キッチン用品の中でも、料理をする際に欠かせない「まな板」。なんてことはないただの板のように思えますが、木製やプラスチックなど素材の違いもあれば、長方形や正方形など形の違うモノもあります。そこで今回は、素材や形など、さまざまなタイプのまな板をご紹介します。

まな板の素材

木製

By: rakuten.co.jp

木製のまな板は”食材が滑りにくい”点と、”水はけがよい”点が大きな特長。木の香りや食材を切るときの音がよいところも人気があります。よく料理をする方は刃当たりのよさもポイントです。木製のまな板は弾力があるので刃こぼれしにくく、包丁が長持ちします。

また、木の種類によってもそれぞれ違いがあります。たとえば「イチョウ」はまな板の素材としては最適と言われており、適度な柔らさや弾力があることや水はけがよい点などが魅力。「ヒノキ」は木目が美しいところや、香りが高い部分が人気です。「ヒバ」は抗菌作用の高さがメリット。衛生面での手間があまりかからない木製のまな板として人気があります。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

プラスチック製のまな板は、熱湯消毒や食器洗い乾燥機に対応できるモノが多く、お手入れが簡単です。リーズナブルな製品が多いのも人気の理由。柔らかく薄い素材を使ったタイプもあるので、アウトドアに持っていく際にもおすすめです。

まな板の選び方

素材

By: amazon.co.jp

食材が滑りにくい点や、包丁に優しい点を考えると木製がおすすめです。日常的に料理をする方はもちろん、これから料理を本格的に勉強する方は木製のまな板を検討してみてください。ただし、お手入れに少し手間がかかるのが玉にキズなので考慮しておきましょう。

一方、「手間をかけたくない」という方はプラスチック製のまな板がおすすめです。熱湯消毒ができたり、漂白剤が使えたりするなど、多くのメリットがあります。

サイズ

まな板を購入する際は、キッチンスペースの広さを確認しておきましょう。料理をする時にまな板が大き過ぎると、ストレスを感じてしますことがあります。とはいえ、小さすぎると食材を切るスペースが限られるので注意が必要。普段使いのまな板を買うのであれば、「大・中・小」のうち、中サイズのまな板がおすすめです。

デザイン

By: rakuten.co.jp

長方形や正方形、丸型のモノなど、さまざまなデザインがあります。まな板は調理器具の中で使用頻度が高いので形状はもちろん、色や性能にもこだわりたいところです。キッチンインテリアに合うかどうかもイメージしながら、まな板を選びましょう。

人気まな板のおすすめ21選

ウッドペッカー(woodpecker) いちょうのまな板

国産のイチョウを使ったまな板です。イチョウは適度に柔らかさと弾力があり、包丁を傷めないことから、まな板に最適な素材と言われています。また、重量も軽めなので、洗い物や収納するときにも便利。キッチンをおしゃれに彩ってくれる、おすすめのまな板です。

まな板 いちょう

オリジナルブランド「森のくまさん」の焼き印が特徴的なイチョウのまな板。サイズは横25×縦15×厚さ2.3cmです。キッチンでの利用はもちろん、テーブルの上でフルーツをカットするときなどにピッタリの大きさ。無垢材を使っているので、オーガニック系の製品が好きな方におすすめです。

ウッドペッカー(woodpecker) いちょうの木のまな板 真四角

大きさ約25cm四方のまな板です。やや小ぶりですが、ワンルームなどキッチンスペースが限られているお部屋にピッタリ。素材には国産のイチョウの木が使用されています。無塗装なので、安心して使えるのもポイントです。

イチョウの木には適度な弾力があるため、手にかかる負担が少ないだけでなく、包丁の刃を傷めにくいという特長があります。頻繁に料理をする方におすすめのまな板です。

ウッドペッカー(woodpecker) いちょうの木のまな板 まんまる


「キッチンが狭くてまな板を置く場所がない」という声をもとに、開発されたまな板です。大きさは直径約25cm。まな板を使い終わった後は、お皿と一緒に水切りカゴに入れられます。

素材には国産のイチョウを採用。もちろん無塗装なので安心して使えます。丸いフォルムがキッチンのインテリアとしても活躍してくれそうなおすすめのまな板です。

自立スタンド付き 桧のまな板 32×22

右上にあるワンポイントマークがおしゃれなまな板です。サイズは縦22×横32cm、重量は約550g。自立スタンドが付いているのが特長で、乾燥はもちろん、収納する際にも便利です。

素材にはヒノキを採用。雑菌に強く、耐久性が高いというメリットがあります。反り防止加工が施されているので、末長く使えるまな板を探している方におすすめです。

料理が上手になる まな板 「otoita おといた 」

食材を切るとき軽快かつ小気味よい音がする「おといた」のまな板。サイズは縦24×横34cmで、厚さは3cmです。食材を切る際にかかる重心のことも考えられているなど、使いやすさを追求しているモデルです。歯切れがよく包丁を傷めない点や、まな板の表裏を使い分けられるところもおすすめポイントです。

素材にはヒノキを採用。完全無垢の一枚板のため、古くなったら削り直しをすることで再び使えるようになるのが魅力。いつまでも使えるまな板を探している方におすすめです。

東濃桧の丸型まな板 大

ヒノキの中でもトップクラスのブランド「東曽桧」を採用したまな板です。最高級ブランドの木曽桧に次ぐ銘木として知られています。使い勝手のよい丸型で、スタンド式になっているのが特長。サイズは直径36cm。厚みは2.5cmと、収納も便利なまな板です。

浮かせて使える桧まな板 大

両端に丸棒の脚が付いたヒノキのまな板です。表面が調理台と接触しないため、清潔に使うことができます。両脇に丸棒があるので食材が転がりにくいところも魅力です。裏と表の両方を使いたいときに、洗わずにすぐに使える点や、使い終わったら縦置きで収納できるところも便利。サイズは縦20×横39cmです。

食器洗い乾燥機対応 ひのきまな板

木目が美しいヒノキ製まな板です。木製では珍しく、食器洗い乾燥機に対応しています。軽量タイプなので手洗いも容易。サイズは、縦20×横36×厚さ1.3cm。収納に便利なスタンド付き。スペースが限られているキッチンでも使用できる、おすすめ製品です。

青森ひばまな板 30×16×2cm

日本三大美林に数えられる青森ヒバを採用したまな板です。抗菌・防虫・消臭脱臭効果に優れた素材のため、衛生面が気になる方におすすめ。また、青森ヒバはほかの木材と比べて、高い耐腐性を誇ります。黒ずみが発生しにくいので、長く使えるのもポイント。サイズは縦15×横30×厚さ2cmです。

青森ひば丸型まな板 大

耐腐性や耐久性に優れた、青森ヒバの丸型まな板です。黒ずみが発生しにくく、お手入れも簡単。奥行の広い丸型のため、食材が切りやすいのがポイントです。スタンド式なので収納性にも優れています。サイズは直径36×厚さ2.5cm、重さは約1150gです。

青森ヒバ まな板

青森ヒバを使用した30cm四方の正方形タイプのまな板。長方形のモノと比べて軽く感じるため、木製のまな板を初めて使う方にもおすすめです。また、継ぎ板を使用することで、反りにくい仕様となっています。ヒバは消臭効果が高いのもポイントです。

朴の木まな板 一枚板 大 取っ手付


縦22.5×横45cmの大型サイズのまな板です。素材には、プロの料理人にも好まれている「ホオノキ」を採用。豊かな弾力性によって、包丁の力を優しく受け止めてくれます。手への負担が軽くなるのはもちろん、包丁も長持ちするなど、たくさんのメリットがあります。取っ手が付いているので乾燥時や収納時にも便利なアイテムです。

丸型まな板

人気料理家の栗原はるみさんがプロデュースしたまな板です。素材にはプラスチックを使用しています。裏表の色が紺と白に分かれているため、食材の切り分けに便利。肉と野菜を分けるのはもちろん、ほうれん草のように色移りしやすい食材を切る際は紺の面を使うなど、1枚で複数の食材を切れるので便利です。また、穴が開いているので、S字フックなどで壁にかけることも可能。デザイン性ち実用性を兼ね備えたまな板です。

トンボ抗菌まな板

大腸菌や黄色ブドウ状球菌の減少率が99%以上という高い抗菌性を謳う日本製のまな板。、ポリエチレンを使用した縦28×横48cmの大型サイズなので、効率よく食材をカットしたい方におすすめです。

パール金属 抗菌 まな板 食洗機対応 HB-1534

調理器具やキッチン用品の有名ブランド「パール金属」のまな板。ポリエチレン製で、熱湯消毒や塩素漂白にも対応しています。手軽にお手入れができるので衛生面も安心です。家庭用の食洗機も使用できるのもポイント。サイズは縦22×横37×厚さ1.3cmです。

京セラ カラーまな板 CC-99

厚さが0.2cmという薄型タイプのまな板です。板を少し丸めることができるので、切った食材を鍋などに入れる際に便利です。食材を均等に切ることができように、目盛りが付いているのもポイント。耐熱温度は100℃のため、熱湯消毒もできます。サイズは、縦21×横30cm。持ち運びに便利なので、キャンプなどのアウトドアシーンにもおすすめです。

Joseph Joseph インデックスまな板100 950014

高級感のあるステンレスケースの中に4枚のまな板が入っています。それぞれのまな板にインデックスが付いているのが特長。「肉」「魚」「野菜」「調理済み食材」など、食材によってまな板を分けることで、ニオイの移りや菌の繁殖を防ぐことができます。また、食洗器にも対応できるので、お手入れも簡単です。

ベストコ ネオフラム 抗菌カッティングボード ND-1774

抗菌加工が施されたプラスチック製のまな板です。裏表が使えるリバーシブル仕様で、溝が付いている面を使えば、キッチン周りに肉汁や果汁が漏れるのを防ぐことができます。滑り止めが付いた安全設計も魅力。サイズは縦25.4×横37×厚さ1cmです。

パール金属 日本製 抗菌 まな板 大 黒 備長炭入り 食洗機対応 C-350

抗菌性に優れた備長炭入りのまな板です。カラーは、食材が見えやすいブラック。1cm刻みの目盛りが付いているので、食材を均等に切りたいときに便利です。耐熱温度は130度のため、熱湯消毒もできます。食器洗い乾燥機が使えるのもポイントです。

プル・ミエ (Pre-mier) SMART カッティングボード

気軽に使えるミニタイプのまな板。肉汁や果汁などを受け止める「溝」、みじん切りにした細かい食材を受け止める「フードストッパー」、角にはショウガやニンニクなどをおろせる「薬味おろし」など、便利な機能を有しています。フック穴も付いているので壁かけ収納できるのもポイント。肉や魚などを切る用として使い分けるのはもちろん、サブまな板として用意しておくのもおすすめです。

まな板の洗い方

木製の場合

木製のまな板はタワシで洗うのが基本です。水で濡らしながら、まな板の木目に沿ってゴシゴシ洗いましょう。それでも汚れや不快なニオイが残っている場合は、洗剤を使ってください。洗い終わったら熱湯で消毒してから、風通しのよい日陰でしっかり乾燥させます。

ただし、まな板を水で洗う前にいきなり熱湯をかけるのはNGです。たんぱく質が固まり、汚れが落ちにくくなってしまいます。また、お湯の温度が高すぎると木が反ってしまうことがあるので、注意しましょう。

プラスチックの場合

プラスチックの場合は、基本的には食器などと同じく、食器用の洗剤とスポンジで洗います。プラスチックのまな板は漂白剤に対応したものが多いので、多少カビが生えてしまっても簡単に除去できます。ただし、熱湯消毒をする際は注意が必要。まな板によって耐熱温度が異なるので、そのまま沸騰したお湯をかけると曲がってしまうことがあります。どの程度の温度まで耐えられるのかは、念のためチェックしておきましょう。