合わせるのがおすすめです。

イエローなストリートスタイルのリュックコーデ

20160729135738718_500

By: zozo.jp

イエローのステンカラーコートが目を引くコーデ。コート以外の部分は落ち着いた色合いで合わせています。白いTシャツをインナーに持ってきて、ボトムスにはスリムなデニム。スニーカーはバンズの黒、リュックはグレゴリーの黒でまとまっています。

グレゴリーはストリートスタイルを作り出すのに適したアイテムでもあるので、リラックス感を出しつつも、きれい目なスタイルと合わせるのもおすすめです。